FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こいつらいったい何者なんだあ!!

2010-02-25 Thu : ブログ
 親戚の漁師が珍妙な平目を捕まえて私のところに持ってきました。
背中が白地に赤の紋様。腹が青と赤に赤い星型の紋様。腹には意味ありげな文字が書いてあったのです。

 小沢一郎の生い立ち
 東京市下谷区 ( 現:東京都台東区 ) 御徒町に弁護士で東京府会議員だった父 ・ 小沢佐重喜 ( オザワサエキ )、母 ・ みちの長男として生まれる。
その父の佐重喜が、56歳の時の子供。 本籍地は岩手県水沢市 ( 現:奥州市 )。 3歳から14歳まで郷里の水沢で育つ。 小沢佐重喜は、夜叉の異名を持つ、浅草の香具師。 北朝鮮の満州派の潜入工作員。
戦後、岩手方面に進駐した朝聯の指導者。 母の日本通名荒木みちの墓は、韓国済州島。 こちらは、南朝鮮労働党の残党。 そして、小沢一郎の戸籍は、浅草の泥棒市で入手された。

 力のある政治家なのに小沢氏の場合はなぜか親の名前が世間に知らされませんでした。
大きなニュースになった世田谷の土地購入では親に4億円という大金をもらっているのに親の名前はいっこうに出てきませんでした。小沢氏もマスコミも隠しているのでしょう。
 小沢一郎氏がなぜ日本人にとっては一円の得にならない在日のための永住外国人参政権にかくも執着するのか明白になった気がします。
これなら分かる。両親が朝鮮人なら小沢氏は純粋な朝鮮人です。

 小沢氏が昨年12月に韓国の大学生の前で講演した映像の一部です。
韓国で売国公演2/5

この中で小沢氏の話によると、日本の天皇の先祖は、朝鮮の騎馬民族が九州から入り奈良まで行って仁徳天皇になったとのことです。平安京を作った桓武天皇のきさきは百済の王女だったということです。
 なるほど朝鮮人の小沢氏にとっては自国の武人が日本を征服して王朝を作ったとするのは気分のよいことでしょう。
 
 そのほか小沢氏は「日本人は自立心が欠ける、自分で勉強し判断し決断すし責任を持つ能力がない」など日本人の恥をさらすようなことでさんざんこき下ろしています。
分かります、朝鮮の人ですから。

 小沢氏は講演中韓国の大学生に「君たちのような若い人が羨ましい、できることなら君たちのような青年に戻りたい」と穏やかな顔つきで何度も言い、「志を高く持ちなさい」とわが子に言うように諭しています。
 講演後学生との対談で韓国の学生に日本のニートのことを聞かれると小沢氏は「日本人の親は学校にも行かない、仕事もしないぶらぶらしている子供を食べさせている」
「日本人の若者は漠然と他人に寄生し寄生虫として生きているとんでもない害虫だ」とまで言っています。韓国人の若者に対するのとはえらい差ですね。
 さらに「日本人はもともと民度が劣るから君たち韓国人のような優秀な民族の血に入れない限り他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ」

 かなり口の悪い人でも日本人が外国に行って自国民の悪口をいいふらすなんて、よっぽどの悪意があって破滅させてやろうとでも考えない限りここまで言えないでしょう。
小沢氏が日本人に敵意を持っていて日本を滅ぼそうとしている半島の工作員だと考えれば納得できます。
合点合点、試してガッテン。

 寄せ集め集団民主党には小沢氏のような外国人が大きな顔をしているがほかにも変な人が混ざっています。人と言ったらいいんだか岡田克也氏は人間ですらありません。
日本人の探検家が60年ほど前韓国の山奥から連れてきたフランケという生き物です。
探検家が切り立った岩山のある沢に沿って進んでいると足に怪我をした奇妙な動物を見つけた。探険家はフランケだと分かった。しかしかわいそうに思い足の手当をし食べ物を与えた。するとがつがつ食った。しばらくして探険家が動物を残して沢に沿って進んでいるといつまでもついて来た。そこで探検家はフランケを捕らえて日本に連れ帰った。
 しかし探検家が60年以上も世話をしたのだが全くなつかない。おとなしそうな様子をしているが近づくといきなり噛み付く。友人がフランケをおとなしいと思って手を出し噛まれて大怪我をした。

 フランケは九官鳥か頭のいいオームみたいにときどき思い出したようにしゃべります。
「外国人参政権付与はわが党の悲願です」とか
「原理原則はと言えば憲法9条は何のためにあるのかわれわれは戦前に犯した過ち、軍を海外に送ってそこで武力行使をどんどんしてしまった反省から海外に対し抑制しなければならないというのが憲法九条の根拠であるから民主党はそれを死守する」とか。
 いまでは探検家はこんなものを連れてくるんじゃなかった、と後悔しています。

 探検家の友人でルースというアメリカ人の調教師がフランケに近づくと例のように噛みつこうとした。ルースがゲンコツを一発くれてやるとびっくりしておびえたようだ。
そして前ほど人に噛みつかなくなった。時々日本語で「相手がいる」などとしゃべる。
どうやら鈍いおつむで自分以外に恐い相手がいることを知ったようです。

 ごちゃまぜ民主党内には他にもまだ何者だあ、がいます。実は鳩山氏は宇宙人です。本人も認めているから間違いないです。
 半年ほど前鳩山氏は宇宙から「日本列島は日本人のものではない」という電波を送り日本を震撼させました。
この電波のおかげで日本はパニックになり恐怖のどん底に突き落とされました。
「日本列島が日本人のものでなくなるならわれわれは何処へ住めばいいのか。これからいったいわれわれはどうなるのだろう?」

 確かに宇宙から眺めたら日本列島は日本人のものではない、これから宇宙人が支配する対象にすぎません。
 鳩山氏地球上の生き物でさえないのでその感覚は超脱していて人間には推し測れません。 
鳩山氏は目の前でナイフを振りかざしてかんかんに怒っている人がいても何らの危険も感じません。刺すと緑の血が出ます。
しかし鳩山氏は宇宙人として身を守る術を持っています。
危険が近づくとタコが墨を吐いて敵の目をくらますように鳩山氏はこの術をまんまと仕掛けます。話術ですね。
 鳩山氏がこの術を使うときは宇宙目になり宇宙口から「ポッポロポー、ポッポロポー」と変なところにイントネーションが入った言葉を発します。
アメリカの大統領さえこの術でだましてしまうくらいですから日本国民をたなごころに乗せるなんて容易も容易よーい、ドンです。
マニフェストなどという最初からできもしないことがばれても国民は術にはまって怒ることもしません。
この話術を仕掛けられると谷口氏がいくら決死の思いで攻撃してもいつの間にやらだらしなく思考停止になり何かあの人本当はいい人なんだ、などと作られた印象を植え付けられたりしているうちその間にドロンしてしまいます。

何者なんだあ、が国会をうろつきまわりあ、はあ?な法案を通す。日本は変な人間や変な生き物が発する毒性のある悪臭をかまされて元気のない異邦人だらけの三流国になってしまいますよ。
もうどうしようもないですよね。
こうなったらここいらでロザリオ・グザンプ・マスター10に登場してもらいましょう。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。