スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代の党 石原慎太郎氏の診断

2014-07-14 Mon : 政治
石原慎太郎氏がBSフジプライムニュースに出演しました。私は次世代の党石原氏がどんな考えを持っているのか診断しました。
石原慎太郎 
石原慎太郎氏が考えを言う

中国との関係について
石原氏「集団的自衛権について集団的自衛権の問題がかまびすしいけど、この原因は中国の脅威でしょ?安倍総理はやっぱりね、中国は非常に危険な危ない国だとはっきり言ったらいい。国民が集団的自衛権に関心を持たざるを得ないのはね、中国の盗人猛々しい映像で見たって、ぶつかっておきながらぶつかってきたのはベトナムだって、とにかくね強盗と同じことをしながらやったのはむこうだと言い張る強弁というのがまかり通るわけがない」

石原氏は中国が無法なひどい国だと3回言っていました。それと安倍総理は中国が危険な国だとなぜ言わないと3回言っていました。
中国が無法なひどい国であることを、そのことを安倍総理が指摘すべきであり、その結果集団的自衛権への認識が高まるのは国益にかなうのです。
診断 良好

アメリカとの関係について
西部邁氏Ⓐ「なんでアメリカの青年が、尖閣の前線で戦って血を流さないといけないんですか。アメリカは絶対日本人を助けないに決まっていますよ。」
と誰でも考え付きそうなことを言いました。
石原氏Ⓑ「しかしそうとも言いきれない。湾岸戦争とかね、アメリカの兵隊はイラクでずいぶん血流してね。ああいった犠牲は祖国のためと、アメリカというのは妙な国だと思いましたよ。恐ろしい国ですよ。日本が中国の属国になったら一番困るのはアメリカじゃないですか」

Ⓐは空想で実証されていないがⒷは実際に起こったことである。結論 尖閣でアメリカが犠牲を払わないとは言えない。石原氏の勝です。もっとも西部氏は問題提起のため冗談でⒶを言ったと思いますが。
診断 良好


市場原理主義について
石原氏「小泉さんのやった市場原理主義は、完全な間違い」
「竹中がアダムスミスを持ち出してきたがこれも全然認識が違う」

石原氏は、竹中というところを珍しくどもってましたそれ程竹中にムカついていたんですかね。

アレレ、石原氏は市場原理主義が弊害だということを理解していましたよ。
いいよ、いいよ。石原新党はこのメンバーでよしいける、取りにいけるとスタートを切りましたね。松木さんみたくなりましたが。ここは冗談です。
診断 良好

核保有について
石原氏「21世紀に入っての日本の物理化学関係のノーベル賞の数は、ヨーロッパに匹敵する。日本人はこういったポテンシャルをもっと自覚すべきだ。日本が核を持とうと思えばすぐにでも持てる。日本がコンベンショナル・ストライクミサイルを開発して持つことは非常に大きな抑止力になる。こういったものにやっぱり日本人は積極的に取り組んでいくべきだ」

敵に打撃を与える手段を持たないがゆえに、常に恫喝に翻弄される日本。北京首脳の頭上にいつなんどきでも核を炸裂できることを知らしめることは大きな抑止力になります、当然ですね。
診断 良好

安倍政権に対する評価
石原氏「外国を飛び回っている。頑張っていると思いますよ。彼は一回死んだんだよね。死んだ人間は強い」
と言葉少な。

石原氏は「総理は中国が恐ろしい国だとなぜ言わぬ?」「市場原理主義は完全な間違い」と言った。安倍政権の中国や韓国に対しての生ぬるい対応にしびれを切らしているのではないか。安倍政権は市場原理主義そのものではないか。石原氏はなぜ安倍総理を批判しない?手厳しく批判してこそ日本の未来が開けるのではないか。
診断 難あり

移民について
メールの紹介「移民についてどう思うか?」
石原氏「人口が減っているし労働力が不足しているから、致し方ない。日本人は単一民族ではない」

これについても言葉少な。だから移民なのか?安倍総理を擁護するつもりで言ったのか、アメリカが移民国家だから問題ないと思っているのか分かりません。移民を許したら石原氏の嫌いな中国人が大挙してやってくるのです。日本人が日本人ではいられなくなるのです。それでいいの?石原氏は元東大学長が書いた「騎馬民族征服説」という嘘本を読んだんじゃないのかね。
診断 難あり
 
総 評
後から議論に参加した次世代の党の暫定幹事長山田宏氏が移民についてこう言いました。
山田氏「移民で成功した国はあるのか、そういった事例をよく研究していきます」
さすが国会で河野談話を検証する定義をした人ですね。こういう若い人が党にいるというのは期待が持てます。
山田宏 
中核を担う山田氏

石原氏は「代表になるのか?」の質問に
石原氏「党首にはなりません。老兵は去るのみです。・・・代表は私が決める」
とこう言いました。
石原氏は自民党より右寄りな発言で精神的な支柱になっていた。しかし偏見やしがらみもあるでしょう。代表にはならず若い者に任せるのであれば、この党に期待が持てます。

橋本徹について
石原氏「なんだかよく分からなくなってきた。この間の原発についての意見が支離滅裂だね。江田君という人とどういうアイデンティーになるのかさっぱり分からない」
橋本氏について正直に語ったのだと思います。若い橋本徹にほれ込んで維新の会と一緒になったが、橋本氏の本質に相容れないものを感じ別れることもできた。石原氏は高齢ではあるがまだアンテナを持っていて自分を変えられる弾力性があると思います。

私の提言
石原氏の書「自主自前」
石原氏「外国に小突かれて右往左往して自分の指針を曲げるのではなく、自分の行く道を自分で決める。そのために自分を培うこと」

自主自前 これです日本が進むべき道は。党名はこれまであまりぱっとしないが提言は適格だと思います。
日本の外交と経済はどうあるべきなのか。 外国に脅されない依存しない、自分で食っていける、子供を養える自立する国造りを目指すべきだと思います。

総合診断 やや難があるが回復を期待できる。

山田氏「くっついたり別れたりの数合わせ野党では未来はない。命がけで日本のために尽くす党でないといけない。」
こんなことを言っていましたが、次世代の党は今までの野党とは違う台風の目になるでしょう。期待が持てます。しかしなんで猪木がいるんですかね?
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/377-5665b8db

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。