スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田首相、防衛大学校で訓示 自衛官の意味を考えて

2008-03-30 Sun : 時事
イタリアのダイオキシンが入ったチーズは輸入禁止できても実害の出た中国毒入ギョーザは輸入禁止できない福田首相。
長井記者が撃たれたミャンマーでは非難したが中国でチベット人が殺害されても何も言えない福田首相。

情けないから情けない。誰でも言えるようなコメントしか出てこない大国のトップとしてのイニシアチブも尊厳も見られない、情けないから情けない。このひとの枕詞にぴったりだと思っていたのもつかのまでこんなニュースを見て情けないを通り越してなんちゅうかうまとしかだね、これは、はーーーーー。

福田氏の先祖が「はーはー、ほーほー」の樹上生活者であることはちょっと年配の人なら誰でも知っている。
なのでホモサピエンスに準ずる系統であろうと思っていた。
しかしここにきてその系統樹からにわかにすってんころりんと転落して四足の係累に入ってしまったようだ。
「猿も木から落ちる」と言うしね。

このニュースを見てからですよ。
福田首相の防衛大学校卒業式の訓示。
◇ 引用開始◇
成熟した先進国であるわが国にとって、平和で安定した国際社会はかけがえのない財産であり、その中で、できる限りの役割を果たしていかなければなりません。 今後、自衛隊は、諸君の参加も得て、わが国の防衛はもとより、国際社会においても一層大きな役割を果たしていくことを確信しています。

 しかし、そのために、防衛省、自衛隊がしっかりと取り組まなくてはならない喫緊の課題があります。 それは、国民の信頼を取り戻すことです。

 先般のイージス艦の衝突事故、昨年来のさまざまな問題により、長年培われてきた防衛省、自衛隊に対する国民の信頼は大きく損なわれました。いかなる状況にあっても、ひと時もゆるがせにできないのが国の防衛であり、それだけに国民は、今、信頼できる防衛省、自衛隊を強く望んでいます。
 私は、この国民の期待の重みをしっかりと受け止め、防衛大臣と共に、問題点や原因を明らかにし、全力を挙げて、防衛省、自衛隊の改革を実行する決意です。
 卒業生諸君は、この大切な時期に自衛隊幹部への道を歩もうとしていますが、国民の信頼あっての自衛隊であるということを常に忘れずにいただきたい
◇ 引用終了◇

つっこみを入れるのは今回おかし系なので止めますが、ね馬鹿でしょう。あ、言っちゃった、あはは。
そのうち官邸からおとがめの通知が来たりして、ま有りえないけど。

国のトップがうましかじゃね、馬肉ごろごろ鹿の肉ごろごろじゃ山賊が食いにくるよ。
そのうち「馬英鹿」などという名の渡来人が西からやってきて野党を立ち上げ党首になったり。
豊かな黒髪をなでつけナイスフェースで多少、女形のような歩き方が意外と人気だったりして。
そんでもって野党第一党になったりして。
衆参両議院の選挙に勝ってとうとう与党になったりして。
しまいには総理大臣になったりして。
そのころには中国からバリバリの共産党員が政界はもとよりNHKやマスコミ、大学、経済界に入り込みすっかり共産化したりして。
馬英鹿さまには逆らえんわ。

そのうち日本国憲法が中華日本憲法になっていたりして。
台湾に次ぐ属国かよ。
高度な自治を要求しても弾圧されるなこりゃ。
ああ、やだやだ。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/95-136ba691

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。