スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの国が味方でどこが敵が

2006-03-13 Mon : 未分類
 沖縄米軍基地、牛肉輸入問題でギクシャクしている日米です。アメリカは過去に広島、長崎に原爆を落とし日本にひどいことをしましたが、いまはその人たちは死んじゃっているか年寄りになっています。そんな人を責めてもしょうがないでしょう。
 戦後60年日本とアメリカは経済、文化と交流を築き上げてきました。その揺るぎがない実績をみれば信頼にたると言えるんじゃないですか。

 日本での中国人による数々の信じられない身勝手な犯行がニュースになります。人口からしたらわずかでしょうに特に中国人の犯罪が目立ちます。日本にきた中国人というよりも本国の中国人全体のモラルが低下していると考えられます。
 
 人口が13億人以上中国では、人が多すぎて減ったほうがいいと考えていますから殺人があっていなくなってもきのどくだかわいそうだというより食い扶持が減って良好だと考える習慣になっています。
 中国の将軍は「人口問題を解決するに、核が最も有効にして手っ取り早い方法だあらゆる力を集中して核兵器を増やし、10年以内に地球人口の半分以上を消滅できるようにしなければならない」と言っています。
 江沢民依頼子供に反日教育をやってきて、第一世代が今30代になりサッカー場でまた先の大使館に石を投げたり十分その成果が出ています
 
 なにより中国人は反日教育の成果か、中華思想のためか日本に敵意をもっています。これが数年で解消するような動きは今のところありません。

 人口が爆発しそうな中国はいつ農民暴動が起こってもおかしくない状況であり、反日教育で洗脳されしまった若い中国人は当分の間日本を敵だと見ています。モラルの低下で凶暴化した民人と悪意をもった中国人。気をつけなければいけませんね。
 
 不完全な憲法、人命尊重のイメージでひ弱になってしまった日本人はアメリカ軍による保護が必要です。沖縄の米軍基地は万全の体制でアメリカ軍を迎えたいと思います。
 民主主義で根本的な価値観を一緒にするアメリカは、同盟国として日本を守ってくれます。ほかに守ってくれる国ありますかね。
 日本は工業国、アメリカは農業国として住み分けています。アメリカの友人が牛肉を買ってくれとお願いにきている、それを玄関払いにするのはどうでしょうか。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/23-ab10dc9d

農業国なら、核兵器に始まる兵器は農業で作られるのですか?

京都議定書を知っているのですか?
アメリカは世界一のCO2排出国ですよ。
1番車の多い国ですよ。
CO2は農業では排出されないのですよ。

日本が輸入を拒否しているわけでなないんですよ。
アメリカが日本の基準に足りる検査を実施すれば、輸入は再開される。

何故、アメリカが日本の基準に合った検査をしないのか、あなたは知っているのですか?知っているなら公開してください。

まずは、アメリカと言う国がどんな考えで、どんな政策をしているか、過去も今も知る必要があります。
昔の人がやった戦争ではありません。
戦争をした人を責めてもいない。

彼らの根本にある、人種偏見による各種政策が、過去も今も変わらずに現存して、世界の国と対峙している事を、あなたは知る必要がある。

中国や韓国については小さな問題なんです。
無視していればそれで良いのです。
しかし、アメリカとはそうは行きません。

私の素人ように人間よりも、ビジネスや留学などで、アメリカと深い関わりを持っている日本の一般人は、結構アメリカに対してキツイ味方をしている事を認識して、情報発信をして下さい。

本当にアメリカは守ってくれるのでしょうか???
ただ単に、自分の利益の為に日本を利用しまくっているようにしか見えないのですが。。。悲しいかな。。。
神新二

アメリカは守りません。
沖縄を含めた日本の基地は、もともとソ連を含めた共産主義への最前線の基地の役割があるだけ。

自分達の基地を守る意味では、日本を守ることにはなるけど、それ以外で、アメリカ国民を守るように、日本を守ることはありません。

今日の海兵隊移転負担費の件が物語っています。

この国は「正義」と「自由」を声高に言うけど、それはあくまでも自国の利益が守られる時のみ発する言葉であり、自国の利益が損なわれる時は、本当に自由に、いやそれは世界からすれば、自分勝手に振舞うのです。

歴史は物語り、今も変わりません。

神さんのコメントに対して・・・

 お二人のコメント、関心を持って頂き誠にありがとうございます。
 
有事にアメリカが日本を本当に守ってくれるのかといういい問題で、アメリカは日本を守らないと結論付ける根拠は何でしょうか。経済なんかの条約ではないまさに戦争を想定しての日米安保同盟ではないでしょうか。
 それでもアメリカはいざというときアメリカ人の犠牲を払ってまで日本人を救うかと考えなければなりませんが、最近までアメリカ人の犠牲を払ってまで他国で戦争をしていましたね。
アフガニスタンとイラクです。同盟してない国までいって軍事行動していますね。
 日本が他国から軍事的攻撃を受けた場合、アメリカがその行動力を発揮するとは考えられませんか。

 アメリカが親切で日本を助けるわけではありません。気分しだいの同盟であったらそれこそすぐ壊れてしまいます。
日米の利害が一致しているから長続きするんですね。

 戦後の日本をアメリカがある意味ささえたのもソ連や中国の共産主義に対抗するために日本を利用したんですね。
日本のためになっているのならそれでいいじゃないですか。

 アメリカのいい面もありますので受け入れて、中国など悪い面、現実的脅威もみていく必要があると思います。

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。