スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオ映像を公開する意味がますます強まった

2010-11-06 Sat : 中国問題
漁船衝突の映像がインターネット上に流れた事件でことの本質がなぜか中国の脅威から機密文書の管理の問題にシフトしてしまっています。
どうして映像が流失したのか調べるのはもちろん大事なことだが問題の本質を忘れてしまってはだめでしょう。
 そもそもなんで日中の問題で大騒ぎをしているのかといえば中国漁船が海上保安庁の船に故意にぶつけてきたからでしょう。中国は謝るどころか領有権を主張し船長を解放した後日本に謝罪と賠償を求めてきた。これは国家の存立に関わる事項なので政府は毅然とした態度で中国を非難しなければならないところです。

 政府が取り寄せた映像を公開することは慎重にすべきだと言って出し渋っていた映像。露骨に領有権を主張し日本に「さらなる行動をとる」と恫喝してきた恐ろしい中国の本質を知った今は、漁船が故意に衝突させている映像をみても「ああ、こんなものか」という感じでたいしたことはなかったのです。こんなものを後生大事に人に見せまいとしていた政府は幼稚ではないか。

 しかしこのなんてことのない映像を公開しておくことは非常に非常に重要だった。
中国外務省はこう言っています
「録画と言われるものは真相を変えることも、日本側の行為の不法性を覆い隠すこともできない。日本側が釣魚島海域で中国漁船を妨害、駆逐,包囲しようとしたことで衝突が起きた。日本側のこうした行為自体が不法である」動かしがたい映像がはっきり世界に流れてもこれですよ。嘘と恫喝の国なんですよ。
中国国民には嘘を言い続け日本などには恫喝する。
公開されてしまった段階でもこんなに嘘をつくんですから映像が伏せられていたらどれほど中国に都合よく日本に不利益になるようにされてしまうか想像にかたくないです。ますます映像を公開しておく意味が強まった。

 ユーチューブなど映像音声の情報をありのまま発信できるツールが出てありがたい。
これがために嘘をついてもすぐばれる。小沢のような嘘つきでもね。
ユーチューブがもっと前にあったら日本は「南京大虐殺を行った国だ」などと言われなかったでしょうよ。逆に「通州事件」や「文化大革命」大量で凄惨な人殺しがあったことで中国は批判を受けることでしょう。

 ですから将来の日本の国益のためにも絶対に公開しておく必要がある。
中国が文句をつけてきたらこの映像のことをあげて「ここに証拠があるじゃないか」と言えます。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/199-60758dce

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。