スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左翼普天間県外移設のわけが見えてきた

2013-03-30 Sat : 沖縄米軍基地
政府が名護市辺野古へ埋め立て申請をしたことについて、名護市の稲嶺市長は、「県民の目を欺くかのような不意打ちの形で申請が提出されたことに憤りしか感じない」

仲井真知事は、「辺野古への移設は、事実上無理ですよ、不可能ですよとずっと申し上げてきた」と言って、不快感を示した。

日米合意ができていて、総理がその気になっていて国民が中国の脅威を防ぎたいと思っているのでまるっきり可能なんですが。

知事「県内すべての41市町村が反対と言っている」

地元辺野古区の住民と漁業関係者は賛成です。いい年して嘘を言っちゃいけませんね。
近頃仲井真知事の目付きが悪くなった。インタビューを受けるときのおどおどキョロキョロしたような動き、水中メガネ越しに人を小馬鹿にしたような態度。
馬面に狸の目を付けたような恰好は見たくない。

普天間飛行場を辺野古へ移設するのに伴い、ほかの5基地、牧補給地区・那覇軍港・キャンプ桑江・キャンプ瑞慶覧・第1タンクファーム9年以内に返還されるようです。

普天間飛行場が辺野古へ移設されて変わること。
① 普天間基地の危険が除去され、県民の希望通り土地が返還される。
② 新しい辺野古飛行場が完成されると、米軍基地の活用が充分にされ沖縄での防衛力が強化される。

地元辺野古地区や地元漁業共同組合の住民ははっきり賛成している。

地元がOKしているのに、狸目知事や名護市長が実現がよっぽど難しい外県外移設をわざわざ要求するのはなぜか、話がおかしくない?

答えが見えてきましたね。この人達は普天間を移設してもらいたくないのでしょう。
ずーっと危険と負担を背負っている沖縄県民という状態が望みなのでしょう。

普天間飛行場が返還、移設されては困る害虫
① 負担を口実に奪っていた甘い汁が吸えなくなるので都合が悪い。
② 新しい基地ができ防衛力を強化されると、日本弱体化を狙う中国や朝鮮の出張害虫には都合が悪い。

こんな理由で実現が難しい県外移設を要求していたのでしょう。
狸目や左翼害虫にだまされてはダメだ。
沖縄にオスプレイを配備、防衛力強化し中国の危険な野望を打ち砕いておくのが一番安全なのです。


ネットで見ると2月21日、「普天間飛行場辺野古移設名護市市民大会」が移設に賛成の立場から行われたようです。
マスコミは、狸目知事や名護左翼市長の「県内移設は不可能だ、まかりならん」だの、大規模な県内移設反対デモ(11万人実際は1万2000人位)を頻繁に報道するが、賛成のデモや意見など全く報道しない。

       我那覇まさ子(画像)

              演説する我那覇まさ子さん     

 この市民大会は、沖縄にある真実の声を見せています。
我那覇(がなは)まさ子さんの力強いメッセージに、会場から強く同意する声が聞こえてきます。「アメリカ兵の犯罪は沖縄県民の10分の1なのに、マスコミは大きく取り上げる」「一方中国の侵略活動はできるだけ小さくしている」
ユーチューブはえらいですね。反日がいくら嘘をついても動かぬ証拠が残るんですから。

 よくわからないのですが、政府は3月22日、沖縄県に埋め立て申請をしました。その後この書類が通る、通らないは知事の胸先三寸に掛かっている、ということなのでしょうか。
この辺がとても問題なんですよ。国家の国防上の問題が、地方の一首長の思惑一つで決まることが。
橋本徹大阪市長が、地方分権を重視しているが、地方が中央より力を持つということは、こういうことなんですよ。
国の安全を左右するような重大なことに、首長、くびちょうと読むのだそうですが、最終的にその首長の考えによって決まるということなのです。
 国の安全に係ることもそうですが、国の経済を左右するエネルギーのことでもそうです。現実に原発による電気で日常をやってきているのに、先の衆議院選挙で、原発を廃止だと意気込んでいた滋賀県知事未来の党の嘉田知事の言うとおりにしてすれば、日本は経済が止まってしまいます。

 地方分権はダメだ。中央政府が強い力を持って国内の経済を活性化させ、侵略国には断固とした鉄槌を打ち下ろすべきです。
 政府と国民は、反日勢力の言動に惑わされずに沖縄を守っていただきたいですね。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/243-3b72b4ec

GanRbXqXOOgUhK

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。