スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震問題は社会の混乱に向かっている

2006-02-11 Sat : 耐震問題
 福岡で非姉歯の偽装が見つかったとか、熊本では木村建設の物件がが強度不足であるとかまた8つの自治体で審査上で問題があったなどとマスコミが騒いでいます。マスコミはわれわれ国民に有料あるいは無料で情報を提供してくれる大切なものであることは承知しているが、反面偏ったイメージを国民に植え付けてしまうことも事実だと思います。

 マスコミは騒ぎが大きければ大きいほど存在意味は増大するし、儲かってくる仕組みになっています。
 だからわれわれはその点を忘れずに見ていかないといけない。
 
 最初の発端は、早い話が姉歯の関係した建物が震度5の地震に耐えられない。そこで生命に重大な危険があるということで国土省を巻き込んだ問題に発展したんです。
 その点がなかったらマンションの取り壊しのことから出てくる様々な問題は出なかった。

 ところがマスコミはおもしろがって野党は自民党に悪いイメージを植え付けようとしてか、どんどん新しい小さな問題を探し出してきて騒いでいます。

 国会質問だ裁判だといろいろやっても姉歯は完全に有罪ですがそれ以外小嶋もイーホームズも木村も自治体も国土省も有罪にはならないでしょう。
姉歯でさえ書類を変えただけで一人も殺していないしたいした罰はうけないでしょう。

 住民のものであるマンションを強度が不足しているからと追い出してとりこわいことができるとは、どうも今の虚弱な日本全体の体質とはなじまないし本当かなという感じです。

 でも結局何かやるとなるとすべて行き着くところがが国民の税金であがなうことになつちゃうんですよ。そうして小さな政府にして支出を抑えよう音してもこんなことをやっていては逆にどんどんでかい政府、税金のかかる政府になってしまう。

 ここのところにきていろいろ関連したような問題点が出てきたのはわざわざ頼みもしないのにちっちゃなニュースを探しているからなのです。
強度不測とか審査上のミスとか建築後の違法改築とか昔からあったんじゃないんですかね。
 そのとき努力して探さないでいまにからめて騒いでいるんですね。

 違法建築をどんどん拡大して細かいところまで持っていくと結局われわれの身内の違法建築まで検挙しなければならなくなってきます。
そんな昔にまで遡って取り調べて我が家を取り壊しますか。
スポンサーサイト

トラックバック

http://hoente.blog46.fc2.com/tb.php/10-b0ec8efe

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。