スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温家宝首相 顔の変化から教訓を引き出す

2010-10-15 Fri : 中国問題
「不法拘束中の中国人船長を即時・無条件で釈放することを日本側に求める」
「釈放しなければ、中国はさらなる対抗措置を取る
 用意がある。その結果についてすべての責任は日本側が負わなければならない」
中国国内のアンケートでは何億という中国人の98%が軍艦を出してまで尖閣諸島を確保すべきだという。
こんな中国の海軍が尖閣諸島に攻めてくるかもしれないという差し迫った状況の中で日本を恫喝した中心人物が温家宝首相だったのです。その顔は真に迫っていて日本がぐずぐず逆らっていたらやるぞという顔だった。

私のイメージの中では温家宝首相というとジャージーを着てニコニコしている笑顔を思い出してしまいます。
そこでネットで調べてみたらありました。今年5月末に日本に来ていたんですね。

 日中友好7団体主催の夕食会場で「姿を見せた温首相を、日中両国の各界の約400人が盛大な拍手で歓迎。温首相は、満面の笑顔で拳を包みこむポーズをし、感謝の気持ちを表した。続いて壇上に上がった温首相は「心をこめて話したい」と原稿なしでスピーチを始めた。温首相は「相互信頼」ということばを何度も繰り返し発言。「両国の友好発展のために最も重要」「強固な戦略的互恵関係の構築につながる」など、日中の相互信頼が将来の鍵となることを強調した。」都内の代々木公園で「ジョギングしながら、 すれ違う市民らに気さくに声をかけたり、一緒に太極拳に興じたほか、 近くの上智大学のグラウンドで野球部員とキャッチボールなどをして交流、 日中友好ムードを演出した。黒いジャージーの上下に白いスニーカー姿の温首相は、 すれ違う市民らに手を挙げ笑顔であいさつしながら快走した。 途中で出会った男女のグループには「上海万博に来てください」とアピール。 「一緒に体操しましょう」と女性に声をかけると、4、5人で太極拳を披露。 ラジオ体操にも加わった。」
代々木公園だったんですね。黒いジャージと白いスニーカーだったんですね。ニュースの映像を見て大国の首相らしからぬ気さくな好々爺という印象を持ちました。

 それがどうでしょう、日本側が船長の拘留を延長すると発表した途端
顔つきが変わった。
好々爺から恫喝者の顔に豹変したのです。

 温家宝の顔の豹変ぶりをみるとスティーブン・スティルバーグ監督のSF映画人間の手によって作り出された恐竜の島「ジェラシックパーク」を思い出してしまいます。
 
ジープで逃走した隊員が深い山中でクラッシュしてしまった。ワイヤーを木に掛けウインチで脱出しようと試みていると小型の恐竜が目の前に現れた。首をかしげて怪訝そうにこちらをみている様子はなんともかわいらしいのである。脱出に懸命になっている隊員はそんな恐竜に「うろうろしているとひき殺してしまうからな」と毒ついた。
そのとき小恐竜の顔つきが変わった。かわいらしいと思っていた口が大きく開くと意外にも鋭く残忍な牙がたくさん並んでいたのだ。「ギリギリギリ」と奇妙な声を発すると口から粘液を吐き出し隊員の顔に大量に吹きかけた。粘液は隊員の顔を溶かし始めた。「ギヤー!」隊員の体が恐竜の鋭い歯で噛み砕かれる声が森に響いた。
 温家宝恐竜の変化は以上のようでした。

その後レアアース輸出禁止。フジタ社員拘束と続き日本政府は怖気づいてこそこそと夜に船長を解放したのです。船長は中国では英雄扱いされたのはニュースで皆さんも知っていることでしょう。
 船長を解放したのにかかわらず中国政府は日本に「謝罪と賠償を求める」とさらに追い討ちをかけてきたのです。

 9月23日時点では国連総会で菅首相と会おうとせず「領土問題で屈服も妥協もしない」と強気の姿勢演説をしていました。牙を見せた怖い顔ですね。
ところが10月4日のブリュッセルで行われたASEMアジア欧州会議の頃はもう中国側は態度を変えてきています。菅首相と温家宝首相が廊下で出会った際尖閣の問題で話し合ったというのです。
これは中国側が「更なる制裁を」「謝罪と賠償を求める」と言ってきた強硬姿勢からするとあきらかな軟化ですよね。10日に中国政府が直前に拒否していた「日本の大学生ら1000人の上海万博訪問受け入れを発表した」その理由を「4日の菅・温家宝非公式会談で両国関係の修復で一致した」ことをあげていることから分かります。

 ASEMでの各国首脳をとらえた映像で温家宝首相の“顔”はどうだったのでしょうか。
怒っているような怒っていないような笑っているような笑っていないような。どっちとも取れる顔でした。もしカエルが笑っていたら温家宝のような顔になるでしょう。薄っぺらい口は爬虫類の口を連想させるので。カメレオンというのがぴったりなのではないでしょうか。
威圧にでも懐柔にでもいつでも変えられるってわけです。

温家宝の顔がどう変化したかというと
いつも笑顔の好々爺の顔
    ↓
牙をむいた恐竜の顔
    ↓
恫喝・懐柔どちらにもなるカメレオンの顔

日本国民は忘れないようにしよう。やさしそうな温家宝の顔が露骨で恥知らずな恫喝者の顔に変化したことを。
「尖閣諸島は中国の領土だ」と言っている限り温家宝に代々木公園でジョギングなんかさせはしない。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/197-3f453ff4

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。