スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍さん 支持するしない

2006-10-28 Sat : 安倍政権
 穏やかな口調の中にも厳しい内容、北朝鮮に最も恐れられ、靖国歴史認識では小泉さんより強行ではないかと中国韓国にささやかれ、右よりの発言に対してどう攻めるべきかなやんでいた野党マスコミ。
 国民は拉致問題を解決し、中国韓国にはっきりものが言える強い指導者を待ち望んでいた。
そして安倍さんはダントツの支持で総理になった。
自分も安部さんしかいない、期待し応援した(つもり)。

 で、なってから----村山談話、河野談話継承

 ○ × ▽ ※ ポカーン

 遠くに美しい虹がかかっていたが近づいたら見えなくなった。
そんなもの肯定しちゃだめだよ、一番やっちゃいけないことじゃないの。
すぐ韓国、中国に参勤交代するとはね、そんなに行きたかったんだね。
放っておけばよかったのに。
 
日本の首相が靖国に参拝しないことが日本中国の首脳会議が実現する条件だとごりおししている中国に早速いくもんだから、来年はいかないと折れてきたんだと受け取られ、靖国参拝にケチを付けられる。
結果、安倍さん話をそらそうと「日本が損害と苦痛を与えた、歴史的な反省を」とかそんな謝る話になっちゃうんだよ。
 もう謝らないでくれと言いたい。

 小泉さんが5年間中韓の非難にかかわらず頑強に意志を貫き通したんで、とうとう中国も折れてきた。
何も日本の総理が出向くことはなかった。中国の言っていることに反すれば反するほど中国は日本の主張に歩み寄ってくる。
日本との関係を良くしたいというのは中国の都合なのだからいたぶればいたぶるほど、中国は日本に擦り寄ってくる。
 逆に歴代の総理が中国の言ったとおりに参拝を止めてしまったらどうなのか。
中国はこれは組み易いと思って見下し、ますます無理難題を押し付けてくるでしょう。

 放っておいて中国が日本と首脳会談をやりたいと言ったのなら「来年靖国に行かないとは言っていない、それでもいいのか?」と言えばいい。
それでダメなら何年でも首脳会談はやらなければいい。
 日本の総理が外国人言われて「はい、そうですか」と言ってたんじゃね。日本人が誇りを持つことが大事なのであって、外国と波風が立たないようにだけするのが政治家の仕事ではない。

 属国なら身の安全のためばかり考えて外国の気に障らないように気遣いながら生き延びると言うことも必要かな。
日本は独立国でしかも大国だ。外国に干渉されずにいられるように力を蓄えている。言いたい放題いっていいんじゃないの。

国民の支持があっての安倍政権だ。いくら中国や韓国に気に入られても政権を取ることはできないでしょう。
安倍さんはテレビで言ってきたとおり、来年は必ず靖国に堂々と参拝してもらいたい。

 郵政民営化に反対してきた議員を復党させるような話が出ているが、どうしていったん切り捨てたものをわざわざ元に戻すんだろうか。
 この人たちは小泉政権を葬り去ろうとしてきた人たちです。それを今は郵政民営化賛成に心を入れ替えたから復党させるという。
ちょっとちょっとですね。人間生き残りたい一心で嘘をつくこともできる。

 この人たちは反対の議論はしないでその時は反対が優勢だからそっちに回り、今度は賛成を言えば勝ち組みに回れるんで賛成と言うんです。国民の声が賛成だったということも見通せななかったダメな人たちです。
 そんな人々を自民党の中に招き入れて党を烏合の集化していいんでしょうか。

与野党やマスコミの郵政民営化反対の優勢の中で、小泉さんが『郵政民営化に賛成か反対か国民に問いたい!」と言って解散選挙をし、結果自民党の勝利になったのでした。
郵政民営化の是非は選挙につながっていて、反対したものを切り捨てるのは国民が同意しているのでありそれを一まとめに復党させようというのは国民の意思を無視しそれに反している。
 十把ひとからげではなく個人に対してよく話を聞いて復党させるかどうか政権側が判断すべきです。

 予想していなかった安倍政権の展開にどうしたらいいもんだろう。総理何年やるか知らないけどなっちゃったし言っちゃったしすぐとっかえるわけにもいかないんだろうし。
 小泉さんをパワーアップしたような人が出てこなくちゃだめか。

安倍さんがんばれ、といっても違う方にがんばられてもねえ。
このまじめそうな人にどう対処していけばいいのか、途方に暮れます。やれやれ。

 
 
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/58-b24f95fa

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。