スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田家を弁護する

2007-10-27 Sat : 時事
亀田を弁護?暴力団みたいな人たちを普通なら弁護などしない。
亀田大毅と内藤が戦った試合の後、発生したのはごうごうたるほとんどというより、すべて批判非難のようだ。
そうなるというと、天の川でもなくくじゃくでもないあまのじゃく虫が動き出した、人のいってるのとは反対の意見を出してやろうと。
 
 どんな立場の人もそれなりの言い分が必ずあるのであるのである。
それを聞いてやってから厳正に裁くべきである。

 能書きはそれくらいにして、この亀田家の問題と朝青龍の問題と沢尻エリカの問題には共通点がある。
三人とも当時マスコミがもてはやしていて人気が非常にあった。ところがどれもこれもやんちゃでわがままで野放図なところがあった。

それをマスコミが突いた。
非難批判が拡大しそのままでは業界にいられなくなるという雰囲気までいく。
すると本人の周辺の人間が謝罪をするように仕向ける。
で、本人は涙ながらか憔悴しきってか謝罪する事になる。朝青龍はまだだが。

残念ながら名前を忘れてしまったが沢尻エリカを批判するという入り方でインタビューを受けたあるベテラン女優が、優しい口調で「罠ですね。罠なんですよ。可愛くしてるのが、お得なんですよ」と言っていた。
とがめるふうでもなく、優しく諭していた。
よく周りの状況を理解しているな。

話がそれてしまったかに見えるが始めます。

弁護開始。

批判する人を3つのグループに分ける。
入場料を払って試合を見に行ったグループ。それ以外の試合をテレビで見たり反則などニュースで見た大多数のグループ。そしてこれを報道したマスコミというグループ。

まず入場料を払って試合を見に行ったグループ。
この人たちは試合を見る目的でいって試合を見た。たぶん興奮を味わいたくて行ったんですね。
そして目的を果たした。
映画館に入って「映画がおもしろくなかったから入場料を返せ」という人はいない。
入場したら入場料を取られることを知っていてなおかつ入場するからだ。

亀田大毅と内藤の試合を見たことで対価をすでに得た。それ以上興奮さえも得たはずである。
だからそれ以上の要求はできない。
「腹を切れ」という要求をしたり、正義を要求したりはできないのである。

次に報道だけをみた大多数のグループ。
この大多数のグループは入場料など払っておらず、テレビなどを通して試合に関係しているだけである。
書いたり喋ったり批判する事は自由だが、実際に圧力をかけて動かしてはいけないのである。
ある人間の顔や言動が気に食わないからといって集団でとおせんぼしてしたら犯罪である。
騒音や悪臭のように実害があるようなことでも即取り締まるのは難しい。

この大多数のグループは亀田家から何らの不利益をこうむったり損害を受けていない。
したがって亀田家に何らかの実質的な影響力を行使することはできない。

マスコミというグループ。
さらにマスコミは今回の試合によって何らかの不利益もこうむっていないし損害も受けていない。
それどころかもう何年にも渡って、亀田家をネタにパフォーマンスを面白おかしく報道する事でて多大の利益を受けている。
今度はマイナスのイメージを流す事でネタを作り利益を得ている。

利益を得ていた対象物を今度はおとしめているのである。
不道徳なのだ。
だからマスコミはコメンテーターや芸能人やボクシング関係者などを使用して個人を裁く何らの権利も持っていない。

したがってボクシングを通じて亀田家に関係する特定の人以外は、亀田家の人たちに実質的な何の影響力も行使することはできない。
以上で今回の試合に関して亀田家の人たちがいわれなきバッシングを受けなければならない何の理由のないことは証明された。

次にテレビやインターネットで私が知った亀田家に対するいろいろな非難について個々に当たってみたい。

亀田大毅が試合前に負けたら切腹する、と言った。観客が負けたんだから切腹しろと要求したというお話。
これはもうパフォーマンスで観客だって間に受けていない。
ある選手が試合前「リングでおまえを叩きのめしてやる」と息巻いていたが試合が始まってものの数分で相手にノックアウトされてしまったなどは、おかしくはあってもこの選手が嘘をついたなどと誰も思いはしない。
どちらが勝つか負けるかが分からないのが勝負なのであり、選手がいうのはそういう意気込みだと言う意味であり約束とは違うということを観客は知っているからだ。
だから切腹しろなどとせまるやつのほうがおかしい。

亀田大毅が内藤を投げ飛ばすなど反則をした、だから謝罪しろというお話。
メディアはしきりに「連続的に」反則を「繰り返した」と表現し、意図的に「連続」「繰り返し」が何か特別な意味があるかのように言っている。
が反則は反則なのだ。特別扱いはない。

だいたいボクシングそのものが過激な殴り合いであって選手にとっては無我夢中の一連の活動なのだ。
そのなかで投げ飛ばしたなどの反則をことさら取り上げて謝罪しろだの要求するのはおかしい。
判定で当然反則も考慮されて亀田が判定負けした。
これですべて完了している。後は何もすることはありません。

次に、父の史郎氏や兄の興毅氏が「玉を蹴れ」とか「ひじを目に入れろ」とか言って反則を支持したについての非難、その結果二人とも制裁を受けたお話。

審判がいる中で観客は一部始終を見ているしテレビでも報道されテレビカメラに記録されている。
だからそういう反則があれば即座にわかるんだよね。
無かったんでしょう?
だからマスコミが騒いだからって雰囲気でもって人を裁いちゃダメだ。
マスコミは反則の支持があったかどうか疑惑の目で見て問題化しているが、反則を支持しそれが実行されれば反則をきちんと取られる。それでいいじゃないですか。何の問題があるのか。
他のスポーツはそうなっている。
サッカーなどイエローかーどレッドカードなど罰則が決まっておりそれによって罰がくだされる。何も監督が支持したとか支持しないなど問題にされない。
反則を支持しようが支持しまいが審判がいて観衆がみているんだから結果で判定すれば済むことだ。
何も遡って支持があったかなかったか調べる必要など無い。
テレビカメラに映されたセコンドの音声を問題にしているがそれでは聞き取れなければいいのか、試合前に反則の打ち合わせをしておくなら問題は無いのかという話になってくる。
要するにくだらない追求なのである。
実行されもしないお話だけで犯罪者扱いにし制裁を加えるというのは法治国家の道を踏み外し始めることなのだ。

今回の何とかについて謝罪するうんぬんのお話。
史郎氏のとりあえず記者会見であれは謝罪になっていないだの非難の声があがっている。
が、謝罪とは何を?、誰に?。
反則をやったから対戦相手の内藤選手に謝罪しなければならないとでも言うのだろうか。
勝負の世界では反則は付きものだ。それをいちいちやったからと言って謝罪しなければいけないとなるとどうなんだろうあんまり格闘技やる人いなくなっちゃうんじゃないだろうか。
反則が行われたんならそういう判定がなされる。それで問題ないでしょう。
両者ともゴングがなったらすごい殴り合いが始まる事を承知でやっている。反則などそのうちの一部でしかない。
格闘技をやる人は、人一倍戦闘欲が強く勝気のため相手を許せないなどというかもしれないが、それが謝罪しなければならない根拠にはならない。
亀田大毅は車の中で内藤にもう謝ったそうだ。
そうしたところ内藤は「もういいですよ。これからがんばりましょう」と言ったそうだ。
ま、その程度のものってことですね。
謝らなくちゃいかんとする相手がもういいよと言ってしまえば、マスコミなど謝罪させようとしている根拠を失う。
そんな程度の根拠なんですよ。

では国民に謝罪しなければならないとでも言うのだろうか。
もうすでに論説したように試合を見にきた人にも大多数の一般の人にもマスコミにも亀田家が負うべき一切のものは存在しない。
謝るべき理由がないのです。
反則をしたから国民に謝れというのだろうか。
じゃあ、風太郎が交通違反をした。だから国民に謝らないといけないんだね?とこうなる。

大毅が反則をしたことでボクシングの品格を汚した、というのだろうか。
じゃあ聞くがボクシングは何に一番似ている?
答え、あらゆるスポーツのなかでボクシングがいちばん”けんか”に似ている。
すでの殴りあいだもんな。品格もなにもないもんだ。
だから反則が少々あったからってどうだっていうんだ。見てるほうも期待してるんじゃないの。興奮を求めているんだから品行方性で殴ったら「痛かった?ごめんなさい。仲良くやりましょう」じゃあつまらなくで誰も見にこなくなってしまう。

今日、興毅氏が会見で謝罪をしたようだ。
反則を支持した事は認めているし、謝罪してるし父史郎氏に責任転嫁もしていないしりっぱな謝罪だったんじゃないかと思う。

しかしなぜ大毅選手のたった一回の試合の後、亀田家全員の謝罪と今後の制裁という形になったのか。
マスコミは執拗に追い詰め協栄ジムの金平会長は3人に制裁を加え謝罪させないわけには自分の身も危なくなると感じた。
亀田家はボクシングの道以外では生きていけないので、しぶしぶではあるが謝罪の道を選択した。
生きていくのにそういう選択をした、それはそれでりっぱなことなんじゃないかと思う。

ここで注目しなければならないのはたった一回の失敗のため進退を迫られ一家が失業の憂き目にさらされた、ということだ。
マスコミはじめコメンテーター、タレント、元ボクサー、有名人果ては文部大臣や総理大臣まで大毅を非難させて、亀田家に愛着を感じていた人もいるだろう18歳の少年をよってたかって叩き、弁護するものはひとりもいない。

大毅はそんなに悪い事をしたのか。みんなの見てる前ですべてをさらけ出したんじゃないのか。
みんながテレビで見たままのとおりなのだ。隠れてるものは何もない。
誰だって失敗の一度や二度はある。特に若いときは。
変に厳しいのが進んでいるように錯覚しがちだが、それを許してやる寛容が経験を積んだ大人の社会だと思う。

弁護終了。

スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/81-5712a86e

eObQVPdPysWzC http://www.spurswritersclub.co.uk/get-payday-loans-381820 get payday loans eWHzB15yS4 http://www.spurswritersclub.co.uk/guaranteed-loan-

http://21paydayloanswithoutlenders.nelsi3.com/ payday loans without lenders

url http://igp.org.ar/foro/profile.php?mode=viewprofile&u=353945 nettikasino oTpR1

url http://www.photoinfoweb.com/zeige/30504325249149_1398216543.html nettikasino 9PDDoan

url http://www.realandlive.de/userinfo.php?uid=103256 nettikasino fdwjHz69b

url http://www.e-bane.net/modules.php?name=Your_Account&op=userinfo&username=T38Z nettikasino rHWyNMpkPUelo1

http://garmoshka.su/node/1640820 a payday loans

cCjHeAgF7 http://freescope.mysky.tw/modules/profile/userinfo.php?uid=528 nettikasino

2WFj5YgVO4E33l http://www.ratsinthehallway.com ratsinthehallway pikalaina

2WFj5YgVO4E33l http://www.ratsinthehallway.com ratsinthehallway pikalaina

A4Hs606q http://www.anomalouszmusicrecords.co.uk anomalouszmusicrecords instant payday loans

A4Hs606q http://www.anomalouszmusicrecords.co.uk anomalouszmusicrecords instant payday loans

qeWIHLSW8 http://www.knowncrafts.net knowncrafts nettikasino

qeWIHLSW8 http://www.knowncrafts.net knowncrafts nettikasino

4ViHFZllHOKuB http://clydesteamers.co.uk 15 min payday loan lenders

4ViHFZllHOKuB http://clydesteamers.co.uk 15 min payday loan lenders

1TMfx http://clydesteamers.co.uk 15 min payday loan lenders

1TMfx http://clydesteamers.co.uk 15 min payday loan lenders

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。