スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅直人の「強い経済、強い財政、強い社会保障」は失敗する

2010-06-18 Fri : 政治
これは4年経ってみなくても考えただけでわかります。
鳩山政権のおかげで日本はガタガタになってきているがさらに菅政権が追い討ちをかけようというわけです。
オレオレ詐欺に引っかかって大金を振り込むお年寄りじゃないんだから国民は目が覚めないといけませんね。
そうでないとわれわれの子供の時代まで詐欺師集団民主党に代償を支払わされることになるでしょう。
 
 なぜ菅総理の言っている政策が失敗するのか、自分の小さな頭で考えました。理屈は簡単でした。
ただ簡単と言っても言い伝えないといけないので自分なりの言葉で説明します。

菅直人は「国内総生産(GDP)を2020年度までに1.4倍にし、医療・介護・環境・観光などの成長分野で約500万人の新規雇用を生み出す」としています。
菅さんの頭の中では医療や介護などは経済を活性化させる成長分野だそうです。この辺がもう間違っています。
話をわかりやすくするために今は医療・介護に限定し、税金を納める側を勤労者(納税者)、受ける側を受益者(医療や介護を受ける人)に単純化します。

 菅直人は医療・介護の分野が経済を活性化させると言ったがこれはおかしい。
次がこのエントリーの核心部分です。
受益者の受ける医療や介護は勤労者の収める税金に頼っている。勤労者の収入が増大しないのにその税金に頼っている医療や介護の分野が拡大するはずはない。
簡単な理屈でした。
 
 強い社会保障、強い財政はひとえに勤労者が充分働けて正当な収入を得る事ができ納得のいく税金を納めることで初めて可能なのですね。経済も社会保障も一緒くたにしてイメージを売っているだけなのです。鳩山の二の舞はみたくないですね。
菅政権がこのままいけば経済も財政も良くならずに消費税10%などと言ってきているが、結局マニフェストの失敗や財政の失敗を消費税で穴埋めすることになるでしょうよ。

 もし民主党政権を国民が選ぶなら長期に渡って将来への負担を残す子供手当てを廃止し少子化対策を根本から見直すべき。

クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

はやぶさ君 大仕事ごくろうさまでした

2010-06-16 Wed : 時事
 13日午後7時51分はやぶさは小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性のあるカプセルを分離した。カプセルはパラシュートを使いオーストラリア南部の砂漠に落下した。
はやぶさ本体も10時28分の通信を最後に大気圏に突入し燃え尽きたようだ。7年60億キロの長旅が終わった。
 はやぶさは月より遠い天体に着陸し地球に戻った最初の探査機となった。

 知らなかった。世界のどこの国も月以外の天体には行って帰ってきてはいなかった。
それ程困難なことをやり遂げた。
まずはこれ成功させた宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)に拍手を送りたいと思います。

 ところで宇宙航空開発機構は4月26日事業仕分けの対象になっていたんですね。
17億円の予算が鳩山政権になってから5000万円、事業仕分けで3000万円になっていました。
そして「広報施設」は「丸の内に常設する理由が不明、100%国費であることが納得できない」という理由では廃止となりました。
 しかし別のユーチューブを見ると開発機構の担当者が「広報施設」が丸の内に常設しておく必要を説明している。
157m2と展示室としてはけっして広くはない、国民の税金を使っている以上機構がやっていることを国民に納得してもらわなければならないから人通りの多い誰でも入れる丸の内に部屋を設けている。

 枝野や蓮舫はこのニュース見た?はやぶさ君の大成功を見て開発機構にもっとお金を出しておけばよかった、と思った?
枝野は幹事長になって自分の立場を守るのに忙しくてそれどころじゃないか。小沢批判はどこへ行ったのか歯切れが悪かったしね。
「スーパーコンピューターは2番じゃいけないんですか?」の蓮舫さんは見ていたのだろうか。

 高級自動車が1000万円の時代小さなマイホーム位の3000万円でどうやって宇宙にロケットを飛ばすのだい?
枝野、蓮舫聞いてる?えらくなっちゃたから「そんなの関係ないや」か。 

 日本は13億人もいる中国と同じものを作っていたんでは太刀打ちできない。日本は常にひとつ上をいかなくちゃいけない。日本は科学技術など宇宙開発など先端技術を育成し活用して生き残っていかなければならない。
 民主党は政権をとって一番国民の税金を使っているのだから産業を育成し払ったもの以上にお金が国民に返ってくるようにする責任がある。
先端技術にかける予算を事業仕分けで削ったりして責任を取れるのか。
民主党が政権を取りたいのだったら国民の生活の向上をまじめにやってくれなくちゃだめだよ。


鳩山由紀夫 ただ辞めればいいってもんじゃない

2010-06-07 Mon : ブログ
鳩山由紀夫さん、政権が発足して発足してたったの8ヶ月で自分から内閣を閉じてしまった。小沢一郎を道連れにして。
主役の2人が一挙にいなくなってしまったら悪口を書けなくなるじゃないか、少しは人のことも考えてもらわないとね。
これは冗談ですけど。

 普天間飛行場移設の問題ほど目立たなかったけれど鳩山が国連で「日本は温室効果ガス25%削減する」とペロッとしゃべってしまったことは日本の国益にとって大変なマイナスを引き起こしてしまったと私は思います。
鳩山はできるという根拠もないことを平気な顔をしてしゃべってしまう特技がある。普天間飛行場問題ではアメリカという強大な力が一貫して「現行案がベストだ」と姿勢を崩さなかったのでアホな鳩山でもようやく辺野古以外はあり得ないことに気がついたんだね。
しかし反対がなければ「自らの思い」をかたって日本をガタガタにしてしまう。
25%削減、環境重視」を錦の旗印に民主党のやる政策で日本の経済も一般の家庭も急速に元気がなくなっていく。
いつそんな厳しい規制を施行されるか分からない会社は設備投資をしたくてもそれが無駄になるかも知れず二の足を踏んでいる。
規制を実行したなら会社の利益は大幅に減り給料は下がる。
弱い会社はやっていけなくなるのでやめてしまうか倒産する。
強い会社はこんな規制の強い日本ではなく規制の少ない海外に移す。

一般庶民では安い中古車に乗っている人は恩恵がなくハイブリッドカーをすぐ買える人には減税の優遇措置がある。
ローコストの木造住宅に住んでいる人には恩恵がなく太陽光発電つきの家をすぐ買える人には電気全量買取りなど恩恵がある。
今後環境税という形でたくさんの税金を取られることになる。

「二酸化炭素買取り」などといって25%を達成できなかったら、(もともと達成できるわけがない、鳩山が勝手にしゃべっただけ)中国などにお金を払って買わなければならない。これは当然汗水たらしてかせいだ税金である。

 2007年に中国は米国を抜いて世界一の温室効果ガス排出国になっているそうです。
自動車の排気ガスを減らすマフラーで言えば、性能の良いマフラーを改善するより排気ガスを垂れ流すマフラーを改善するほうが余程経費がかからない。
地球の環境を守るというならばかなりクリーンになっている日本より二酸化炭素を垂れ流している中国やインドこそがんばって削減してもらわなければならないのは相当頭の悪い人でも分かりそうなものですね。

 普天間飛行場移設で昨年11月オバマ大統領に「トラスト・ミー」と言って信用させその後まったく正反対の「最低でも県外」と言ってのけた。
これでオバマ大統領は鳩山首相を完璧に信用しなくなった。
12月にコペンハーゲンで「気候変動枠組み条約代15回締約国会議」という長たらしい名前の国連の会議があった。
略称COP15で温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量を国際的に取り決めようというもの。
ここでは中国が自国に有利な数字を主張するばかりで、結局会議はろくな成果を挙げられませんでした。
 そこでですよ、私が言いたいのは。
アホの鳩山がヘンテコなことを言ってオバマが完全にソッポを向いてしまった。日米で協力体制ができていなかった。
このCOP15で日米が共同で中国に圧力をかけていれば状況はかなり違ったものになったはずです。
この点を指摘したものは誰もいませんがいかに中国が強力になりつつあっても2つの大国アメリカと日本が一致団結して迫れば中国だって無視するわけにはいかなかったでしょう。

 こんなことを予想しただけでも鳩山のやった軽薄な言動はいかに日本に不利益を与え世界にも損害をもたらしたかがわかります。
このあとただ辞めればいいってもんじゃない!という論法に入るのですが長くなりそうなのでこの辺でやめておきます。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


鳩山、小沢の失脚まずはおめでとう

2010-06-04 Fri : 民主党
昨年の東京都知事選のころあたりから民主党が優勢になり8月30日衆議院選では民主党が自民を破り圧勝しました。
民主党の勢いに私はブログで「日本の終わりの始まりがはじまった」と書きました。
高速道路無料、子供手当て、ガソリン税無料などなどできもしないことを財源は官僚の無駄を配すればいくらでも出てくるなどと嘘を言って国民を騙しました。
財源はいくらでもあるどころか史上最高の国債を発行してまで予算を組んだのでした。
そして日本は予想以上に急速に解体が進んだのでした。
このままの勢いで民主党が政権を進めれば間違いなく日本は終わってしまうことでしょう、ギリシャみたいに、

 しかし幸いというかなんというか民主党政権のトップ鳩山と小沢が「政治と金」そして「普天間」でみずから大失態をやってくれたので国民も目を覚ましました。ひとまずやれやれです。
しかし残党はいまなお政権与党です。数の力で「外国人参政権付与」などいつ成立されてもおかしくはない。

 今後総理が管になるかどうかわからないがどっちにしても日本が衰退される法案などが提出されたら警戒しなければならないでしょう。

鳩山総理辞意 またまた予想が当たりました!

2010-06-02 Wed : 時事
 政府が普天間飛行場を辺野古に移設することに決定後鳩山総理が辞めると予想したのですが、みごと的中。自画自賛です。
「普天間基地は名護市辺野古に移設されるー1月4日時点の予想」
福島瑞穂が連立から離脱するだろうことは織り込み済み。
あと、管が総理になればパーフェクトの大当たり!
何にも得なことはないけどちょっぴり嬉しい感じがします。

 小沢も一蓮托生で一緒に辞めるとのことですがブロガーにとっては惜しい主役を失った感じがします。こういう悪役がいるからからかう楽しみがあるのだけどね。「あなたとは違う。私は先が読めるんです」の無能総理福田もからかいも半ばで突然辞めてしまったし。整形大統領ノムヒョンは高いところから飛び降りて死んでしまうし。後、頼りは魚雷をぶっぱなす北の豚将軍しかいない。
 ごめんなさい、たとえがおもしろいと思ってつい豚さんの名前を言ってしまいました。こんな汚らわしいものにたとえたりして申し訳ありませんでした。私はけっして豚さんを軽蔑してはいません。

 しかしでも悪党がいなくなり日本の国が中国の属国にならないように経済的に自立でき強力になるなら自分の小さな楽しみは無くなってもかまいません。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。