スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日がまたまた日本人をヘイトスピーチしているよ

2014-08-31 Sun : マスコミ
朝日新聞が見苦しく国民をごまかし続けようとしています。
【朝日28日記事から引用】
韓国済州島で慰安婦にするために女性を暴力的に無理やり連れだしたとする吉田清治氏の証言を報じた記事について、朝日新聞は済州島での再取材や研究者への取材の結果、虚偽と判断し取り消した。

再取材とは何ぞや?最初の取材を本当にやったのかね。1989年に済州島の地元紙が検証したが、拉致された事実が無かったことが判明している。
2014-1989=25
マスコミが25年間も分からなかったのか、バカヤロ。

【朝日28日記事から引用】
・・・河野談話も「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意志に反して行われた」と結論づけ、吉田氏が言うような「強制連行」ではなく、女性たちが自由意志を奪われた「強制性」を問題とした。

朝日はこう言いたいようです。吉田清治の強制連行記事は間違いだったと認めるけれど、河野談話は強制連行したといっていない、強制性そのことが問題なので日本軍が女性の人権を蹂躙したとしている河野談話をわが社は強く支持する。

ここまでくると恥も外聞も無くなるのでしょうかね。女性を強制連行したしたと書いて嘘をまき散らしておきながら、事実でないと知れると謝罪はせず自由を奪われていること自身が問題だというのですから。
「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、本人たちの意志に反して行われた」と河野は充分すぎる程、強制連行したと言ってるじゃないか。
朝日の屁理屈はよっぽど頭の悪いやつでないと理解できないです。

朝日新聞は8月30日一面に大きく国連がらみで日本のヘイトスピーチを取り上げました。
タイトル国連人種差別撤廃委員会が、日本に対してヘイトスピーチ「対処を」として改善勧告を」
朝日はどうしても在日の人を差別している、と言いたいようです。

ふと以前書いた似たようなブログがあったなと気づき一部再現します。
国連の組織、国連自由権規約委員会というのが24日ジュネーブで、人権のことで日本はいけない国だと20点も勧告したみたいです。
国連自由権規約委員会 
この画像は国連自由権企画委員会のもの。この人たちが国に制裁を科すような事項を決める。それを朝日が利用する。

【7月25日勝手な言い分記事より一部引用】
その1 年内に施行される予定の秘密保護法について
国民の知る権利を保障する国際条約と適合するようあらゆる措置をとるべきだと勧告した。

日本の安全に関わる重大な情報が、中国などにだだ漏れになっていたのでちょっと改善しただけなんじゃなかったかな。

その2 ヘイトスピーチ呼ばれる民族差別を煽る街宣活動を禁止するよう勧告した。

日本人ほど外国人に対して寛大な国はないと思うけどな。ユダヤ人、パレスチナ人、黒人、朝鮮人。

その3 死刑の廃止検討や従軍慰安婦の問題をめぐり、国家として責任を認め公式に謝罪するよう勧告した。

ここへきてこの国連自由権規約委員会というのが怪しげな組織だというのが分かっちゃいましたね。
ちゃんと調査していれば、日本にそんな恥ずかしいこと言えないと思いますよ。

【勝手な言い分引用終了】

そうなんです。この自由権規約委員会というのは慰安婦問題の事実を調べもしないで日本を遡上にあげているのです。こんな組織ろくなもんじゃありません。

間違えそうですが今話しているのは自由権規約委員会。8月30日朝日記事のは人種差別撤廃委員会です。

8月30日朝日記事は国連の権威を前面に出し、日本人の不名誉になる記事をこれでもかこれでもかと載せます。日本の新聞社ではないことは確かです。ヘイトスピーチと呼んでいるものが実際どのようなものなのか調べもしないで他人の話を載せます。従軍慰安婦でっち上げとよく似通っています。この記事、ほとんどがヘイトスピーチ問題に費やし慰安婦問題にはわずかしか触れませんでした。人種差別撤廃委員会は慰安婦問題で被害者の調査や謝罪を求めた、となっていますが、正確な調査をされて困るのは朝日ではないのけ?朝日は軍による強制連行が無かったことを認めているだけに、正確な調査結果を報告したら分が悪くなるのでおおっぴらに書けないのでしょう。くだらないな。

ところでウィキペディアなどで調べてみると、だんだん委員会が何か分かってきました。自由権規約委員会人種差別撤廃委員会も国連高等弁務官事務所の小さな機関。国連高等弁務官事務所は国連の総会の補助機関の一つです。
弁務官という名称でふと私の脳裏に浮かんだのが難民弁務官をやっていたなんとか貞子でした。ネットで調べてみたらありました。たしか東京都知事候補にも挙がった緒方貞子でした。この人国連難民高等弁務官のほかに、国連人権委員会日本政府代表もやっていました。緒方氏は国連で特に発展途上の国ともアフリカの子供たちにも大変人気がありました。なにしろ行く先々で日本国民の税金をばらまいたのですから。お金をもらった人たちは国連がくれたと思っているので、日本には一切感謝の気持ちはありませんでした。
緒方女史は生まれもお育ちもたいへんよろしい。曽祖父が犬養毅総理大臣。夫が朝日新聞副社長をやった緒方竹虎の三男。女史が国際基督教大学の講師をやっているときに婦人運動家の市川房江に国連総会の日本代表団に加わって欲しいと頼まれた。それがきっかけでずーっと国連の仕事をしていました。
お金の心配のなく人生経験の少ない恵まれた女性が、閉鎖された国連で少ない情報から差別だ人権だなどとやっていたら染まりますわ。その人たちが善人だとしてもね。まして日本を落とそうと悪意のあるものがたくさん紛れ込んでいると思いますよ。なぜなら慰安婦問題だけに絞ってもきちんと調べたら日本を尊敬こそすれ批判などできないはずです。
緒方貞子氏のように国連の機関に就職できるのは、特権階級のような恵まれた環境に育った子弟なのです。
国連のそんな機関を、常任理事国でもない日本が2番目に大きな負担金を払って養っているのです。ばかばかしいじゃないですか。

日本ほど民族を差別しない国はないと思います。みなさんは日常接している人々が、外国人を差別しているのを見たことありますか?私は一度もないですね。朝日新聞はヘイトスピーチを載せて慰安婦問題をごまかそうとしているんです。
植村隆を国会に呼べば朝日はビビりますよ。その日が来るのを楽しみにしています。
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/386-0b5a21f8

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。