スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷セレブ誘拐 飲み屋でゴー

2006-07-03 Mon : 共謀罪
 よく共謀罪に反対するブログで、飲み屋で「だれそれを殺っちまおう」と話をすると共謀罪が成立してしまう。冗談もいえない社会になってしまう。と共謀罪の恐怖についてことさらに言い立てていたものがあります。
  これでは話していることははなっから冗談であり実行するつもりはないんだという前提にたっています。
私はこのブログで何でも冗談にしてしまうのはノー天気だと言ってきました。反抗の日時も段取りも決めてそれでいてそのあと爆笑もなく犯行も行われなかったとしたら何とも人間の理解を越えた奇怪なことだと言いました。

 計画し段取りを決めたんならそれが実行するのが普通の日常の行動ではないでしょうか。

 渋谷の整形外科医娘の誘拐は飲み屋で相談されたんだったよね。
共謀罪に反対する人たちの言によると飲み屋でしゃべったんだから冗談であって全く犯行の計画は無いってことになる。
しかし現実はどうだったのか。
飲み屋で計画されて実行された、そうじゃないの?

 犯行時の犯人の車のナンバーを憶えている人がいたり携帯電話の位置をキャッチできる技術が進んできたなどラッキーな面はあったが警察の努力の賜物だ。
一つ間違えれば外国人が絡んでいるし命の危険があった。
 
 共謀罪に反対する人は、飲み屋で話したんだから冗談で共謀罪で捕まえるのはおかしいなどとなんでもかんでも犯罪の意志などないなどと安易に印象操作をしてはだめです。反省しなさい。

 現実に飲み屋で犯罪の共謀が行われて実行されたんだからね。

今の法律ではおおっぴらに犯罪の計画がしゃべられて周りでそれを聞いた人がいてもそれを警察が知ったとしても、なんら犯罪の予防に着手することができず、みすみす犯罪が実行されるのを手をこまねいてみているだけという情けない状態です。

 そして犯罪が行われた後に初めて動き出すことができるという代物なんですね。
何とも情けないじゃないですか。あらかじめ危険を予防するというのが他の動物とは違う人間らしい特徴なのに。

 今くらいの平和の日本ならいいけどそのうちあちらこちらで犯罪の計画が話し合われて、それでも警察に通報できなくてもいいんですかね。

ランキングに参加しています。
ちょっと気に入ったらコチッとお願いします。

FC2 Blog Ranking

こちらの方もよろしくお願いします。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/43-bdc94a7c

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。