スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の緩んだタガを締め直す石原新党

2014-06-07 Sat : 政治
石原新党
真正保守誕生 日本はここから始まる
石原新党が23人というのは予想以上に多かったです。旧太陽の党だけでなく若手が入っています。今後注目されるのは橋本維新ではなく、石原新党でしょうね。
橋本新党で知っている人と言えば、小沢鋭仁、松野頼久、片山虎之助くらいです。小沢鋭仁は、民主党が分裂して都合悪くなって引っ越してきた人でしょう。片山虎之助は「とにかく発信力がないよ」と言うだけの人。

石原新党の面々は、平沼赳夫、岡田博之、中山成彬、中山恭子など論客ばかり。
山田宏氏と言えば、国会で慰安婦問題を取り上げ河野談話の検証を政府に突き付けた。中山成彬氏や三宅博氏などとともに河野談話の見直しを求める全国運動を展開しました。
中田宏氏はと言えば、国会で韓国人が対馬で土地を買収しまくっていることや、中国人が自衛隊の演習が丸見えの高台を買収した事例などを取り上げ、日本の土地が外国人に無制限に買収される危険を詰問していました。

私はこうしたいい政治家が、なぜ地方分権を目指す維新の会に入っているのか違和感を覚えていましたが、これでスッキリしました。
もし田母神氏が合流することになれば、話題はさらにヒートアップしていくでしょう。
石原新党は、へったくれになった自民党のたがを正してもらいたいですね。なぜか悪い意味で目立つプロレスラーが入っていますが、結束を乱すならさっさとつまみ出してもらいたいものです。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/366-7d4c5372

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。