スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英航空機テロ未遂 どうしたら防げるか

2006-08-12 Sat : 共謀罪
イギリスでの航空機テロ未遂事件で捕まったパキスタン系の21人は、16日に9機を爆破させる計画だったという。
ロンドン警察は大規模な家宅捜索を行って計画を割り出したのだが、容疑者らはインターネットを使って連絡を取り合っていたという。
 
 容疑者らはイギリスで生まれ育ちアメリカ、イギリスに悪意を抱いていたのだろうが、日常では普通の一般市民だったのでしょう。
が、実際に実行可能なテロを計画し始める段になるとこれは普通ではなくなる。

 実行されれば大量の犠牲者が出る。
、飛行機を使おうにも不安が常に付きまとい厳しいチェックや航空運賃も上がるかもしれない。

 普通のパキスタン系の21人は、インターネットで連絡し計画しただけだ。
人間を一人も殺したわけではない。
それを警察が強制的に勝手にメールをみて、個人の家に上がりこんで強制捜査をした。
そして身柄を拘束した。

 これは警察の横暴であり、プライバシーの侵害であり、果ては表現の自由の圧殺である、
共謀罪に反対する人の考えにそって表現すれば、上のようになるんじゃないでしょうか。

 人間がほかの動物と違うところは、物事を計画しそして実行することだ、だからこれだけ人間が栄えていると言える。
ですから犯行が計画されていることが分かったのなら、犯罪が実行されるまでみすみす放置しておかないで手を打たなきゃだめでしょう。

 共謀罪に反対する人は、単純に話し合っただけで罪になるだとか、表現の自由を侵害するとかだけ言ってないでこれだけ犯罪が多発し、犠牲者が多い社会になってきている中、どうしたら犯罪を予防できるのか考えて欲しい。

スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/54-279ed7b0

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。