スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人質の人質交換が要求された。政府は苦渋の選択を迫られた。誰も言わないので私が言いますわ。

2015-01-27 Tue : 国際問題

リシャウィ死刑囚
リシャウィ死刑囚。ヨルダンでの爆発テロの実行犯。テロリストの重要幹部。
こんな危険な女を檻から出してはダメヨ~ダメダメだめなのよ。
人質の一人が殺害された。テロリストは、人質後藤さんとヨルダンに拘束されている女の死刑囚を交換するよう無理難題を要求してきた。いまだにテロリスト側と接触できない日本側は追い詰められた!_ _ _?
なんてね。逆でしょう。追い詰められたのはテロリスト側でしょ。
2万ドルの強奪に失敗し、穏健な日本人を殺害した。このニュースは世界中に知れ残虐なテロ集団イスラム国に対し怒りが高まった。これを口実に欧米などの空爆は激しさを増すだろう。資金源を失ったテロ集団イスラム国は徐々に壊滅の道をたどっていく。でしょ?

残酷なことを言うようですが、誰も言わないので仕方なく私が言いますわ。医者は癌かそうでないかを見極められないと治療はできません。この人質事件でも正確にそれぞれの意味を把握しないと間違った治療・間違った外交になってしまう。日本側にとって人質の一人や二人殺害されても痛くも痒くもありません。
必ず識者が出て来て人質の交換はどうするのどうしないのとか、民主党などの野党が人質一人が殺害された責任はどうするのか?などと言いだします。
しかし日本側はテロリストの要求に一切応じてはいけません。緩むことはテロリストに次のテロを誘発させるのです。

当然のことながら人質は死んでも構わない、ということではありません。われわれは政府が国民を守ってくれるのだと考えているので、国民の一人が危険にさらされている状態で放っておかれるので、もう安心して政府にお任せできませんね。

ここは優先順位の問題です。個人の命より国の安全を優先すべきです。逆をやったら国は滅びに向かっていくでしょう。
ミツバチの巣を例にとります。スズメバチが襲ってくるとたくさんのミツバチがスズメバチにくっ付きます。スズメバチの体温が上昇し死にます。たくさんのミツバチがスズメバチの猛毒で殺されましたが、巣は守られました。逆だったらどうでしょう?一匹のミツバチの命は巣より(国より)重いなどと言って戦わなかったら。スズメバチは易々とミツバチの幼虫を殺し女王バチも殺すでしょう。ミツバチは滅ぶのです。

人間の場合もミツバチの巣とまったく同じことです。命を過大に扱いテロリストと戦わなかったら国は次第に衰退していくことでしょうよ。人の命をミツバチと比較するのは言語道断だ、などと怒る人がいるかもしれませんが人間以外の命を見下すとは人間のエゴに気が付かないくらい偏見に染まっているかもしれませんね。

国民は反日マスコミの宣伝に惑わされることなく国の優先順位を守り、政府を叱咤激励していけるなら大丈夫この先安泰です。
クリックお願いします。!(^^)!
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/413-5329f573

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。