スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ戦乱時代が始まった

2014-11-26 Wed : ブログ
つるぎ

私たちはブログ戦乱時代に突入したのだと思います。
前に安倍内閣というより安倍晋三氏を支持したブロガーは、あの時から2つに分かれることになったと思います。
前というのは、第一次安倍内閣か第二次安倍内閣の初期大胆な緩和策を実施した頃のことです。あの時というのは11月18日午後7時過ぎ安倍総理が消費税10パーセント引き上げを1年半延期するもその時は、景気条項を撤廃し確実に引き上げを実施する、と明言した時です。
これによってブロガーは、安倍政権への対応に否応なく厳しい選択を突きつけられることになったのです。

安倍総理自身が「GDP速報が発表されたが成長軌道には戻っていない。個人消費が2パーセント減少した。3パーセントの税率アップが個人消費を押し下げる大きな重しとなっている。消費税8パーセンンと消費税率を引き上げることによって景気が腰折れして税収が増えないということになっては、元も子もありません」と言っている。
こんなに正直に景気が悪くなった原因をはっきり言っているんだったら、8パーセントアップがまずかったからこれを止めましょうというのがノーマルな判断じゃないの?
ところが10パーセント引き上げ延期はいいとして、景気判断条項を撤廃して1年半後の2017年10月には必ず10パーセントに引き上げると明言しました。これなに?
その時点でメチャクチャ景気良くて消費税上げても何の影響もないよということは断定できないですよね。そんな不確かなことなのに総理は勝手に決めてしまいました。
軍事力を行使できるわけでもない日本は経済力が胆なのですね。総理は若者が失業しても中共に恫喝されてもおれ知らないよ、と言っているようなものです。

安倍さんを支持してきたブロガーはふたつに分かれていくと思います。
① 安倍政権に疑問を持つが反日野党に政権を奪われたくないと思い、あえて表だった批判を抑制しているグループ。
② 反日野党の危険は重々承知だが、間違った安倍政策で日本が取り返しのつかないダメージを受けると思い、手厳しい批判をするグループ。


私は②のグループに入っていると思います。安倍さんが消費税8パーセントアップは間違っていました、と素直に謝らないから解散総選挙などというとんでもない金のかかるくだらない博打をしなければならなくなりました。

*途中省略。
次世代の党と太陽の党は一緒になった方がいいかもしれませんね。
クリックお願いします。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

アベノミクスが失敗した安倍政権と烏合の衆野党

2014-11-20 Thu : 選挙
経済財政諮問会議 
経済財政諮問会議。短時間で日本の将来が決められる。
経済を豊かにする政策を科学的に研究できませんかね?
近い未来のお話し。自民公明が過半数を取り、第3次安倍内閣が発足した。2015年1月の臨時国会で激しい論戦が繰り広げられた。
民主党枝野「あの、総理、アベノミクスミックス失敗したってことでいいんですよね?」
安倍総理「そんなことないと思うよ。ボーナスは伸びてるらしいし」
枝野「でも、失敗したんでしょ?」
安倍「一部ね、消費税とか」
枝野「やっぱり失敗したんじゃん?」
安倍「失敗失敗って言わないでくれるう」
枝野「失敗は失敗だ」
安倍「あんたに言われたくない」
枝野「GDP1.6パーセント落ち!」
安倍「それ言うか?」
枝野「当たり前でしょ」
安倍「んなら、な~も言えね」
枝野「そら見ろ。自民党傲慢政治のせいですね」
安倍「民主党に言われたくないね。特にあんたとか前原とか」
枝野「アベノミクス失敗したと言えよ」
安倍「ざ~ん念でした、言いません。国民は安倍内閣を支持しました。第3次だぜ、どよ?」
枝野「空威張りしてるー。・・・でもやっぱりアベノミクス失敗したんでしょ?」
安倍「いちいちうるさいんだよ、さっきから。あんたの党にアイデアある?」
枝野「な~んもね。わが党の精神は反対のことを言え、これが党是だもんね。何でもかんでも反対、ハンターイ!」
安倍「いっそのことマニフェストに何でもかんでも反対党って書いたら。お帰り、まわれー右!」


何でも反対の大方の野党に味方する気は毛頭ありませんが、明らかにアベノミクスは失敗しましたね。
安倍総理自身「個人消費が落ち込んだ。原因は4月の消費税8パーセント引き上げだ」と言ます。
デフレ脱却給料アップ、消費増加をもくろんだのに結果が出なかったわけですから。
消費税アップは間違っていたのだから国民に謝罪して欲しかった。政策を見直し国民を豊かにする政策を打ち出してもらいたかった。なぜ謝罪しなければいけないかというと、これまでやってきた政策は正しかったのだ、ということになります。すると間違った政策をそのまま継続することになります。それは後々まで国民に大きな不利益をもたらすことになります。

その一つ、10パーセントに引き上げを1年半延期したことはいいが、景気条項を削除しその時には必ず引き上げると明言してしまった。1年半時点で、消費税を上げても経済が耐えられるようになっているかなんてことの保証なんてものはありません。安倍総理自身が8パーセントに上げたためデフレ脱却が危うくなったと言っています。10パーセントに引き上げたときも同じような危険な情勢になるのは分かり切っていることなのです。
総理自らが将来に向けてもう日本経済をつまずかせる布石を強いているのです。これも正直に失敗を認めず言い訳やはったりを言い、結果日本の力を弱くするのです。

もう言っちゃったのだから戻れないのでしょうが、なさけないことにこんな状況でも安倍政権を支持せざるをえないとはね。コンビニが一つじゃ変えられません。
頭がまともな次世代の党や田母神新党にがんばってもらいたいですね。早く大きくなあれ。
クリックお願いします。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ




中国が環境問題に取り組む?悪い冗談でしょ。

2014-11-13 Thu : 中国問題
中国首脳は、オバマ大統領らと10時間も議論したそうです。一番大きな議題は、環境問題でした。
習近平 「二酸化炭素排出を減少に転じさせる時期の目標を、2,030年までのできるだけ早い時期とする」と公式発表した。
減少に転じさせる時期の目標だからね。すぐ減らすともどれだけ減らすとも言ってないよ。何もしないということです。当面バカスカガスを出しまくるでしょうね。
APECブルー 
公式発表する習近平主席。
赤が好きな中共が各国首脳に着せたチャイナ服はすべてブルー。この絵の背景も空を思わせるブルー。
すべてが見せかけだね。会議が終わればすぐチャイナグレーが戻ってくる。W

習近平 「今の北京の青空は“APECブルー”だ。会議が終われば消える」と言われたが、絶えず努力すればこのブルーが保てると信じている
と発言した。
習近平はよっぽど空が気になっていたようで、アメリカ人から突っ込まれる前に言っちゃったね。Pu~
アメリカとの会議をさっさとやらないと、スモッグがお帰りあそばすからね。急げ―!PuPu~
地球温暖化を防ぐために二酸化炭素を減らすだ?恫喝国家中国には全然似合いません。

しかし中国には背に腹は変えられないわけがありました。
近くの建物さえ見えないくらいの大気汚染に、先進国から来ていた技術者が病気になったらたいへんとスタコラ国に帰ってしまった。労働力はあっても先進国の技術者がいなければ工場はやっていけないのだ。

安倍さんはサンゴを取られてもPM2.5を嗅がされても、習近平には一言も言わなかったね。ひとくさりあればちょっと見直していたかも。アンポンタンの石原伸晃と塩崎がテレビ討論の時PM2.5について、日本には技術があるのだから協力できるなんてただで提供するようなことを言っていました。敵に日本側が頭を下げてくれてやることはありません。どうしても中国が技術者を欲しいというなら、目の玉が飛び出すくらい高額な技術料を取ればいい。

中国内の工場生産が半分に減ったようで、そこで日本の投資や技術が必要になった。日本を利用しようと今回安倍首相に接触を謀ったに違いありません。経済界は今回の日中首脳の接触を歓迎しているようですが、得するのは進出した日本の会社と雇われた中国人そしてGDPを増やした中国です。日本国民は何の得にならない。日本国民が豊かになれるのは日本国内で生産が行われた場合だけです。その時だけ日本のGDPは増大します。

そのうち政府や党内に技術提供することは日本にとってもいいことだ、積極的に技術提供しようなどと言いだす親中派が必ず現れます。しかし中国は、核心的利益と呼んでいる尖閣諸島収奪をあきらめたわけではない。日本憎しを教育している南京大虐殺紀念館館は今も平常運転です。中国が経済に力を付けてくれば、いよいよ島を奪いにくるでしょう。
日本国民のするべきことは、中国を民主国家にすることではなくビンボーにすることです。
中国マネーがハリウッドまで乗っ取る?これ面白いと思っているブログなので見てみてね。
こっちの方のクリックも忘れないでね。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ



日本は中国と付き合うリスクを考えよう。経済制裁して貧乏国にしていくべき。

2014-11-11 Tue : 中国問題
安倍・習近平2-1 
外交で下手に出ることは中共の支配者らをますます横暴にする。
安倍首相が習近平に会って握手を求め「お会いできるのは非常にうれしいです」と声をかけたとき、習近平は口をむっつりつむぎ目をそらして明らかに安倍首相を無視する態度を取った。似たようなことが前にありましたね。オバマ大統領が日米韓の仲介したとき安倍首相が微笑みながら朴槿惠に話しかけたとき、朴槿惠はガン無視でした。いつまでこんなことをするのだろう。安倍さんがこんな目にあって気の毒ではあるけれど、それよりトップリーダーがコケにされて日本国民の尊厳を傷つけられました。習近平は朴槿惠やプーチンに会ったときはニコニコ握手してました。習近平は日本の安倍首相がそんなに嫌いなのだろうか?
そうじゃあないでしょう。怖い顔をしていれば見返りがたくさん手に入る、安倍は御しやすいと考えているからでしょう。

習近平 村山談話に触れた後「歴史の問題とは13億人の国民感情の問題だ。歴史を直視して未来へ向かうことが重要だ」と日本を批判した。
安倍首相 「安倍内閣においても歴代内閣の歴史認識の立場を引き継いでいる」と述べた。
歴代内閣の歴史認識を引き継いでいる、というのは首相の歴史認識というのは田中角栄の「中国国民に迷惑をかけました」から始まって村山談話や河野談話のような過去に起きたことはすべて日本が悪かった。これからもずっと謝罪し続けます、ということです。

かなり歴史の真実が明らかになってきているのだから、日本を陥れようとする走狗か洗脳者以外の国民特に20代30代の先入観を持っていない若い世代が納得するはずがないでしょう。

わたしは習近平と会っちゃだめよ、と言ったのにねー。ブログを見てないか。w
安倍政権が河野談話や村山談話を見直さないと言った時点でアウトだったんです。河野談話を見直そうという議論が国会にも昇った時、政権が勇気を出していれば空気はだいぶ違ったものになっていたでしょう。
日本側が譲歩するからますます敵は弱みにつけ込んでくる。日本に何をしても何も反発してこないことを知っているから厚かましい態度を取っているのです。大きな犬を叩けば噛みつかれるかもしないと思って危害を加えないが、子供の犬ならいたずらっ子が足でけったりする。安倍さんはニコニコして外国人の心証を良くする必要はない。日本の国益を考えて行動するべきです。日本は怖い国だと思われなくてはいけない。


安倍さんは中国と日本は第二位、第三位の大国だから協力しあおうみたいなことを言っているけど、大国の意味がわかってるのかなあ。自分の体の大きさが分かっているのかどうか。例はあまりよくないけど北朝鮮のような貧乏国でも国家として他国を恐れさせている。シリアもそうです。何をするかもわからないと思わせているからです。
大国である日本が外国を恐れさせられないわけがない。経済大国である影響力を行使して外国をいくらでも譲歩させられるはずなのです。日本が愚図ればただでは済まないよということをきっちり周りに教えてやらないといけません。安倍さんは調整型というのか外国人の顔色をうかがい過ぎです。日本は象だということを知るべきです。
国益を考えない外交に用はない、と思う方押してね。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ




習近平と会ったらだめよ、だめだめ。

2014-11-10 Mon : 中国問題
習近平 
こんなのと会ったら日本は失うものがあまりにも大きい。
安倍自民党政権は民主党よりマシだろうと思っていたけど、あまり大きな違いはないかもしれません。川内原発を再稼働するようだから一応支持はするけどね。
安倍首相は習近平と会わないのが日本の国益にとってベストなのだと思います。それをかなり譲歩して会っちゃうんだからね。しかも日本はかなり前から水面下で合わせる準備をしていたというのです。
日中で意見の一致を見たとしている項目が4つあるが、そのうちの一つ。
尖閣諸島問題で双方は異なる見解を有していると認識し、対話と協議を通じて不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。
とこうなっています。

危ないことを仕掛けてきているのは中国でしょ。中国が領海に入らなければいいだけの話なのです。双方が異なる見解を有していると認識し。安倍はとうとうやっちゃたね。領土問題は存在しない、と言っていたじゃないか。これで対等と認めてしまった。

過去の教訓 その1
天安門事件で軍が戦車で学生をひき殺したことで世界特に先進国は中国政府を非難した。ところが日本は非難しなかったどころかいち早くが交流をし始めた。そのため仕方なく非難していた先進国も交流を再開した。日本政府は江沢民をわざわざ日本に呼んで天皇陛下に合わせた。その晩餐会で江沢民は陛下を侮辱した。

過去の教訓 その2
北京オリンピックの前中国政府はチベットの僧侶など大量虐殺した。ヨーロッパ先進国などは批判のため首脳のオリンピックに参加を見合わせた。しかし日本は批判しないどころか福田首相がいち早く参加した。長野市を中国の聖火ランナーが走った時、どこから湧いたのか赤い国旗を持っ無数の学生らしき者がバリケードを作った。

そして今回
今香港で学生らが民主的な選挙をやろうと抗議活動をしている。習近平は香港当局と示し合わせて弾圧するつもりだ。
またまた日本政府は、民主化を求める人々に対する中国政府の弾圧に手を貸すのか?
中国政府には日本の首相と会談するのは渡りに船です。日本の権威が利用されているだけだ。西沙諸島などで中国船にいじめられているベトナムやフィリピンなど失望するでしょうね。

肝心の経済はダメ、外交もダメ、拉致被害者も情報なし、靖国に行くなと言われてもサンゴを奪われても文句の一つも言えない、それでも習近平のご機嫌をとる方が大事?これじゃ安倍ちゃん取るところがないね。ひとさまのブログをみたら消費税引き上げをやらない場合は解散総選挙をするとか。なんだか本当っぽいな。国民の給料が上がらなかった失敗を認めたくないので早くも逃げを打ったかな。
いいところを突いたなと思った方はボタンを押してね。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ




小坪しんやブログの不可思議

2014-11-04 Tue : ブログ
小坪
現在週以前の77,610ポイントは何?

11月1日24時頃から政治人気ブログランキングを開いて2時間くらい各ブログなどを見てもう一度トップに戻ってきたところ、ア・レ・レ!!2位の場所に行橋市議会議員 小坪しんやのブログというのが挟まっているじゃないですか。女の子ならウッソー!!!です。夜ランキングを見ると三橋さんのいた位置にダントツの一位として収まっているじゃないですか。たった一日で一位です。これはビックリですね。
私など自慢じゃないけど100番以内に入ったこと一度もありません。たいてい200番台よくて100番台後半です。不思議でしょうがありません。こういうのをごまめの歯ぎしりというのでしょうね。応援クリックしてくれた数少ない方には大変感謝しています。

小坪氏の乱入に対し、ランキング上位の方々はおとなの対応で沈黙しているようなのでごまめじゃなかった私ブログが言っておきます。誰も何も言わずにガン無視じゃかえって小坪さんに失礼でしょう。

はじめに言いましたようにランキング2位への闖入は11月1たちの24時から2日の2時までの短時間に起きました。約2万人の人たちがメールで示し合わせておいて一斉にランキングのバナーをクリックしたのでしょう。
ここでポイントがどんなふうに加点されるのか見てみました。
週間IN・・・・・1週間のうちにランキングバナーがクリックされたときのポイント数。
週間OUT・・・・1週間のうちそのブログを開かれたときのポイント数。
月間IN・・・・・1月の間にランキングバナーがクリックされたときのポイント数。

11月4日14時40分時点の小坪しんやのブログのポイント数。
週刊イン・・・215,050
週間OUT・・・613,270
月間IN・・・・・292,670

基本的に週間INのポイントが4週溜まると月間INのポイント数になるのですね。
(例)ビッグブラザーズブログ
月間IN808,690÷週間IN183,400=4.4
(例)正しい歴史認識ブログ
月間IN627,580÷週間IN141,520=4.4
月間INの日数31÷週間INの日数7=4.4

例を見ていただくと安定したブログは月間INのポイント数を週間INで割った場合、だいたい4.4でした。考えてみると当たり前で4週28日より月31日が3日長いので4ではなく4.4なのだと分かりますね。

小坪しんやのブログ
週間IN・・・215,060
月間IN・・・292,670
月間IN292,670÷週間IN215,060=1.36

小坪氏のポイントがいかに短時間で急激に増加したのかデータでも分かりますね。2万近くのクリックが一斉に行われた、このことは驚きですが不可能な数字ではないと思います。メールは若い世代ならいくらでもできるしブログをクリックすることは自宅のパソコンでも外出先で携帯でもできるわけですから。
私がどうにも分からないのは次のことなんですよ。

月間IN292,670―週間IN215,060=77,610
77,610この数字は現在の週以前に入ったポイント数でしょう?急激にポイントが増加したことを考えると
例1
一週目         0
2週目          0
3週目       77,610
4週目(現在)   215,060

もし現在の週以前に週刊INが77,610あったなら驚きの数字で2週間前にすでにランキング3位になっていなければおかしい。しかしそんな事実は無かった。

77,610÷3=25,870
例2
1週目  25,870
2週目  25,870
3週目  25,870
4週目(現在) 215,060

現在週以前のポイント数77,610を3週で平均すると25,870となる。
しかしこれとて高い数字でランキングでいえば10位くらいになる。ブロガーが気が付かないわけがない。

急激にポイントが増加たのですから週刊INと月間INがほぼ同じくらいなら納得です。しかし現在週以前の77,610という数字は何なんでしょうか、私ブログでは分かりませんでした。頭を悩ませたけど考えるのを止めました。

別にケチをつけるわけではないですけど、小坪ブログはそのうちランキングは下がると予想しますね。理由は付け焼刃的に同志を動員して一斉クリックするような状態が長続きするはずはありません。しばらく上位を保つがそのうち徐々にランキングは下がるでしょう。以前デビ―夫人が皇室の件で「ブログとやらに参加しました」と言ってトップに踊りでましたがいつの間にか消えていました。
数の力を頼んで知らないところから急に勢力を増すなんて気味悪いです。長野市の聖火リレーで日本にこんなに中国人がいたのと思われるくらい多数の中国人が国旗を手に立ち並び中国人聖火ランナーに暴行をくわえる日本人を実力で阻止していました。どこからか急に湧いてくるのは気味悪いです。小坪さん本人が「ランキングは実力じゃない」と認めているように一時的に動員されたクリックによるランキングは、いずれメッキがはがれて化けの皮がはがれると思いますが。とっぷりケチを付けていました。W

小坪氏がほんとの実力では先輩にかなわないとしてもこれはいいですね。
外国人世帯

こんなデータをいただければ日本をおとしめようとしている寄生虫に殺虫剤をぶちまけてやることができます。今後を見守りたいと思います。
私も上位に踊りたいので応援クリックお願いします。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ




交渉は北朝鮮に舐められないようにしてもらいたいものだ。

2014-11-01 Sat : 拉致問題
ソデハ調査委員長3-1
日本側は「日本にとって拉致問題は最重要課題だ」と伝えたようだが、北朝鮮はそれでは高く売ってやろうと足元をみてくる。そんなことも分からないのかねえ。
拉致被害者家族会の飯塚繁雄さんは
「反応がまったくわからない。それが心配だ」と言っていました。待ちに待ち望んでいた北朝鮮との交渉。家族らの心情がよく現れています。交渉の結果、具体的な安否情報はなかった。

政府は、拉致被害者をどう取り戻すかのスケジュールは無いんじゃないの。
拉致という犯罪を行われたのだから、当然関係者を処罰しなければならないでしょう。神のように崇めさせられている金正恩将軍様をしょっ引くわけにはいかないでしょうから、誰かスケープゴートを死刑にしないといけない。その辺政府はどう考えているのでしょうかね。

北朝鮮は金を要求してくるのでしょうが、被害者の日本が誘拐された人を取り戻すのに金をくれるなんて話トンチンカンですよ。しかし難しい状況の中で被害者を取り返さないといけない。拉致の協議が前進するとするならば、残念ながらそこが現実の世界の妥協で国民の血税を使わなければならないということもあるでしょう。

私が心配しているのは、金をくれてやる理由に安倍政権が過去に日本が半島を侵略したことにしてその賠償金としてはらうことです。野党も朝日などのマスコミも何とか日本を悪者にしようとしています。この安倍さんの河野談話の扱いなどみてもやりかねないですね。
日本に冤罪をかぶせることで税金を引き出すのではなく「拉致被害者を取り戻すのに最大の努力をした。国民の皆様の理解と同意を求めたい」と素直に言ってもらいたいものです。

クリックお願いします。(^^)v
人気ブログランキングへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。