スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ アズ ナンバーワン

2014-08-18 Mon : 経済
トヨタ ロゴ

トヨタ上半期の販売台数は509万台。
売上高12兆円。営業利益1兆円。
すっげえ!あのGMを負かしているよ。

ところが内閣府の発表によるとGDP
               1~3月期     4~6月期
新車の販売台数   20.9%         -1.9%
輸出           6.5%         
-0.4%

国内販売台数と輸出販売台数は、むしろ落ちている。
国内販売が落ちたのは消費税増税の反動と見ることもできるが、輸出まで落ちているのはなぜだろう?
米国も中国も日本車がよく売れるというのにね。

日本メーカーの海外生産比率が高いためだ。
海外生産比率   2013年
  トヨタ   62%
  日産   80%
  ホンダ  81%

日本の自動車メーカーは、工場を国内より海外により多く移した。

米国人や中国人が買う日本車は、現地製造された日本車だ。トヨタや日産、ホンダがたくさん売っても世界販売は増加するが、日本からの輸出は増えないのだ。儲かっているのは雇用されたアメリカ人と中国人、投資家と各メーカー。
海外移転によって日本人の雇用はどんどん失われて貧乏になっていく。海外進出に出遅れたトヨタは円安による利ざやで大もうけした。直の社員はボーナスをもらったのだろうが、輸出量が増えたわけではないので、部品などを供給している下請けはちっとも儲かっていない。

日産やホンダは海外生産が80%にもなっているが、こんなのが日本の企業と言えるかどうか?
“企業栄えて国滅ぶ”
誰が言ったか知らないが、真実をピタリと言い当てた名言といえる。
企業は繁殖する、しかし国も国民も食い散らす。

国境を越えて企業が自由に行き来するTPP。これを推進している安倍政権は日本の企業に好きなように出て行っていいよ、とお墨付きを与えるようなものだ。まったく馬鹿げている。
政府は企業が外国に逃げ出さない対策を取ることこそ大事なのだ。
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/385-ed432953

kswbbifats

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。