スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板橋高校 国歌斉唱不起立 裁判

2006-06-02 Fri : 裁判
 板橋高校の2年前の卒業式の際、藤田元教師が国家斉唱のときたたないよう呼びかけたりビラをくばったり校長らの注意に大声でどなって式が混乱した、この事件について東京地裁は藤田元教師を、威力業務妨害に当たるとして検察の懲役8ヶ月に対し、罰金20万円の判決を出した。
 
 この記事は大ニュースにならなかった分個人や団体の考え方や方向性が出ていて、いわば踏絵になると思います。

 思想の自由と言っても式を妨害してはいけない。厳かに行われてこそ式の意味があるのであって混乱と喧騒の中で行われたんでは式の意味がないんですね。これでは成人式に一部の者が騒いで妨害するのと同じではないのか。

 日本という国に住んでるわれわれにとって、自分の国が強くなければならない。そのためにするのが子供たちにする教育だ。
子供たちが大きくなって社会参加をするときには国のためにがんばろうという気持ちになっていなければなりません。
それには国に対する尊敬、誇りが必要ですね。
 だから国歌や日の丸に対しては尊敬の念をもっていないといけないですね。


 
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/38-beb64072

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。