スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発即ゼロ」無責任発言のブーメラン 廃炉作業を始めて分かったドジ

2013-11-24 Sun : 原発
     4号機廃炉
           4号機廃炉に向かう一歩が始まった

河野談話、村山談話に見るように過去の総理経験者らの発言が、いまだに日本に悪影響を及ぼしています。
小泉元首相の言動も日本の将来に禍根を残すと思います。
「処分場が見つからないのに再稼働を言うのは無責任だ」
この言葉を粉々に叩きのめしたいと思います。

正式に廃炉が決まっていた東海原発では、処分場が決まらないため、廃炉が先送りになりましたね。
処分場が見つからないと知っていて、稼働中の原子炉を止めて廃炉にする方がよっぽど無責任です。

福島第一原発4号機の使用済み核燃料の取り出し作業を、民放が一斉に取り上げたのでビデオで見てみました。
予備タンク内にある1533体の燃料棒のうち22体を、キャスクに入れからクレーンで持ち上げて32メートル下のトラックに積む作業を、ああでもないこうでもないと言っていました。テレビ朝日、フジテレビ、TBSテレビを見たのですがどの局も不安だ、危険だといいつつもやらないといけないので作業員の方は頑張ってもらいたい、と言っています。
以下箇条書き
・どんだけ時間がかかるんだということも気になります。一体を取り出すのにどれだけ慎重な作業が必要か、何人の方が何人の人が必要なのか疑問が湧いてきます・
・作業員6人ということなんですが、どこにいるんですか、どこに人手が必要なんですか。
・燃料棒を入れたキャスクを32メートルからから落下させることについて東電は答えられなかったですよね。
・4号機に対しメルトダウンした1、2,3号機の作業はこの比じゃない。
・それでもやらなきゃいけないという賭けの部分があると思うんですけど、時間もないくらい差し迫っているとしたら、作業員の方ほんとに大変だと思いますけど頑張ってもらいたいと思いますねー。
・工程を見ますとほんとに長い道のりなんですよ。今ようやく第2期に入ったところです。
・自分が怖いなと思ったのは、感覚が麻痺してるなと思ったんですよ。この綱渡りの作業は2050年まで続いていく。何かあった場合に作業員の方が逃げ出すという解決策しかない、そういう形でどんどん感覚が麻痺していく。
・さらに忘れてはならない難題がもう一つあります。これは先ほども申し上げました通り最終処分場が無いということなんですね。最終的に使用済みの燃料をどうするかまったく決まっていないですね。


みなさんたくさんのコメンテーターがさえずっていますが、一体この作業に反対しているのか賛成しているのかですよ。最後の項目で「さらに忘れてはならない難題は、最終処分場が無いということなんですね」とあります。
これらの朝鮮放送局は何でもかんでも原発には反対したいのでしょう。その調子で東電の作業も難癖をつけたいのでしょう。しかしこの作業は廃炉に向けた作業だということを朝鮮放送局の職員も薄らぼんやりした頭で気付いたのでしょうね。なので真っ向からは反対できないのです。言っていることが全部自家撞着しているんですよ。

私は日本のために原発は必要だと思いますが、今回は除外しておきます。
結論を言えば、原発を推進するにしても原発を止めるにしても最終処分場は必要だと、ということです。
少なくとも原発推進派は、最終処分場確保に努力はしている。
小泉元首相が「処分場が無いのに再稼働は無責任だ」と言いましたが処分場が無いのに「原発即ゼロ」を言う方がよっぽど無責任じゃないか。
小泉元首相が政治的な発言をしたいなら、「処分場が無い」などと言わずに処分場の確保に協力すべきではないか。
元首相に送る言葉はこれだ!
処分場が無いのに原発即ゼロ?バカも休み休み言え!!

小泉氏は自家撞着した言動で老醜をさらさず静かにしていた方がいい、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/295-15ed173b

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。