スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間飛行場移設 誰がいつ実現する?

2011-01-10 Mon : 沖縄米軍基地
岡田幹事長と宜野湾市長

 10日朝の報道2001で自民党石原幹事長が民主党岡田幹事長に「あれだけぐちゃぐちゃにしたんだから沖縄に行くんだったら沖縄県民に謝んなきゃ」と言いました。
そのためかどうか岡田氏、沖縄に行って午後には宜野湾市の安里市長に会って謝罪(?)した。
 民主党政権がいったんは県外、国外移設を模索したことを踏まえ「沖縄の皆さんには大変申し訳ないことだが、昨年5月の日米合意は移転先という点で当初の考え方にほぼ戻った」と指摘。その上で「皆さんの気持ちを考えると簡単に日米合意を実現できる状況にないことも事実」と述べた。
「なんと申しましょうか」という誰が言ったか古い言葉があるがこういう時使うんでしょうね。
「沖縄の皆さんには大変申し訳ないことだが、昨年5月の日米合意は移転先という点で当初の考え方にほぼ戻った」とこれ
「皆さんの気持ちを考えると簡単に日米合意を実現できる状況にないことも事実」は正反対のことなので二つを同時にかなえることはできない。
岡田さんは政治家だろう?政治家は執行者だ、物事を決めていかなければならない立場の人だ。役所の人間でも傍観者でもない。なんと申しましょうか、もう政治家をやめたほうがいいです。

この日のNHK日曜討論で普天間の問題について「沖縄の方々との真摯な対話が基本になければいけない」と言っていました。
「なんと申しましょうか」与党あるいは野党のみなさんジェントルで沖縄県民の気持ちをおもんばかっているようですが、それでは日本の安全は沖縄県民の考えあるいは気持ち一つで決定されていいものだろうか。
沖縄の県民感情は頻繁に取り上げられるが多くの国民の意見はまったく問われないのは不思議だ。
沖縄県民だって日本人なんだから国の安全という立場も考えてもらいたいと思います。
 そして政治家は沖縄県民がどう考えているかではなく日本の安全を守るためにはどうするのかをまず第一に考えてもらいたいと思います。
今は最良の選択肢はたった一つしかない。言わずもがなですね、普天間飛行場の辺野古への移設です。
それができないようならどいつもこいつも政治家やめたほうがいい。

スポンサーサイト

小沢一郎の新年会に出席した節操のない議員達

2011-01-04 Tue : 時事
 新年会に165人から45人減の120人に減ったとはいえまだそんなに小沢一郎個人にへつらう人間がいるのかとおもうとびっくりです。
この人たちに日本をよくしようなどという考えも情熱もなく権力者に近づいておこぼれを頂戴しようというものたちばかりです。
 暴力団の権力争いみたいなものですがまだいくらか菅政権のほうが無難なので日本を積極的に破壊する小沢の政治生命を終わらせてもらいたいとおもいます。
120人の議員というと人数が多いのでたいそうな力を持っているように見えますが、見識も何も無い連中ですから 大将の分が悪くなるとこそこそ次の権力者をさがします。
小沢は強制起訴されますし国民からも見離されてますから放っておいても子分は散っていきますが、節操のない連中ですから菅がはっきりと小沢を締めだす言動をすれば縮み上がって新しい権力者に擦り寄ってくるでしょう。

「子ども手当」がダメな理由をちゃんと言いますよ

2011-01-02 Sun : 政策
事件多すぎ。そんな中で地味ながら日本を弱体化する「子ども手当」をどうしても取り上げて粉々にしておきたい。
当エントリー「トリック発見!これ程くだらない子ども手当」で子ども手当の無意味を発見しました。
 子ども手当の本質「親が使った借金を子が返す」ただそれだけ意味ないや。
鳴り物入りで政権取りにかざしたマニフェスト、中身がこれかよ?
これだけでも子ども手当廃止には十分だとは思いますがもう少し突っ込みたいと思います。
民主党はなぜ高速道路無料がいいのか、手当として金で払うのがいいのかその理由を言わない。理由を一切言わずにいきなり決めてしまうのが民主党の特徴です。なぜ理由を言わないのか、それは正当な理由がないからです。
私はただ反対するだけではなくて子ども手当がダメな理由をちゃんと言いますよ。

分解します。
「子供が借金を背負った時を起点とし長期に渡ってその借金を返済する」なら逆に金を払った時を起点にして「子供ができたとたん払っていた金が不意に返ってくる」と置き換えても同じことだと思います。
単純化すると自分が長期にわたり小刻みに払っていた自分の金が予測されない子どもの誕生を境に不意に帰ってくる。
自分の金が返ってくる。ただそれだけこれが子ども手当の正体ですね。

「自分の金が子供手当てとして返ってきて役立つならいいのではないか?」などと言い出す変なおじさんが現れるとめんどうなのでここらでもぐら叩きをやっておきましょう。
 お金が地面から湧いてくる、お札が天から降ってくるというのならお金を好きなだけあげてもいいでしょう。そんなら財務省はいらないや。
マイナス面を言わずにただで貰えるようなパフォーマンスばかりやってきたのが詐欺師集団民主党なのです。

 子ども手当の特徴をもう一度みてみましょう。
月々いくら取られるかは分からないが毎月所得税として取られ子供が出来ると1万3000円として返ってくる。
つまり自分の金が小刻みに長期に渡って自分から離れ、返ってくるときはやはり小刻みな額であり必ずしも使いたい時期と金額ではない。まず貰う側から調べてみましょう。

貰う側から見た「子ども手当」がダメな理由
 厚生労働省がインターネットで6月から始まった「子ども手当の使い道」を調査しました。それによると
子供の将来のための貯蓄・保険料   41%
子供の衣類・雑貨          16%
学習塾など教育費          16%
日常生活費             14%
家族の遊興費            6%
家庭の日常生活費、ローン借金の返済 30%
(複数回答)
※また子供以外の目的に使う家庭に理由を聞いたところ3分の2が「家計に余裕が無い」と答えた。
 
テレビ朝日の吉澤一彦とかいうアナウンサーが呆れ顔で「遊興費に使うなんて親は何を考えてるんですかね。子ども手当って子供の為に使うんじゃないですか」などと正義ぶっていましたが。
それぞれの家庭は経済面だけでも事情が異なる。
鳩山由紀夫さんのように親から何千万貰っていても気がつかないようなお金持ちに「子ども手当ては子供の為に使いましたか?」などと聞くほうが愚かですね。子供のための費用は生まれた時から大学に行くまでお釣りが来るくらい有り余っているわけで少額の手当はハナカミにしかならない。
 借金をして今日食べる食費に不自由している家庭に「学習机も与えなんて親の愛情が薄い」などと偉そうな事は言えないでしょう。
親は1万3,000円で遊べる遊園地とか商品とか明らかに遊びに手当を使っている。
けど私は子ども手当で親が缶ビールを買ったとしても、とても批判する気にはなれません。
給料をがんばって子供の勉強のために使った後だったら親が楽しんでもいいんじゃないの。
アクションが前後するだけ、財布はひとつなのです。

使途「家庭の日常生活費、ローン借金の返済 30%」が多いが、家族の日常生活が無事送れることで初めて子供の面倒をみられることを考えれば急ぎの用を済ませておくのは当然の行為と言えるでしょう。
「子供の将来のための貯蓄・保険料 41%」これも多いけど当然のことでしょう。1万3,000円ぽっきり貰って「さあ子供のためすぐ使え」と。何に?
子ども手当を考案した民主党自身が、貰った手当を各家庭が何に使ったら正しいことになるのか言えないでしょうよ。
お金の使い道は、親が長い間あたためた目的をある程度以上の必要な額まで貯めないとほとんど何の役にも立たない。
資金計画を立てにくいのが子ども手当なのです。
小刻みに貰ったお金はいつの間にか蒸発して無くなってしまう。
急に貰った少額の子ども手当、目的も見つからないうちに無駄に消費してしまう。
親の使い方が悪いのではない。「子ども手当」が悪いのです。


払う側から見た「子ども手当」のダメな理由今度は税金として払う側から子ども手当がだめな理由を見ていきましょう。
貰う側が小刻みなら払う側はもっともっと小刻みです。
ここで私たちが子ども手当向けに毎月いくら払うのか私の計算で突き止めたいと思います。役人が手続きとして目減りする額は無視しておきます。
子ども手当としてもらう額はどこからくるのか私たちが払う税金以外にはない。貰う額と払う額は同額である。
貰う額は
3歳まで3年間        20000円支給  計720000円
それ以降15歳まで12年間  13000円    計1872000円
                     総計2592000円(約260万円

労働して所得税を払う期間を20歳から60歳とすると40年間で260万円を払うことになるわけだ。
2600000÷40÷12=5416(月々約5400円
答えが出ましたね。われわれと将来の子供は毎月子ども手当用に月5400円を出費することになります。
この金額を大きくみるか小さくみるか。大企業や役所など高収入で安定した職場に務めている人や鳩山さんのようなお金持ちにとっては微々たるものでしょう。
しかし世の現実を見ると違います。仕事が減ってパート・アルバイトなど非正規労働者が40%を超えるところまできているのです。
時給1000円の人は月22日働いたとして月収176000円ですが夏休みや冬休みが入って労働日数が減るのを考えると大雑把にいって年収200万円というところでしょうか。生活費を払い税金も払って結婚資金も貯めないといけない。ちょっときついですねえ。月の収入が17万円のところに年金や健康保険料、市県民税などのほかに子ども手当向けに5400円ですよ。さらに鳩山由紀夫が独断で決めてしまった環境税なども払わなければならない。お金が必要なのは今なんだ、それなのにお金が手元から飛んでいってしまう。
お金を貯めて新車を買い彼女を素敵なレストランに誘う。いつかは小さなマイホームを持ち子どもとキャッチボールをしよう、そんな小さな夢をこの「子ども手当」はおしつぶしてしまうのです。民主党のやっていることは少子化対策どころか少子化推進対策なのです。
260万円は頑張れば新車が買える金額だ。それを必要な時バラバラにされたのでは何一つまとまったことはできない。
お金が本当に必要な時手元から離れて行ってしまう、人生設計にそんな経済上の損失を与えるのが子ども手当なのです。

国にとって「子ども手当」がダメな理由
 最後に国にとって子ども手当が国益にかなうのかどうか見ていきたいと思います。
子ども手当として国が国民からいくら徴収するのか、民主党は都合の悪いことは教えてくれないので自分で計算します。
子ども手当当初の満額支給で国防費を上回る5.5兆円というデータがある。これを元に現在の子ども手当はどれくらいの金が動いているか試算したい。
現在の支給 約2、600、000円
比率から計算すると
満額支給 26000x12x15=4,680,000円
現在子ども手当に使われる予算 5.5兆円x260/468=3.055兆円(約3兆円

5.5兆円程ではないにしろ3兆円という巨額な金が国民の懐を離れてさまよっているのです。
国として見ても3兆円という巨額が国民からも国からも離れ何の活用もされないままさまよっているのです。
民間にこれだけの資金があれば事業を拡大することも企業を立て直すこともできるでしょう。有効な公共事業をやれば多くの雇用を生み税金も見込めるでしょう。国が戦略的に科学技術や中小企業の技を援助することで技術の流失を防ぐこともできるでしょう。中国や北朝鮮の脅しに対抗出来る軍事力をつくることもできるでしょう。
 ところが子ども手当は巨額の資金が飛びまわるだけで産業や消費を産まず、国に国民に何の価値も利益も恩恵も与えないのです。
子ども手当は運用のできない死んだ金なのです。

まとめ
 子ども手当の本質 親の使った借金を子が返す。かたちを変えて表すと 自分が払ったお金が返ってくる。ただそれだけ。でした。
これなら損得はないのではないか?などと言う人が出てくると思います。前掲まで子ども手当の手続きにかかる役所の費用は無視しておきましたが実際は膨大と言って良いほどかかると思います。その分自分の出したお金は目減りするわけですね。

 貰う側から見て子供を養っていくことが資金と手間がかかることを考えれば、長期的にある程度以上金額を集める資金計画が必要です。それなのに親の意志と無関係にポロンポロンと少額を貰っていても結果的には何に使ったかわからないうちに無くなってしまうのです。

 払う側からみると25年間5400円ずつ払わされることになる。これが大きいのか小さいのか。非正規社員が40%を超える今ほかにもいろんな名目で税金をしぼられる事を考えれば決して小さい金額ではない。少ない給料なのに次々と身ぐるみ剥がされては楽しく送りたいと願う人生設計も見失ってしまうのです。

 国にとってどれ程の意味を持つのか。金が国民から離れまた元に戻るだけという性格の子ども手当は何ら日本の経済に寄与しない。3兆円という巨額は、産業を活発にし生産物を生み出し消費を活発にしたりとか国内に価値を生み出すなど経済の流れを作らない。国民から集めたこの巨額の財源を無用な死に金としているのだからもったいないどころか犯罪とさえ言えます。そのため児童手当や各種扶養者控除が切り捨てられる相続税も上がる。子ども手当に財源を奪われ、有効な公共事業や科学技術や中小企業の支援も難しくなる。財源を奪われなければもっと日本経済を強くできたでしょう。民主党はマニフェストが失敗だったと認めたくないために愚にもつかない子ども手当を存続させようとしているのです。その尻拭いをさせられるのはわれわれとこれからの子供たちなのです。

そんな子供たちに負担を強い日本経済を弱体化させる子ども手当は絶対に廃止すべきです。それでもなお「改革をやめてはならない」などと言って失敗を言い繕うならば民主党には政権の座から降りてもらうことになります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。