スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「防空識別圏」設定あせる中国 崩壊がいよいよ近いか

2013-11-27 Wed : 中国問題
         米空軍機
       中国の防空識別圏を無許可で飛来する米空軍機W

中国が防空識別圏を勝手に日本領海に付けたことで、日本もそして中国もいろんなボロが出てきたようです。
まず日本のボロ。
JALとANAが人の命が第一優先という理由で中国の恫喝に屈して、飛行の書類を提出した。
中国に飛行計画を提出した国は、日本のほかに台湾とカタールだけだったようです。台湾は中国に恫喝されトップリーダーの馬が大陸出身の中国寄りなので無理もないでしょう。カタールは中国に金で買われたんじゃないですか、書類を出せば済むことなのでそうしたのでしょう。しかし日本は大国なのになぜ屈したのか
これはまずかったですね。企業がその時よかれとして行った行為は必ずしも国益には合致しない。もしそのまま提出し続けたらどうなる?当局はいい頃合いを見計らって不認可するよ。日本・台湾、日本・香港など飛行できなくなるよ。企業の利益を優先することがいかに日本の屋台骨を壊すことになるかです。

安倍首相は25日の参院決算委員会で述べた。
「現状を一方的に変更し事態をエスカレートさせ、不測の事態を招きかねず、非常に危険だ」
「中国による力を背景とした現状変更の試みには、我が国領海領空を断固として守り抜く決意で対応する」

中国を一応批判する言葉となっていますので評価はします。しかしこの言葉は相手を対等以上に見立てて遠くから腰を引いて言っているようです。弱いんですよ。ごちゃごちゃ説明する必要はないです。古い言葉で言えば「けしからん」、「こらっ!そんな不当な行為はダメだ」と相手を叱りつけるような態度で言わなくてはいけません。
安倍首相の発言した場所が参院決算委員会?それは日本の行事ですよ、そんなところで喋っても相手に届かない。首相として公式の場で中国当局習近平に非難の言葉を浴びせるべきでしょう。中国の顔色を窺って靖国神社参拝もできない首相は何も怖くはない。だから舐められるのです。

菅官房長官が今後の航空会社の対応について言っています。
「政府としては、本件について官民一体して対応すべく改めて国土交通省から、それぞれの航空会社に対し、飛行計画を中国当局に提出しないよう協力を要請した」
JALとANAが屈する前に指導していれば尊敬したものを今頃になって。でもまあいいでしょう、評価します。

こうした評価B位でいられたのも、そもそもアメリカの防空識別圏なのであり中国の行為を許さないと表明したのが日本にとって幸いしたのでしょうね。アメリカは実績がありますから。広島長崎に原爆を落とし日本人を40万人殺害した。イラクのフセイン大統領を追い詰め死刑にさせた。ニューヨークのツウィンビルに飛行機を突っ込ませ多くのアメリカ人を死傷させUSAに赤っ恥をかかせたたオサマ・ビン・ラディンを約束通り殺害した。中国はアメリカが怖いことを知っているのです。そんなバックが無かったらもうすでに尖閣諸島は武力で中国に乗っ取られていたでしょうよ。目覚めの悪い人はまだ分からないかもしれないが、中国を敵国として扱わなきゃダメでしょう。

中国のボロ。
中国共産党はなぜ突如防空識別圏を設定したのだろうか。日本の民間機もアメリカの軍用機も飛んでいるのですぐさま戦争状態になるに決まっているのにです。アメリカも日本も台湾も韓国ももう中国に飛行計画の書類を提出しないと言っています。中国は撃ち落としますか?できないでしょ?これ中国共産党の完全な失敗じゃないですか?
尖閣諸島を中国の領土だと言った時点で失敗だったのですが、今回は短期間で勝敗が決まってしまいましたね。
なんでこんな幼稚なことをやったのか、切羽つまっているんでしょうかね。考えられるのは、中国はもうやることが無くなった、ということですよ。崩壊が近いんじゃないですか。
政府は中国から妨害があった場合に備えて強硬な対抗措置をシミュレーションしておかないといけません。

日本は中国の崩壊に備えるべき、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

期待される辺野古飛行場建設 中国の恫喝に屈するな!

2013-11-26 Tue : 沖縄米軍基地
    辺野古
        米軍飛行場建設が予定されている宜野湾市辺野古

7月に「安倍首相に求めたい重要5項目」というというのを書きました。
そして現在11月の結果はこうです。
1. TPP参加を止める。→ペケ。ドリルの歯となって邁進中。
2. 消費増税を止める。→ペケ。
3. 河野談話を否定する。→ペケ。
4. 辺野古飛行場を移設を実現する。→現在進行中。
5. 靖国神社を参拝する。→ペケ。


当時はまだ安倍首相に期待したのですが、今は期待が大分少なくなっています。
これで4番が消えれば騙されたようなものです。
県外移設をうたっていた沖縄県連自民党員5人を、圧力で意見を変えさせたのはGJでした、評価します。
一方、まだるっこいことをやっているのか、仲井真知事が承認しなければ実現しない話ってのはどうなのよ!と思いますよ。
国の安全を首長の権限で決定していいものかどうか。ここら辺の制度か法律がおかしいんじゃないですか。
道州制なんぞにしたらますます首長の権限が増大し、国としての安全も発展もあったものではありません。
 今政府がやっているのは、結婚式場、日程、予算から参列者まで決めたが婿さん嫁さんの意見を聞かなかったようなものだ。仲井真知事に直接面談して圧力をかければいいじゃないか。
中国共産党は沖縄県尖閣諸島まで、勝手に防空識別圏を設けて戦争行為に通ずる行為を仕掛けてきました。マスコミも安倍政権も仲井真知事に「中国が恫喝しているが基地の重要性についてどう思うか?」とは決して聞かない。

桜の花びらさんが「日当2万円で基地反対参加」と書いてますね。
「県民所得は最下位だが人口は増加の一途をたどっている」
桜の花びらさんはいつもいいところをつきますね。裏があって反対すればするほど儲かる仕組みになっている。
市町村に落ちる交付金など1580億円。軍用地料は年1億3000万円。
一国のリーダーが一地方の首長にへこへこお願いに行き、手みやげにまた国民に血税を負担させるのか。

日本の安全のため速やかに移設を実現すべき、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



「原発即ゼロ」無責任発言のブーメラン 廃炉作業を始めて分かったドジ

2013-11-24 Sun : 原発
     4号機廃炉
           4号機廃炉に向かう一歩が始まった

河野談話、村山談話に見るように過去の総理経験者らの発言が、いまだに日本に悪影響を及ぼしています。
小泉元首相の言動も日本の将来に禍根を残すと思います。
「処分場が見つからないのに再稼働を言うのは無責任だ」
この言葉を粉々に叩きのめしたいと思います。

正式に廃炉が決まっていた東海原発では、処分場が決まらないため、廃炉が先送りになりましたね。
処分場が見つからないと知っていて、稼働中の原子炉を止めて廃炉にする方がよっぽど無責任です。

福島第一原発4号機の使用済み核燃料の取り出し作業を、民放が一斉に取り上げたのでビデオで見てみました。
予備タンク内にある1533体の燃料棒のうち22体を、キャスクに入れからクレーンで持ち上げて32メートル下のトラックに積む作業を、ああでもないこうでもないと言っていました。テレビ朝日、フジテレビ、TBSテレビを見たのですがどの局も不安だ、危険だといいつつもやらないといけないので作業員の方は頑張ってもらいたい、と言っています。
以下箇条書き
・どんだけ時間がかかるんだということも気になります。一体を取り出すのにどれだけ慎重な作業が必要か、何人の方が何人の人が必要なのか疑問が湧いてきます・
・作業員6人ということなんですが、どこにいるんですか、どこに人手が必要なんですか。
・燃料棒を入れたキャスクを32メートルからから落下させることについて東電は答えられなかったですよね。
・4号機に対しメルトダウンした1、2,3号機の作業はこの比じゃない。
・それでもやらなきゃいけないという賭けの部分があると思うんですけど、時間もないくらい差し迫っているとしたら、作業員の方ほんとに大変だと思いますけど頑張ってもらいたいと思いますねー。
・工程を見ますとほんとに長い道のりなんですよ。今ようやく第2期に入ったところです。
・自分が怖いなと思ったのは、感覚が麻痺してるなと思ったんですよ。この綱渡りの作業は2050年まで続いていく。何かあった場合に作業員の方が逃げ出すという解決策しかない、そういう形でどんどん感覚が麻痺していく。
・さらに忘れてはならない難題がもう一つあります。これは先ほども申し上げました通り最終処分場が無いということなんですね。最終的に使用済みの燃料をどうするかまったく決まっていないですね。


みなさんたくさんのコメンテーターがさえずっていますが、一体この作業に反対しているのか賛成しているのかですよ。最後の項目で「さらに忘れてはならない難題は、最終処分場が無いということなんですね」とあります。
これらの朝鮮放送局は何でもかんでも原発には反対したいのでしょう。その調子で東電の作業も難癖をつけたいのでしょう。しかしこの作業は廃炉に向けた作業だということを朝鮮放送局の職員も薄らぼんやりした頭で気付いたのでしょうね。なので真っ向からは反対できないのです。言っていることが全部自家撞着しているんですよ。

私は日本のために原発は必要だと思いますが、今回は除外しておきます。
結論を言えば、原発を推進するにしても原発を止めるにしても最終処分場は必要だと、ということです。
少なくとも原発推進派は、最終処分場確保に努力はしている。
小泉元首相が「処分場が無いのに再稼働は無責任だ」と言いましたが処分場が無いのに「原発即ゼロ」を言う方がよっぽど無責任じゃないか。
小泉元首相が政治的な発言をしたいなら、「処分場が無い」などと言わずに処分場の確保に協力すべきではないか。
元首相に送る言葉はこれだ!
処分場が無いのに原発即ゼロ?バカも休み休み言え!!

小泉氏は自家撞着した言動で老醜をさらさず静かにしていた方がいい、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




原発を無くしたい勢力がいる

2013-11-19 Tue : 原発
              福島市長選
             敗北を認める現職の瀬戸孝則氏

朝日新聞は福島市長選で現職の瀬戸孝則氏が敗れたのは、除染が進んでいないと言っています。
しかし現職の市長が悪いのではなく、無理難題を押し付けている周りが悪いのです。
「原子力規制委員会によると、福島市の14日の空間放射線量は毎時0.29マイクロシーベルトと東京都新宿区の4.5倍で、通学路で除染が手つかずの場所もある。やく6千人が県内外に自主避難を続けている」
このように放射線の恐怖を煽っています。

毎時0.29マイクロシーベルトというのは、年間に換算すると2.54ミリシーベルトだ。世界の自然放射線被爆の平均は2.4ミリシーベルト。福島市の汚染は世界の自然放射線の値とほとんど変わりがない。福島市の環境は問題ないですよ。おかしいことに世界平均の値は人体が受ける数値なのに対して、福島市のものはただ空間で測った数値なのです。福島市の汚染の数値が詐術によるものだとお分かりでしょう。
ここに日本人の放射能に対する恐怖にかこつけた悪質な悪意があることが明白になったと思います。

福島を中心に各地に広がっている汚染は、原子炉容器から噴出した水蒸気と水に含まれた放射性物質が拡散したものと思われます。微細な放射性物質は人体に悪影響を与えることはほとんどないでしょう。
それでも原発を原爆と思わせたい者たちが放射能の恐ろしさを見せようとして、「放射能の影響は10万年続く」などと脅かそうとするでしょう。
それなら聞きましょう。
「それで福島原発の事故で死んだ人は何人ですか?放射線の影響で病気になった人は何人ですか?」と。
これでものごとがよく分かるでしょう。
日本を弱体化させたい勢力は何かと恐怖を煽って原発を無くそうとする。その逆が国益に叶っています。

原発ゼロを推進することは国力を無くすことだ、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

「原発即ゼロ」へリターン、陳腐な言い訳

2013-11-17 Sun : 原発
       山本太郎
      「原発作業員、ひどい労働環境の中で働かされています」

「原発即ゼロ」賛成派のヅラ。
国会議員を含む600人を連れて胡錦濤に合わせ記念写真を撮らせた小沢一郎。その結果日中関係は良くなったのか?従軍慰安婦の創設者の一人福島瑞穂。これが元で悪名高い河野談話の成立に寄与した。総理大臣が自衛隊の最高指揮者だったことも知らなかった空カン直人。未来が無かった党原発反対一発屋の嘉田由紀子。脳減る症作家大江健三郎。その姿勢は早速中国共産党の日本つぶしに利用されている。天皇陛下へ手手紙渡しの山本太郎。「原発作業員、ひどい労働環境の中で働かされています」と畏れ多くも陛下に喋ったようだが、それは労働環境の問題であって原発の是非ではないだろ、蛸。そして原発反対の道では新人の小泉元首相。Pu
どの面々も国籍不明の人物か、世の中複雑なことが普通だってことを理解できない単純思考のバカばっかりです。

新人の小泉元首相は記者クラブで、高レベル放射性廃棄物の最終処分場についてこう言った。
「技術的には決着している。問題は処分場が見つからないことだ。10年以上かけて一つも見つけることができない。これから政治の責任で見つけなさいと言うのが、(原発)必要論者の主張。よっぽど楽観的で無責任だ」

これに対して私は答えたいと思います。私が答えるという図式がそもそもねじ山がかみ合ってないという話ですがW。しかし国の行方を決めるような大事な問題なので一石を投じたいと思います。

「勝手な言い分」の言い分
「小泉元首相は処理場の能力についてこう言ったよね。“技術的には決着している。放射性廃棄物の処理方法については問題ないと考えている。”この意見で間違いないんだな?問題は最終処分場が見つからないという点だけなんだな。敵が強そうだから寝返るようなものだな。敵前逃亡か?あんたも自民党政権下で何年間も原発に賛成して後押ししていたんだろ。原発推進が“悪”というなら、原発反対を扇動する前に責任を取って謝まるのが筋じゃないのか。
本当はあんたのすることは現政権の不甲斐なさを叱責し、叱咤激励して最終処分場を確保することに協力すべきではないのか。受け入れてくれる地域が見つからない、じゃなくて受け入れさせるようにするのが政治家の本領じゃないのかね、違いますか?政治力が無いんだよ。河野談話、村山談話。中国韓国、アメリカの顔色を窺って国益の何たるかを見失っている。普天間基地移設も何年たっても沖縄の首長の意見によって決められてしまう、日本の安全保障は極めてもろいものとなります。
 技術的には決着しているんだよな、そうなんだろ?政府は「地元の安全は保障します、相応の負担をします」と言えばいいじゃないか。政府が自信をもってそう言えば土地を提供する自治体わんさか出てきますよ。そういうものです。万一どうしても土地を提供する者が見つけられないというのであれば、国が広大な場所を買えばいいじゃないか。政府直轄の土地に指定すればよい。そうすれば原発廃棄物は何十年何百年、気が遠くなるくらい処理することができる。行く末は自然公園なり公共施設を作ってもよい。
原発の維持は有益であり国益に沿っている。労働者・消費者の負担を軽減する。戦略的に大事なものです。生産から処理まで安定したループを造る必要がある。私はそう思います」
以上です。

政府が自信をもって主導すれば処理場を確保できる、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


原発即ゼロにする必然性は無い

2013-11-14 Thu : 原発
     小泉原発即ゼロ
最近のNHK世論調査の設問で
① 国が取り組むべき課題
原発の対応 →21% (5人に1人)
景気対策  →21%
② 原子力委員会が安全性を確認した原発の運転再開
賛成     →19%
反対     →44% (半数に近い)
というのがあります。
① の景気対策21%割合が少ない気がしますが、上位にあるからいいでしょう。原発の対応が21%、これは多いですね。
② の設問に対し安全性を確認した原発に対してさえ、反対が44%とかなり多いですね。

① と②を組み合わせると「すぐに原発全部を止めろ」ということになります。これは今の経済状況の中ではちょっと危険でやばいと思いますよ。

それに白髪を振りかざした変なおじさんがヤケに出没して「原発即ゼロ」と民衆を扇動しているのですから尚更です。小泉元首相は
「郵政民営化の時よりもはるかに環境がいいですよ。野党は全部原発ゼロに賛成。反対は自民党だけだが、本音を探れば賛否は半々だと思いますね」と持論を展開した。


野党は全部原発ゼロに賛成だ、といっているがその野党に国民は投票しなかったのですね。ごまめを何匹集めてもたいにはならない。元首相は郵政民営化実現を強引に導いた実績を誇りたいのだろうが、実際民営化されたのだろうけど小泉氏はそれについて語らないし何の良さがあるのかさっぱり分からない。
竹中平蔵氏と一緒になって規制緩和し自由競争社会を拡大した。派遣社員を導入したのも小泉氏だ。その結果企業は成長したけれど従業員の給料は増えなかった。頑張り屋の経営者は「お客様は神様だ」と商品は安くし従業員は辞めさせるか給料カットした。まるでリストラすることが良いことであるかのように大企業でもたくさん人を切った。

 その効果がまだ続いていて非正規社員が雇用者の40%近くまで増えて、年収は200万円以下が23.9%。
非正規社員の男女の平均年収が168万円です。
これでどうやって家庭をもち子供を養えるのか教えてもらいたいものだ。
石油や天然ガスの化石燃料を外国から買うには、国民に負担を強いることになる。
若者の賃金が上がり雇用が増えるのはすぐ必要です。しかしちょっと考えてみれば分かると思いますが、今すぐ原発ゼロを決めなければならない必要性も必然性はありません。

 小泉元首相が「原発即ゼロ」を扇動するなら、まず自分がやった責任を取ってからにしてもらいたい。

小泉元首相が原発ゼロを扇動するのは、日本にとって良くない、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ





中国が崩壊するとき、日本は

2013-11-12 Tue : 中国問題
13億、中国の人口多過ぎ。中国は巨大な胃袋である。
宮崎駿「千と千尋の神隠し」に出てくる”欲望のカオナシ”のように世界中のすべての富を飲み込んでしまう。
中国共産党は増大する人民の欲望をコントロールすることは、不可能です。中国人が善良であろうがなかろうがもはや関係がなくなった。
 日本がするべきは、中国を民主国家にすることではなく、弱体化することである。戦争ができなくなくなるまでビンボーにすることです。

 戦後もう70年近くにもなる。中国人もおおかた戦後生まれでしょう。その間日本は経済援助こそすれ中国にひどいことひとつしなかった。
米国の調査機関によると、中国人の74%が日本に対して「非常に悪い印象」つまり悪意を持っている。「あまりよくない印象」まで含めると実に90%もの中国人が日本悪感情を持っています。
 
しかし中国人が日本人に敵意を持っていることは、日本人にとってはむしろ幸いでした。
地面に動いている虫をわざと踏みつぶすことはできないが、腕の血を吸っている蚊は躊躇なく叩ける。
中国が崩壊しても“ざまあ”とわらっていえる。

私が心配しているのは中国が崩壊するとき、大量の難民が海を渡って日本に押し寄せてくるのではないかという予測です。最初は数名。
お人よしの国ニッポンが「人道的な立場から救済する」とその後数十名、数百名、数千名が押し寄せるんじゃないの?いや1億2億5億人もうんかのごとくやってくると思いますよ。

 北朝鮮の難民の例を見ても分かるように、究極のシナリオでもなんでもなく起こり得る予測でしょう。
日本政府はこんなことにならないよう、領海内に侵入した難民を撃ち殺す法律を整備しておかなければならないと思いますよ。日本人のアイデンティティーが無くなり日本が滅びる前にね。

日本政府は中国からの難民に対処するシミュレーションを作っておくべき、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




中国が崩壊するまでの間

2013-11-09 Sat : 中国問題
   山西省 爆発
           山西省で爆発事件が起きた

中国は崩壊するのだと私は、思います。
日本政府はこれに対する対応策を取らなければなりません。
戦争が起こると何千万人の人民が死ぬ、中国共産党当局はこのことはへとも思っていない。
中国人だって死ぬのは嫌なのだろうから戦争を避けようとするに違いない、と日本人が考えるのは間違いだと思います。中国人にとって人が死ぬことは善なのだ。その分食い扶持が減り自分が生き延びるチャンスが増えるのだから。

ですが共産党指導部の頭に核が落ちるよ、としたらいくら馬鹿でも嫌でしょう。
民主党のオオバカの岡田克也が、非核3原則を米国に約束させると決めてしまったが、アメリカの艦船に核が積まれているかもしれないと中国に思わせるところがミソだったのです。中国共産党もうっかり手出しはできない。核が無いことを知っていればただの丸木船に過ぎない。

日本が核を積んだ軍艦を日本の領海に浮かばせパトロールし、共産党当局から威嚇があればいつなんどきでも指導部の頭上に核をお見舞いできると教えることが重要です。

平和が一番と能書きを言っていれば平和が訪れるようにいうアンポンタンは次のことを理解しようとしないでしょう。
国内の犯罪を見てみると、暴力をふるわれるのは弱者ばかりです。
子供、女性、老人、ホームレス。いつも被害を受けるのは力の弱い人たちで、暴行しても仕返しされないだろうと思い犯罪者は暴行するのです。弱いことは敵の暴力を誘引する。

国の関係もまったく同じ。相手が反撃をしてこないと知っていればどんな嫌がらせもしてくる。
尖閣諸島の例がそうです。相手が強く、こちらが下手にちょっかいを出したら逆に痛い目に会う。これを知っていれば手出しはできない。中国が崩壊する直前になって人民の不満を日本に向けようと戦争を仕掛けてこないとは限らない。政府はいつでも北京指導部の頭上に核をさく裂させることができる、このことを教えておかないといけない。これが抑止力になるのです。こうやって中国が崩壊するまで政府は、戦争を仕掛けられないように国民の生命の安全を守らなければなりません。

政府は中国からの攻撃に対するシミュレーションをしないといけない、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



安倍総理の手口

2013-11-05 Tue : 安倍政権
「まさか右翼と呼ばないで」さんがよくまとまっていると紹介したユーチューブ安倍晋三「世界一フレンドリーな国にしたい」が、安倍総理のやろうとしていることをよく見せています。ユーチューブはえらいですね。見れば本質が分かるんですから。
       日本・シンガポール首脳会談
              日本・シンガポール首脳会談
ルーピー安倍「世界一ビジネス・フレンドリーな国にしたい」
この動画の元がいつのものなのか、安倍総理が発していたダブル・アイ・ジェーから調べてみたら7月26日シンガポールでのスピーチのもののようでした。
安倍総理が主に現地の人に語りかけている言葉の中で「これから先私たちは“3本目の矢”を射込みにかかります」というのが引っかかりました。
このスピーチが7月26日ですよ。1本目の矢は金融緩和だと分かります、最初にやったのですから。しかし2本目の矢とは?
もう一度リピートして注意深く見てみました。

「日本経済を再び成長戦略に乗せるため、“金融政策”、“財政政策”、そして“成長戦略”からなるいわゆる三本の矢を進めてまいりました」
そしてこの後にさっきの「これから3本目の矢を射込みにかかります」が続くのです。
2本目が放たれていないのに3本目の矢の準備ですか?
スピーチの順番からいくと2番目の矢が“財政政策”。安倍総理が言っていた待ったなしの喫緊の課題財政再建に当たりますね、10月1日の前日まで決断を悩んだという消費税増税、2本目の矢とはああこれだったのか!
悩むずらないでしょ。7月以前に決めていたでしょう。
さらにこの時点で射込んでいるという3本目の矢とは何だいね?

安倍晋三氏の言葉の続き。
「これから日本はもっとオープンな経済になっていきます。オープン、チャレンジ、イノベーション。
電力や農業、医療分野で規制の改革を進め、新たなサービス新しい産業を興し日本経済の活力をそこから引き出してきます。世界一ビジネスフレンドリーな国にしたいと思います」

 これって今交渉しているTPP?じゃないですか。
どうやら3本目の矢はTPPだった模様です。
竹中平蔵がテレビに出て「政府は余計なことをせず企業の競争に任せておけばいいんですよ」みたいなことを言っていました。
安倍総理はその後のスピーチで「新しい市場やサービスをイノベーションによって作り出し成長機会を提供すればいいのです」と言っていました。
竹中平蔵の言葉そのままですね。

7月よりもっと前から、成長率がアップしようがしまいが、農業の聖域が守られようがそうでなかろうが決定済みだったのです。完全にかましてますね。
3本の矢が出尽くしたとなると、適切な公共投資による経済復興はかなり期待できなくなります。
一時は安倍さんの復活に期待したけど残念です。
日本を強く安全な国にしていきたい。

応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ




小泉元総理の原発”ゼロ運動” 国にとっていい?

2013-11-01 Fri : 原発
      小泉元総理
               木更津市で講演した小泉元総理

“脱原発”“原発ゼロ”と白髪をなびかせ各地を飛び回っている老人が今かまびすしい。子息の進次郎氏は復興政務官にもなり、彼を世に送り出してから久しいので、まさか出てくるとは思いませんでした。
小泉元総理は10月16日木更津の講演でこう言ったようです。
「もし政府・自民がやっぱり原発ゼロにして自然環境に配慮した自然を資源にする、そういうエネルギーを取るべきだと言って政治的な方向を出せば、大方の国民は協力してくれるんじゃないか」
ワンフレーズが得意の小泉氏、けっこう長くしゃべっている。
 そういう動きに対して、みんなの党や社民党、共産党、小沢一郎までかつてあんなに反発していたのに、有名人のご利益に預かろうとワラジムシのように恥も外聞もなくすり寄ってきています。

小泉元総理に、原発をゼロにして国民に負担をかけないで本当に、安定的に電気をまかなえるのかと聞きたい。
原発には悪いところもあれば良いところもある。複雑な条件の中で国民が無理なく生活を継続できるような妥協策を見つけなければならないのです。
「原発ゼロでクリーンな日本にしよう」なんていうワンフレーズなら、元総理も善良だが単細胞のおばかさんになってしまいます。火力発電所の石油の安定確保や再生可能エネルギーの実用化が達成された時点で“原発ゼロ”なら理解はできる。しかしエネルギー確保の見通しが無い今、何を抜かすと思いますよ。

小泉元総理は、安倍総理に意見を聞くでも説得するでもなく野党と会合したり各地で講演したりしている。テレビ朝日によると国民運動を起こそうと思っているそうです。影響力のある人がそんなことをするのなら、原発をゼロにした結果―国民がビンボーになり国力が低下したらーその責任を取ってもらいたい。
 小泉元総理は、在任中靖国神社参拝を貫き通したから尊敬していました。しかしもうひとつの郵政民営化は何だったのか。自民党をぶっ壊す、殺されてもいいと主導した衆議院解散総選挙で勝ち取った郵政民営化だったが、なってみれば小泉氏は民営化に変わったメリットについて何も言わなかった。だから私は民営化した良さが全然分かりません。
原発ゼロを国民運動にしたいというのであれば、その前に郵政民営化の功罪に責任を取ってもらいたい。
 ブッシュ元米大統領の前でプレスリーのまね事をしておどけてみたり、独身をいいことに右手が恋人など品の無いことを言ったりと、くだらない人間に見えてきました。

歴代総理格付けチェック委員会会長としては、唯一最高呼称の“さん”を付けていたミスター。私は小泉元総理を独断で降格を宣言します。これでは私が何を言っているのかみなさまには分からないと思います。
過去ブログ“歴代総理格付けチェック そして~”で歴代総理の格付けをおもしろ可笑しく書いてあります。冗談の分かる方は見てみてね。

 まじめな話に戻ります。
安倍総理は、原発ゼロについて11月9日放送予定BS朝日インタビューにこう答えています。
「私たちの責任ある立場でエネルギー政策を考えなければいけません。今の段階で原発ゼロを約束することは、私は無責任だと思うんですね」
白髪のカランポリンによく言った。消費税上げやTPPなど期待できるところがめっぽう少なくなった安倍政権でしたが、さすが安倍さんだと思っていたところ、しかし話の前段がありました。
 「我々は3年間で原発の比率を落としていくという方針は決めている」
でチーン。
これなら程度の差はあっても同じ穴のムジナではないか。共産党、社民党、生活の党と同じく原発=悪と考えているのです。 原発を全廃すると党運営に支障をきたすから、とりあえずしばらく動かしておこうというスタンスですね。

 前回参議院選挙の自民党公約に「資源エネルギー大国への挑戦」というのがあります。
その中で大きな課題であるはずの原発に関連した項目。
「原子力発電所の安全性については、原子力規制委員会の専門的判断に委ねます。そのうえで国が責任をもって安全と判断された原発の再稼働については、地元自治体の理解が得られるよう最大限の努力をいたします」
原発を国のエネルギー源としてどう活用するのかについての具体策はまるっきり書かれていない。
原発って重要なことなのにこれだけのワン項目。山口百恵の歌「これっきり、これっきり」ですか?
原子力規制委員会に委ねるとありますが、この委員会は大飯原発で活断層があるかどうか分からない段階で、電力会社に活断層が無いことを証明できなければ再稼働を認めない、と言った団体ですよ。原発を無くしてしまおうというベクトルが働いている団体に委ねるのです。
地元の努力を得られるよう努力をする、と書いてあるが要はその地の首長が首を縦に振らなかったら永久に原発は実現しないということです。
沖縄の普天間飛行場の辺野古移設を見ればよく分かることでしょう。軍事飛行場一つを作るのに何年国のおえら方が仲井真知事に参勤交代したのか。地元の首長の理解を得られなければ物事が進まないという足かせがどれほど国策に害があり、国力を損なうか分かろうというものです。 こんなしょぼい公約を安倍政権はよく出せたものだと思います。

ながながと書きましたが、原発は今必要だと思いますし将来もいろんな意味で大事だと思います。
私は力強く原発を推進する政党を応援します。
日本に原発は必要と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。