スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の党 西村眞悟さん田母神俊雄さんがんばってね!!

2014-09-30 Tue : 政治家
田母神俊雄氏と西村眞悟氏が新党“太陽の党”を立ち上げた。

田母神氏は都議選で惜しくも韓国マンセーニヤット舛添に敗れたが、意外にも60代よりも20代に人気がありました。
田母神俊雄氏の見解
靖国神社参拝 参拝する
脱原発      原発利用する
外国人参政権 反対
歴史教科書   誇りを持たせる教育に改正する


田母神氏「原発は十分な安全性を確保しながら使っていける。50年間運転中の原発で亡くなった方は一人もいない
まともじゃないですか。こういう当たり前のことを当たり前に言う政治家がなかなかいない。
高いエネルギーを外国から買っている。その負担はすべて国民がしょっている。そのことを無視するかのように、脱原発、原発ゼロなどと煽っている政治家やマスコミはまともじゃないです。
私がかろうじて自民党を支持しているのは、他に原発推進を掲げる党がないからです。

西村眞悟氏についてはよくTVタックルに出演していて、中共はけしからんやっつけてしまえ的な過激発言をしていたように憶えています。慰安婦問題で橋本代表が外国にも慰安婦はいた発言で問題になった時、西村氏は「日本にも韓国の売春婦がうようよいる」と発言して維新の会を追い出されました。

WILL増刊11月号で西村氏は、情報の戦争についてこう言っています。
戦場には二つある。一つは実際の戦場。もう一つは政治とマスコミの戦場だ。
日本は69年前300万人の戦死者を出して負けた。しかしその後もマスコミが仕掛けた第2の戦場で亡国の淵に追い詰められている。


と言っています。西村さんはこう続けています。

しかしまさに天網恢々疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさずである。(天の張る網は悪人を網の目から漏らすことはない。という意味でした。私のコメント)天は日本を見放していない。敵の武器が判明した。その武器の本質とは、ウソだった。これに尽きる。第二の戦場における敵は国内にいた。
人々が日々目を通す朝日新聞だ。


こう西村さんは敵の名を特定し朝日の邪悪性を痛烈に批判しました。まっともー!!
別のページで西村さんは、スイス人の戦争に対する心構えを紹介しています。

スイス政府は民間防衛という本を全国民に配布している。
“国土の防衛は、わがスイスに昔から伝わっている伝統であり、わが連邦の存在そのものに関わるものです。武器を取りうるすべての国民によって組織され、近代戦用に装備された強力な軍のみが、侵略者の意図をくじきえるのであり、これによって最も大きな財産である自由と独立が保障されるのです。”
民間防衛は、懇切丁寧に戦争に直面したスイス国民の処し方を説いている。空襲警報のサイレンと解除のサイレンを一目で分かるように図示したり、核攻撃を受けた時の対処についても述べてある。

ドイツ、フランス、オーストリア、イタリアなど強国に挟まれながらかくも独立を維持できたのは、スイス人の危機に対する高い意識と惜しまない努力の結果でした。
スイスの高速道路 
高速道路を戦闘機の離着陸に使う。イメージ
そう言えば民放テレビのクイズ番組で、スイスの高速道路はなぜ広くてまっすぐなのですか?というのがありました。答えは、戦争が始まった時高速道路の自動車をどかして、すぐさま戦闘機が離発着できるようにしたため、でした。国土をすぐ戦争ができる国にしているのですね。尖閣諸島の領有権を犯されても何もできないのと大違い。日本と意識がまるで違うじゃないですか。
社民党の福島瑞穂が壊れたテープレコーダーか頭のいいオームのようなキャッチフレーズを叫んでいました。
憲法改悪反対!戦争反対!平和が一番!
集団的自衛権については、日本を戦争ができる国にしていいのか!
戦争ができる国にしていいんだよ、バカヤロ!

さらに西村さんは放射能の影響について的確な判断をしています。

被爆直後の広島と長崎を研究したのであろう。核爆発が出す放射能と熱と圧力について解説している。
放射能に関しては「時間が経つにつれて急速に減っていき、爆発後数日でほとんど危険性がなくなる」と書き、核爆発の何日後に核シェルターから外に出ても大丈夫か解説している。
私は「民間防衛を読んでいたので、3年前の福島第一原子力発電所事故の際、菅内閣とマスコミは放射能に過剰反応していると直ちに判断できた。


西村眞悟さんかっこいい!国の防衛についても核についてもよく理解されているようです。
西村眞悟さんと田母神俊雄さんのまっともー!な二人に日本をまっともー!な国になるように引っ張って行ってもらいたいですね。

文章が長くなってしまいました。我慢してしまいまで読んでくれてアリガト。(^^)v
ついでに押していってください。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

日米TPP交渉決裂する

2014-09-27 Sat : TPP
甘利フロマン画像
鳴り物入りの日米のTPP交渉は結局失敗した。
甘利TPP相と米フロマン通商代表との交渉は決裂した。次回開催の予定も立てられることはなかった。

それでいいんじゃない。こんなものもう交渉止めちゃえば。
TPPは日本にどんなメリットがある?あるなら教えてくれ、と口をすっぱくして、当ブログで問うたのだが返事がなかった。このブログを見なかったんだろうw。
日本        アメリカ
甘利・フロマン

牛肉で見ると、日本の関税38.5パーセントを10パーセント引き下げててもいいと、かなりじょうほしています。しかしアメリカはさらに5パーセントまでの引き下げを要求している。これが通ると採算が合わずやっていけなくなる農家は失業するでしょうね。
 日本が攻勢をかけているのが自動車。米国の関税2.5パーセントを引き下げようと日本側は努力してきたのでしょう。
トヨタは世界一自動車を売っているではないか。円安差益で座っていても儲かってウハウハなのに、国益をかけてさらにトヨタを喜ばせてどうすんだ?
日産、ホンダは80パーセントが海外生産しているので、アメリカの関税を下げても輸出は増えないです。

生活用品や食料品、どの店にいっても外国の商品であふれかえっている。
TPPでさらに自由化すれば、需要に対して供給量が格段に増大する。
これではデフレ脱局どころか、ますますデフレが進行します。基本を考えればTPPの意味簡単に分かりますね。
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



「河野談話を見直さない」なんてことは許されない。

2014-09-19 Fri : 慰安婦問題
谷垣 
菅官房長のような反日発言をした谷垣幹事長
谷垣さんは「河野談話を見直さない」と言いました。そんなこたあ世間に通用しない。あくまで意地を張るなら閣僚の全とっかえだ。
つうか、谷垣さんは党の方の親分でしたね。そうなれば政府も党も共産党や社民党のような反日団体なのだろうか?自民党にまともなことを言える人材は一人もいないのだろうか?そうみたいですね。
国民が当たり前のことを当たり前に言える日は、もうちょっと先のようですね。

安倍さんが被災地の復興について「東北の復興がなければ、日本の再生はありえない」と言っていました。
この言葉は間違っている、偽です。「日本の再生が無ければ、東北の復興はありえない」なら真です。
基本の認識が間違っていたら対策が違ってくるわけですから、うまく復興できるわけがありません。

アベノミクスは失敗したよね。主に消費税を8パーセントに上げたことが原因であることは明白です。
安倍政権が失敗を認めたくないために、10パーセント増税をしたなら日本経済はさらに手痛い状況になると思うよ。
経済はダメ、外交もダメで安倍政権なんの取り柄があるのか?責任を追及しないといけません。

日本の良心と正義は、政界にもマスコミにもないんじゃない?
われわれ生命が、巨大隕石による灼熱地獄や全球凍結という厳しい地球歴史の中で40億年生きながらえてこれたのは、細々としかし力強く存続し続けたDNAがあったからです。
火だるま 
火だるまになったことのある地球
全球凍結 
赤道まで凍ったことのある地球
日本の良心と正義は今やネットの中に存在する。小さな生命を存続させよう。
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ




二つの吉田証言謝罪。朝日はどこまで落ちる?

2014-09-12 Fri : 慰安婦問題
朝日新聞木村社長が、二つの吉田発言について落ち度を認めて謝罪しました。あ~あ師匠中国様の禁を破って謝罪しちまって、これで朝日は転落への第2ステップを踏んだことになります。
木村社長
二つの吉田証言について非を認め謝罪する木村社長
なぜこの場に及んで謝罪する気になったのか、追い詰められた朝日の動揺が見え隠れします。
人気者の池上彰氏が、テレビで朝日が謝罪してないことを勉強番組でペラペラしゃべってしまうと都合悪いから、という理由なのは明白ですね。
謝罪会見でも12日朝日記事でも、東電吉田所長関連が多く国民に多大な不利益を及ぼした吉田清治関連は少なかった。これは相対的に慰安婦問題を小さくしようと意図がありますね。くだらないな。
杉浦
編集した杉浦取締役。 こんなシロアリみたいなのが国民をだましていたんだね。
5月20日東電関連記事で「東電社員らの9割に当たる約650人が吉田所長の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発に撤退した」と嘘を書きました。
いつもの手ですが、なぜよく調べもしないであるいはわざとこんな記事を載せたのでしょうか?
セウォル号の沈没と関係すると思います。
セウォル号沈没事件が4月16日。調べが進むにつれ船長他乗組員、船のオーナー海警から政府までずさんだったことがさらけ出されてきたのです。日本国民もあらためて韓国の実態を思い知ったのです。わたしも5月6日ブログ「客船沈没で韓国人の国民性が暴露。恥さらしが止まらない」をエントリーしましたがこの頃が日本で韓国批判がフィーバーしていたのです。
 朝日は5月20記事で、日本は韓国を批判しているが日本だっていい加減でずさんなことをやっているんだよ、と言いたかった。原発を無くして日本を弱体化したい朝日は故郷の韓国を弁護して、日本に悪印象を植えつけようとした、当たりだろ朝日さん?
吉田清治
日本の敵吉田清治。 朝日はこれを使って日本に多大な損害を与えた。
しかしあんな謝罪もどきで許されると思ったら大間違いです。私は朝日新聞をつぶすつもりです。
植村隆を国会に呼び出し喚問すれば、愛息を人質に取られたみたいに七転八倒して慌てまくるでしょうよ。社長自身が会見で威厳を見せられずあのざまです。
朝日新聞は難攻不落の巨大な要塞のように見えますが、一人の人間を引きずり出して質問すればおろおろするばかりでまともに答えられないでしょう。
要塞は嘘という言葉でできているので、一つ嘘がばれると織物のほころびが始まるようにたちまち崩壊してしまうのです。
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。