スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和天皇メモ 何が真実か

2006-08-04 Fri : 靖国
昭和天皇のメモ騒動でわれわれ国民が知っていることといえば、あの切り取ったような走り書きのメモとと日経新聞のあれは昭和天皇のお言葉だということだけだ。
 誰かの心臓の写真を見せられてこれが昭和天皇の心臓だと言われているようなもので、それが本物だといったいどう信じろというんだろうか。

 あのぱらぱらメモを信じろというのか、日経新聞は大手だから信じるのは当然だとでも言うんだろうか。

 ちょっと昔、朝日をはじめマスコミが歴史教科書問題で「侵略」を『進出」に変えたと報道したが実際は何も変えていなかった。
誤報でした、というよりろくすっぽ調べもしないでマスコミに都合のいいように報道しちゃったんでしたね。
 大手新聞だからといって間違いは無いとはいえないわけですよね。

 さて昭和天皇についてはテレビなどによく出られて国民もよく知っているし公表されたお言葉が真実なものなんです。
昭和天皇は、A級戦犯の合祀について生前触れられなかった、もし陛下がどうしてもそのことについてご発言したかったならば87年の生涯の中で可能であったのではないですかね。それがなかった。
だから昭和天皇は合祀についてご発言しないというのが御意志なんですね。

 しかるにだよ、マスコミや合祀に反対したり政権政党に反対する勢力が昭和天皇の御意志に反して、何の許可も得ず、勝手にお言葉を騙った。
この罪は大きい。

 しかしながら日経がこうやって世間にウィルスをすでに撒き散らしてしまったがため、それが真実であるかのようにお言葉が一人歩きしてしまっている以上、結果がどう出るか分からないが真実を検証すべきではないでしょうか。
そうしないとますますお言葉の悪質な政治利用がされてしまう。

 だから日経はさっさと資料を世間に公表しろ。
 
ランキングに参加しています。
ちょっと気に入ったらコチッとお願いします。

FC2 Blog Ranking

こちらの方もよろしくお願いします。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/52-6e04fc2c

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。