スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共謀罪 捕まるのはどういう人なのか

2006-05-28 Sun : 共謀罪
 共謀罪の説明に「話し合っただけで処罰される」とか「酒の席で気に入らない上司をやっちまおうと話しただけで処罰される」などと紹介されている記事が目立ちます。
その結果悪意のない善良な人々を罰する法はひどいもんだ、という文脈になるんですね。
こういった説明は、これらの人たちがまったく実行するつもりのないことを前提にして書いているところが善意にとればノー天気なんですよ。

 
 日常的な冗談の場合には落ちとして必ず笑いがありますし特有の冗談ぽさがあります。なのでそれが本当に殺すのかどうか判断に迷うということはありません。
男数人がまじめな口調で殺人の計画を語り、殺人の方法や日時を具体的に相談して語り終え、その日時になってその男たちは約束したことなど思い出すことなく何ごとも無かったかのように時を過ごしていた、そんなことがありえるでしょうか。
もしそんな行動があったとしたら、理解を超えた人間の知恵では捕捉できない奇怪なことです。

 男数人が殺人のことをまじめに語っていたのならば、この人たちは計画通り実行するであろう、と考えるのが無理のない普通の理解なんじゃないでしょうか。
私たちの日常はどうなんでしょうか。朝起きてから夜寝るまで。われわれは自ら計画して出なければ仕事やら学校やらの計画に合わせて行動しています。
いきあたりばったりに動いていたとしたら生活は破綻してしまうでしょう。
 われわれの話はただの冗談や話しただけのものではないはずですね。かならず実行を伴います。
男が約束して(女でも同じですが)それをすっぽかした、となると自分で約束していて守れない情けないやつだということになり、相手にされなくなるのが実情じゃないですか。

 ですから共謀罪での犯罪の計画、約束でも同じことで、具体性があったなら絵空事ではなく実行されるであろうと考えるのが普通なことだ、と考えられます。

 共謀罪に反対する会の記事にこんなのがありました。
まず共謀罪に適合する犯罪が560種類あるとし、<誰かが友だちにあいつムカつくから殴っちゃおうぜ」と言い、友だちが「うんわかった」と答えると、それだけで犯罪を犯したことになるのです。>と書いてあります。
さらにその同じ項目のところに、<1.長期4年以上の刑を定める犯罪について(合計で約560)> と書いてあります。
 
 上の記事が何を表しているかというと、共謀罪に触れる犯罪は身の回りに実にありふれるくらいたくさんあってちょっと一般の人が冗談言っただけでも逮捕されてしまいますよ、というイメージを植え付けているんですね。
 上の記事を書いた人は共謀罪が成立するのは、4年以上の犯罪なんだと自分で言っている、だから人を殴るという行為は4年以上の犯罪だとなります。
 しかし常識的に考えてみて欲しいです。どの程度殴ったのか分からないですが一発人を殴ったら懲役4年以上ですか。
それ位でことごとく実際に逮捕され4年以上の懲役を受けたのかということなんです。
 この記事書いた人まじめに言っているんですかね。もしそれが本当なら刑務所はよくあるけんかで捕まった人であふれかえっていますよ。国民は刑務所の増設や職員の給料や収容された人の費用など途方もない税金がかかっているでしょう。

 反対する人は560種類ですかそれらの犯罪の種類とそれに対応した刑罰に反対なのかどうかということです。問題があるとの考えでしたらまずそっちの方を批判、反対すべきです。
 批判すべきことがないんでしたら、共謀罪にことごとく反対するのはおかしいことだ、と言えます。
なぜならば、それらの犯罪の処罰が妥当なものならばそれらの犯罪を予防する共謀罪は正当性をもったものと言えます。

 共謀罪に反対する人はよく、「実行しなくても成立する犯罪だから捜査当局によって恣意的に拡大解釈される危険性がある」と言います。
また「適用があいまいだ」とも言います。
 
 私もあいまいだ、と思います。何しろ犯行を実行していないのに取調べをする、だから行為の結果は調べられなくて話したこと紙に書いたことなどです。
容疑者に「お前は反抗を計画していたのか?」と聞けばかならず「計画していなかった」と答えるでしょう。
ですから証言もまったく意味をなしません。
 
 反対者はここで取調官によって拡大解釈され善良な市民が処罰される恐れがあるというんでしょうが、なぜそっちの方ばっかりにいっちゃうんでしょうかね。
 あいまいだからこそ話した内容や状況証拠、過去の履歴、準備行動などはっきり誰にでもわかる証明できる証拠がないと裁判で犯罪の計画を立証できないし国民の批判もかわせないでしょう。

 殺すだの殴るだの冗談をいくら言ったって逮捕しに来てはくれないし思想上のことで危険なようなことを書いてもなんともないといいきれます。
 ただ危険な団体がまじめに殺すだの殴るだの言っていたら捕まえてくれなきゃ困りますよ、本当にやるつもりなんだから。

 
ランキングに参加しています。
ちょっと気に入ったらコチッとお願いします。

FC2 Blog Ranking

こちらの方もよろしくお願いします。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/37-ea2bf8c7

韓国はなぜ 反日か? 
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

初めまして。青龍、と申します。
ハリヤーホエンテさんのこの記事に、トラックバックさせて頂きます。

私は、共謀罪に賛成です。
確かに、飲み屋での会話も共謀罪には引っかかりますよね。
ですが、そこまで取り締まるほど、警察もヒマではないと思います。

特にこの法案に反対するのは市民団体の方々ですが、
彼らは、自分らが共謀罪で捕まる可能性があるから反対しているのかもしれません。
むしろ、違法なことを目指しているのなら、とっとと摘発されて欲しいと思います。

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。