スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京大虐殺 国民はこっちのほうもフォローしとかなきゃね。

2014-10-22 Wed : 外交
朝日新聞の目玉商品従軍慰安婦の根拠となった吉田清治の嘘がバレバレになっても、朝日新聞は意気軒昂のようです。

19日の朝日新聞社説は、「10代の少女までも含む多くの女性を強制的に慰安婦として軍に従わせた」という記述のあった「アジア女性基金」への呼び掛け文を、外務省が削除したと言って七文句を付けていますよ。
「海外での評価だけが問題ではない。わたしたちが過去とどう向き合うかが問われているのである」などと日本国民が悪いようなことを書いています。
木村社長は責任を取って辞めると言っていたのに、「韓国は日本の兄だ」などと反省の色は全く持ち合わせていないようです。謝罪などどこ吹く風です。やっぱり朝日はつぶさなきゃだめだな。

この問題を解決しようとするときいつもいつもブーメランのように戻ってくるのが、か き く け 河野談話
しかし日本政府は「見直しはしない」発言で国内での共通認識は難しくなっている。
あくまで「河野談話を見直さない」と言い続けるなら、総理以下全閣僚即刻首だ!!怒り心頭に達した!!
と言っても果物ナイフを振り回して暴れているわけではないですが。w
これは政府や国会議員がやるべきことですが、この人たちが何も動かないというなら国民がやるしかないでしょう。
日の丸部隊
朝日のキャプチャー「中国の婦女子を駆り集めて連れて行く日本兵。強姦輪姦は幼女から老女まで及んだ。」
実際は日本兵に守られて野良仕事から帰る日の丸部隊の女子供。
これも朝日得意技のねつ造。

話しはちょっと変わって、朝日にはもう一つの目玉商品があります。そうです南京大虐殺。これも朝日お得意のねつ造によってつくられました。これ村山談話の根拠になっています。村山談話を読むと南京大虐殺の文字は出てきませんが、明らかにこれによって日本国民をおとしめているのです。
村山談話の一部「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。」南京大虐殺のねつ造が無ければこの文章は成立しません。
なぜなら、侵略という言葉を使うとしたら、日本だけではなくイギリスもフランスもアメリカもソ連も中国を侵略した。侵略しなかったというなら日本も侵略しなかったことになるからです。GHQは、ナチスドイツがユダヤ人に行ったホロコーストのような悪行を日本にでっちあげる必要があった。それが南京大虐殺であり、それを中国、朝日新聞が利用した。
この村山談話も政府は見直しはないと言っているのだから、体たらくな政府に期待できるものが少なくなっています。
アメリカや中韓に尻尾を振っても、国民が選んでくれなかったら明日はないってこと、分かってるのかねえ。

慰安婦問題はまだまだ道半ばとしても、韓国からの嫌がらせやいろいろあり次第に国民の間に真実が共有されてきていると思います。
ところが南京大虐殺の方は私も含めて、どういうものなのかなぜ日本が大陸に進出することになったのかなどよく分かっていない人が多いと思います。
南京大虐殺について事実を明らかにし、日本を正当化する根拠を築いておかなければなりません。日本人ほど自己正当化することをおろそかにしてきた国民はないでしょう。そうしておかなければ日本国民は生き延びていくことはできないでしょう

もう一度話はちょっと変わります。
韓国が慰安婦問題で毎日のようにイチャモンを付けてくるのに対して、中国は南京大虐殺で日本を恫喝したことがあまりないように見えるのですが。みなさんはどう思いますか?
私はアレのせいだと思います。通州事件です。

この事件は1937年通州に居留していた日本人家族らが支那人らに大量虐殺された事件です。
敗戦後の日本政府は、ことを穏便にはかろうと何ら中国政府に抗議しなかったため明るみに出なかった。犠牲になられた方々には残念でお気の毒でたまりません。このまま闇夜に伏していいのだろうか?
中共はこれにより批判されると何ら反論できず体面を保てないのです。犠牲になられた方々には申し訳ないが、私はというより日本国民は、中共に対抗するカードにしたいと思います。

この事件の全貌は、中国人商人と結婚しやがて通州に移り住んだ大分県出身の日本人女性の稀有の、まったく稀有と言う以外言葉が見つからない見聞録によって白日の下にさらされることになりました。
そこには本当に現実に行われたのだろうか疑われる残虐行為がこれでもかこれでもかと繰り広げられたのです。
詳しくはねずさんのひとりごと通州事件その1 & 通州事件その2「sさんの体験」*をみていただきたい。ただ長文であるしあまりに残虐で悲惨な光景なので心の準備が必要となります。
南京大虐殺と通州事件についても、国民が理解を深め共通認識を持つ必要があると思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/396-f541bc11

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。