スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東南アジア諸国は中国に対抗していくことで一致した。

2014-05-13 Tue : 国際問題
ASEAN 
ASEANは中国に対抗していくことで一致した
ミャンマーのネピドーで開かれていたASEAN首脳会議では、「全当事者に自制と武力不使用を求める」「緊張を高めるような行動を控えるよう求める」と宣言されました。
武力で脅されまたは金で懐柔されていた東南アジア諸国が、穏やかな表現ではあったが反旗を翻したのは今回が初めてではないだろうか。偉い!素晴らしい!心から東南アジア諸国を応援したいと思います。

発端は中国の石油掘削に堪忍袋の緒を切らせたベトナムが巡視艇を現場に向かわせたところ、中国海警の船がぶつけてきた。無法を許さないベトナムの姿勢に拍手を送りたいと思います。

ベトナムの大胆な行動、ASEAN外相会議と首脳会議での一致した中国への牽制。これができたのは大国日本と最強の国アメリカの態度にあります。
民主党政権の時中国の漁民が島に不当に上陸したとき、情けないことに中国当局に脅かされて犯人を返してしまいましたね。海保保安官が撮影した中国船が衝突してきた映像を公開しないどころか、保安官を犯人扱いしましたね。日本が中国にへつらうような態度をしていては、東南アジア諸国は味方してくれないなと思うのは当然のことです。

安倍政権になって尖閣諸島のことでは毅然とした態度を取り続けた。オバマ大統領が日本、韓国、フィリピン、マレーシアを訪問し中国の海洋進出に対し連携することを確約した。日本では大統領が尖閣諸島は安保の範囲に入ると明言、フィリピンには米軍が入ることになった。
米サキ報道官「南シナ海の平和と安全を脅かす挑発や一方的行動に反対する」
菅官房長官「我が国としては、境界未画定の海域での中国による一方的な掘削活動によって地域による緊張感が高まっていることを憂慮している。関係国が緊張を高める一方的な行動を慎み、国際法を順守し冷静な対応を期待したい。今後ともASEANと意思疎通を図りながら平和と安定のために取り組んでいきたい」
菅さん言ってくれましたねえ。一昔前なら中国を名指しで批判することなんてなかったんじゃないですか。
こういう日本はアメリカのバックがあるから、ベトナムやフィリピンなど東南アジアの国は強気に出られるのですね。
忘れないうちクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


ここまでは褒められることを言いました。しかししかしですよ、今日もベトナム沖では中国海警船の護衛で石油掘削は続けられているし、戦闘機まで飛んでいる。これが現実です。
日本もアメリカも口ではいうが助けてはいない。中国のなすがままなのです。
東南アジア諸国と日米が協力して中国を法の裁きに引っ張り出す、それはとてもいいことです。しかし今やられている暴力を放置しておくことは許されるものではない。
同じく尖閣諸島で中国船による暴力に合っている日本は、アメリカと協力して中国の暴力を撃退する警察力をつくらないといけない。

それとは別に日本は中国に侵略されないように独自の防衛をしなければダメだ。
オバマ大統領の尖閣諸島は安保の範囲だとの明言は、抑止力として一定の効果はあります。でも中国が賭けに出て島に一直線に向かって言った場合、アメリカが阻止するかどうかわからない。今のベトナムの例がそうです。
自分の国は自分で守らないといけない。いざというとき戦える国に整備しないといけない。
ただし中国は文化大革命に見るように自国民を何千万人しなしても平気な国です。通常兵器による戦争は得策ではないです。もぐらたたきゲームみたいに中国人をいくら殺しても減りません。
核兵器を沖縄に配備し、核を積んだ軍艦を沖縄や尖閣諸島など南西諸島近海をパトロールさせる。
いつなんどきでも共産党指導部の頭の上に核を炸裂させることができる、こうしたことを共産党幹部に教える体制が望ましいです。
それと共産党幹部が今どこにいるか常に最新情報をサーチできる技術を確立すべきでしょう。
こうすることで恫喝されることなく、中国の盲目的な欲望を未然に抑制することができるのです。とても安全でいい考えでしょう?
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/357-dd98c4a2

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。