スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光母子殺害 広島高裁 元少年に死刑

2008-04-23 Wed : 裁判
光母子殺害事件で広島高裁が元少年に死刑を言い渡した。

無抵抗な母親と赤ん坊を悪魔の仕業としか思えない残忍な方法で白昼堂々と自ら進んで行ったことを思えば判決そのものは正しかった。
それでも本村さんは元少年に消えてなくなれとか人間として価値がないなどと愚弄しているわけではない。
「罪を償って欲しい」とだけ言っている。
犯罪者だって日本人であり社会人なのだ。法律を守り社会の中の義務、死刑を受けるべきです。

今回の広島高裁の判断で新しい点。

弁護側が情状酌量とさせようとした理由に成育暦や「精神的に未成熟で対応能力が欠如した少年が偶発的に起こした」として元少年の「精神の未熟」を上げた。
それに対する判決は「幼少期からの父親の暴力や母親の自殺などの成育環境が人格形成や健全な精神の発達に影響を与えた面もあるが、死刑の選択を回避するに足る事情とまでは言えない」として退けた。

今までは弁護側が「子供だから」「不幸な生い立ちだから」「精神が未熟だから」と言ってどんな凶悪犯罪でも情状酌量でごまかしてきたがこれからはそうはいかないでしょう。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/99-6f778f25

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。