スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党はほわほわだ

2006-02-27 Mon : 時事
ホリエモンが武部幹事長の次男に送ったというガセネタメール問題で、国民の会議室である国会をつまらない話に使った永田議員と民主党は謝罪すべきですね。
 古い話まで知らないですがここんところ民主党が国会でやっている事はほとんどガセネタに近いつまらないことです。
この前の安部官房長官の案晋会。これも民主党の名前は忘れてしまいましたが若手議員が安部長官を呼んで高調子でヒューザーの小嶋社長との関係を関連付けようとしていましたね。実際は何の関係もなくただ安部さんの大学時代の同級生がかってに作った会であり安部さんは出席したこともなかったのでしたね。安部さんが「これこそ捏造といいたい」と非難したにもかかわらずその後ぱったり議題にのぼりもしなければ謝罪もしていません。
 元国土庁長官の伊藤公介議員も国会に呼ばれ昨年小嶋社長を国土庁の幹部に引き合わせたという黒い関係を追及されています。そうして長官と小嶋社長がマンションの鉄筋の数を減らして震度5でも倒れるマンションを建てようと密約していたとでもいうのでしょうか。

 マンション偽装問題で民主党がいくら政府の責任を追及するようなジェスチャーをしても結局はなにも政府が悪いということにはならないでしょう。建築の審査は民間がやったことであり最終的に国にあるにしてもわざと悪意で鉄筋の少ないものを認めたわけではない。だから責任の追及しようがありません。民主党がやっていることは、なんとか偽装問題を国の責任とひいては政府と結びつけてを不利なイメージをつくっているだけなんです。
 ライブドア問題しかり、これも武部さんがホリエモンを自分の息子だと言ったとか似顔絵かいたとかライブドアの本質を見抜けなかったとかいろいろ言っていますが、去年の衆議院の選挙のときはホリエモンは犯罪者ではないですから。立候補の要件を満たしていない人以外は誰でも立候補できるのが民主主義ですから。
 選挙で自民党を応援してくれる人なら誰でも歓迎して受け入れるのが普通でしょう。その時は犯罪者ではなかったですから。もし自民党として立候補して当選し今回のように逮捕されたのならば国会議員をやめなければならないのは当然のことになります。なんの矛盾はありません。
 よく小泉政権がホリエモンの本質を見抜けなかったとか言うけれどもそれは欲というもので1から10まで先を見抜けるものではありません。それだったら郵政民営化の衆議院選挙で自民党が圧勝すると公然と発言すればよかったでしょう。

 姉歯元建築士が国会ではっきり私が計算をごまかしました悪うございましたといっているのにそこの所の責任はどっかにほうっておかれて問題を四点セットじゃないけれどあっちへ行ったりこっちへいったり、だから民主党は住民のことも国民の税金のことも考えずにただただ自民党を悪いイメージつくりしようとしているとしか思えません。
 総研の名前は忘れましたが何とか部長が木村建設に鉄筋の数を減らすよう指示したコピーを若手の民主党議員が手に入れて国会で総研の社長を追及している図がありましたけど、今度のメールの騒ぎも元はと言えばそれじゃないですかね。永田議員、それらしきコピーを見ちゃったもんだから単純な頭に血が上ってガセネタを信じた。
  
 前原代表を応援していたのにな。一両日中に永田議員と執行部が何らかの謝罪をするようですがこれも「楽しみにしていてください」ですか。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/18-3540bb8a

写真  荒川選手、金メダル獲得後に日の丸掲げて滑っているシーン
http://kiken.jp/sports/sports/log/20060225021046/img/img2187.jpg
 それを映さず、リプレイと壁を長々と映すNHK  長いけど見てください
http://f.flvmaker.com/mc.php?id=hHrFdggS2olEKcM8_4XfDOR8jt7q4yj7p4Fo.D_ATHLWL_bOqEQGqpg7dI/zcfk/JpicYSMkmulicYtQlFQs
テロリストの資金源
http://tool-4.net/?id=pachicyu
ここのコメントにも書いてありました
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/02/post_bf43.html#comments
広めてください (ネットしない人にも)

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。