スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細野豪志氏が勝手に訪中

2010-09-30 Thu : 中国問題
 細野豪志氏が政府の特使として「首相の新書を携えて」中国を訪問した、というニュースは「閣僚さえ温家宝に会えていない今の状況でどうして?」と首をかしげるような感じでした。
しかしその後の報道で「日中関係が冷え込むなかで極秘に中国を訪れた民主党の細野前幹事長代理は、<総理の特使としてきたのではない>と述べ、訪問の目的は明らかにしませんでした。」とありそれなら分かる。
 
 討論番組にたびたび出演し有能な人だとは分かるが今関係改善を日本側からアプローチをかけることがいいことかどうか。今回の漁船衝突事件はどちらがぶつかってきたかも明白その後の中国側のヒステリックな異常な恫喝のなかで「どちらがいい悪いはともかく仲良くしましょう」とこちらから握手を求めていくのはどうかな?細野氏の派遣はどうせ裏で取引する小沢一郎の差し金に違いない。政府も知らないのに何の役職もない細野氏がどうして偉い役ができる?裏取引は国民にいい感じを与えない。

 かつての例をあげると総理大臣よりえらかった金丸信が北朝鮮にいき当時拉致問題が取りざたされていたのに謝り賠償を約束した。
安倍首相の時代に北朝鮮がミサイル発射などしたため政府が経済封鎖をしているときに自民党の山崎拓が「制裁をするだけではだめだ。見返りをやらないといけない」と言って勝手に北朝鮮に行って何か話し合ったみたいだが、その内容については明らかにしなかった。国民の税金を使っていってきたのに。
 
アメリカ人記者二人が北朝鮮に拘束されて懲役刑に科せられたときクリントン元大統領が金正日と裏取引をして二人を取り返した。
8月にもアメリカ人ゴメス氏が拘束され今度はカーター元大統領が特使として交渉した。金正日はそのとき中国に行っていたがゴメス氏を連れ帰った。
人の命を守ることは大事だがそのために国の方針を変えてしまっては国家が危うくなる。
アメリカはそんなごまかしの取引をやった後でも北朝鮮を敵性国家として毅然とした態度で臨んでいるのだが脅しに弱い日本が自立した国家としての態度を保てるのかどうか。
 
 何十年も前だがフランス人の貿易商が書いた「不思議な国日本」という本の中に「日本人は膠着状態ということに弱い。時間がたてば解決していくようなことを早く解決しようと行動を起こしていってかえって悪い結果にしてしまう」
こんなようなことが書いてありました。

 今度の漁船衝突事件もそれで今中国にけん制をしているときであってこちらから仲良くしましょうというときではない。ほうっておけばいい結果が出てくるのです。レアアースを日本に輸出するのを再開したり事件直後中国の女の報道官が日本だけが悪いと言ってきたのが「日中関係を重視している」とか日本に「誠実で実務的な行動」を求めたりと明らかに軟化しています。
 
船長を釈放したことは評価が分かれるところだが日本が「尖閣諸島は日本の領土だ、謝罪するつもりはない」と言わなかったとしたらもう日本の主権はおしまいだった、すぐ民主党政権はやめてもらわなくてはならないです。
中国がなぜ変化してきたのだろうか。日本側が正当な理由のある領土権をはっきりと主張した。レアアースは国際の取り決め上輸出禁止してはならない。中国がだめならモンゴルがある。今度開かれるASEMで尖閣諸島問題の理解を各国に求める。中国があくまで衝突の原因を日本のせいにするならビデオを公開する。などなどもともとほとんど日本側に有利なことがらだけど大きいのはクリントン国務長官が「尖閣諸島は日米安全保障条約の範囲にはいる」と言ったことでしょうね。これで中国は日本だけをとっちめればいいというわけではなくなりアメリカも相手にしなければならなくなった。
 
日本は各国に「理解を求める」という表現ではなくアジア各国と「協議する」と言ったほうがいいですね。なんなら日本、中国、韓国、アメリカ、台湾、フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイなどを交えてっこの問題について協議する用意がある、と言えばいい。アジアの国々は中国が公海にのさばることを苦々しく思っているのだから当然日本側を言い分を聞くことになり中国はびびるでしょう。台湾も参加すればいい。今回台湾まで尖閣諸島の領有権を主張してきたがどうせ中国の傀儡の馬政権のいやがらせでしょう。すると中国と台湾の主張が対立するのだからおもしろい。
このように日本側に有利なことだらけなのでありことさら頭を下げてお願いしに行かなければならないような必要はさらさらありません。今度の中国漁船の事件で中国ははかりしれないどん底の恐怖というわけではなく押せばへこむたいして底が深くない材質だと言うことが分かりました。
 
ただし中国は核を持っていて一瞬のうちに日本を火の海にしてしまうことだってできる。そうなのであれば北京に匕首を突きつけることのできる日米同盟はますます重要になるわけです。
といってもいつでもどこでも必ずアメリカの海軍が日本を守ってくれるかどうかは分かりません。ですから日本のことは日本で守るという精神が必要です。日本が正式で尊敬される軍隊を持ち核を積んだアメリカや日本の軍艦が中国や北朝鮮の不審な船が近寄っていないか日本列島の周辺を隈なくパトロールしている必要があるでしょう。
スポンサーサイト

日米安保の重要性がより明確になってきた

2010-09-23 Thu : 国際問題
 訪米中の温家宝首相は、船長を釈放しなければ「さらなる行動を取り、これにより生じる深刻な結果は日本が全責任を負うべきだ」と日本に警告しました。
日本側の言い分にまったく耳を貸そうとせず一方的な恫喝はあの北朝鮮のやり方と同じです。
 日本の領海内で中国の漁船が海上保安庁の巡視船にわざとぶつけてきた。それで船長を逮捕した。各国の利権がからむ海上では国の安全を守るのに当然のことなのに。
どうしてこんなに日中の関係が急激に悪化したのか。

 鳩山が「少なくとも米軍基地は沖縄県外に」と言って県民の劣情をあおった結果普天間基地移設が宙に浮き日米安保がガタガタになるまではそんなことはありませんでした。
ブッシュ大統領のときの国務副長官だったプロレスラーみたいなアーミテージさんが「中国は日本を試しているんだ」と言っていましたが。
 ちょっと前には中国は尖閣諸島付近の領海内で潜水艦を出没させたりヘリコプターを海上保安庁の船に急接近させたりとやりたい放題やってましたが日本側が何も抗議しなかった。
今回は尖閣諸島の領有権を公然と主張してきました。
日米関係を磐石にすることが今はいかに大事かがおのずとわかってきました。

 普天間基地移設の問題でものすごく変なところがあります。普通の感覚の人間ならすごくへんだなあと感じるところですが現実の政治の世界は変なままで進んでいます。
日米で移設先を名護市辺野古にすると決定しているのですが当の名護市や県民は猛反対していることです。政府が言うように「地元の意見をよく聞く」のだったら地元は反対なのだから絶対に移設できるはずがありません。こんな説明をするのが口はばったいくらいですが。

 先の民主党の代表戦で「沖縄県民の意見をよく聞かなきゃいけない」と腹案があるかのように言っていた小沢に菅首相が「移設するいい方法があったら教えてもらいたいものです」とやり返しました。
あとで記者が小沢に腹案の内容を聞くと「そういうものはない」とのことでした。
 代表戦の結果によって総理大臣になることになる二人が何のいい方法も思いつかないというのです。
国の安全の根幹をなす作業にトップ連中が何の見通しがないなどとは。
民主党にはアホばかりそろっているらしい。
などとえらそうなことを言いましたのでそのうち「普天間基地移設を可能にする方法」を書きたいと思います。もちろん腹案です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。