スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習近平と会ったらだめよ、だめだめ。

2014-11-10 Mon : 中国問題
習近平 
こんなのと会ったら日本は失うものがあまりにも大きい。
安倍自民党政権は民主党よりマシだろうと思っていたけど、あまり大きな違いはないかもしれません。川内原発を再稼働するようだから一応支持はするけどね。
安倍首相は習近平と会わないのが日本の国益にとってベストなのだと思います。それをかなり譲歩して会っちゃうんだからね。しかも日本はかなり前から水面下で合わせる準備をしていたというのです。
日中で意見の一致を見たとしている項目が4つあるが、そのうちの一つ。
尖閣諸島問題で双方は異なる見解を有していると認識し、対話と協議を通じて不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。
とこうなっています。

危ないことを仕掛けてきているのは中国でしょ。中国が領海に入らなければいいだけの話なのです。双方が異なる見解を有していると認識し。安倍はとうとうやっちゃたね。領土問題は存在しない、と言っていたじゃないか。これで対等と認めてしまった。

過去の教訓 その1
天安門事件で軍が戦車で学生をひき殺したことで世界特に先進国は中国政府を非難した。ところが日本は非難しなかったどころかいち早くが交流をし始めた。そのため仕方なく非難していた先進国も交流を再開した。日本政府は江沢民をわざわざ日本に呼んで天皇陛下に合わせた。その晩餐会で江沢民は陛下を侮辱した。

過去の教訓 その2
北京オリンピックの前中国政府はチベットの僧侶など大量虐殺した。ヨーロッパ先進国などは批判のため首脳のオリンピックに参加を見合わせた。しかし日本は批判しないどころか福田首相がいち早く参加した。長野市を中国の聖火ランナーが走った時、どこから湧いたのか赤い国旗を持っ無数の学生らしき者がバリケードを作った。

そして今回
今香港で学生らが民主的な選挙をやろうと抗議活動をしている。習近平は香港当局と示し合わせて弾圧するつもりだ。
またまた日本政府は、民主化を求める人々に対する中国政府の弾圧に手を貸すのか?
中国政府には日本の首相と会談するのは渡りに船です。日本の権威が利用されているだけだ。西沙諸島などで中国船にいじめられているベトナムやフィリピンなど失望するでしょうね。

肝心の経済はダメ、外交もダメ、拉致被害者も情報なし、靖国に行くなと言われてもサンゴを奪われても文句の一つも言えない、それでも習近平のご機嫌をとる方が大事?これじゃ安倍ちゃん取るところがないね。ひとさまのブログをみたら消費税引き上げをやらない場合は解散総選挙をするとか。なんだか本当っぽいな。国民の給料が上がらなかった失敗を認めたくないので早くも逃げを打ったかな。
いいところを突いたなと思った方はボタンを押してね。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/401-635d3924

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。