スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党は事業仕分けで将来の科学技術の芽もつぶしてしまう

2009-11-24 Tue : 時事
 無駄を無くすという事業仕分け、テレビ局が街の通行人に聞いた調査でも好評のようで反対は2人だけだった。
テイタラクな自民党政権が官僚と癒着し、結果天下りや多くの無駄を生んでいたのかなあ、と。それを行政刷新会議がさっそうと官僚に切り込み無駄を廃せばいい。
支持が多いのはそんなところなのかと。

 しかし民主党の手にかかるとまともなものもイビツに変化してしまう。
枝野議員や蓮舫議員がバッサバッサと官僚を切り捨てているのです。
枝野はどんな効果があるのか即答を迫り官僚が口ごもると「廃止」に決めてしまう。
蓮舫は年配の女性が返事をしようとしても矢継ぎ早に質問質問を浴びせ官僚の言葉に耳を傾けない。
年配の女性は「私の話も少しは聞いてください。質問されてばかりで何も答えられないのは心外です」とようやく言えた。
 スーパーコンピューターの仕分けの時には蓮舫が「なぜ世界一でなければならないんですか?2番じゃいけないんですか?」と言っていましたが自分が言っただけで返事を聞いてはいないでしょう。
蓮舫の言い方でいいのなら「日本のスーパーコンピューターが世界一になってはいけないんですか、それはなぜですか?」と言える。
 結局「廃止」となったが、素人のやる一時間程度の議論でスーパーコンピューターの研究が将来に向かって無駄だとどうして言い切れる。

 他に「読書会」と「人形劇」の似たような議題があったのですが「読書会」の方は「廃止」で「人形劇」の方は継続となりました。
どうしてそんな風になったかというと、「人形劇」を扱うワーキンググループの女性の仕分け人の一人が「政治判断」で継続を希望したからだというのです。
「人形劇」が子供の教育に役に立つというのではなく「政治判断」からということになるとこの「人形劇」を廃止すると野党から批判された場合言い逃れがしにくい、と言うように考えられます。
 官僚の一人が「質問していいですか?」と仕分け人に聞くと「もう終わったので質問は受け付けません」とのこと。
作業を公開してもっともらしく見せてはいるが、要する国の将来にかかわることをまず「廃止」ありきで進め仕分け人のパフォーマンスでごまかしているだけの茶番なのです。

 「無駄」がどこにあるか分かったでも「無駄」であることを証明したわけでもなくて、強引に切り捨ててしまったのです。
官僚がわずかの時間に事案が有効であることを証明できなかった、効果を説明できなかったとしてそれは無理からぬことですね。
答えるにはたくさんの資料を準備し専門的な検証をしなければなりませんし。
たとえば英語教育の話でいうなら、小学校から高校まで英語教育があるがこの英語教育が効果があったのかすぐ数字で出せ、と言われてもすぐに出せるものではありません。
出せなかったから英語教育はすべて「廃止」ということを「事業仕分け」ではやっているのです。

 この「事業仕分け」というのは自民党政権に対していかに民主党がすぐれているかというパフォーマンスとあとできもしないマニフェストのために膨らんでしまった予算の穴埋めをしようと無駄ではない事業までをぶちこわしているのです。

スポンサーサイト

鳩山 アフガンに50億ドル支援 オバマに気遣い

2009-11-12 Thu : 民主党
 鳩山首相は、「給油活動を止める代わりに民生支援をすることにはならない。給油活動と民生支援は別のものだ」とはっきり言っていた。
 ところがオバマ大統領が訪日する11月13日の直前になって、「インド洋補給支援活動に代わる新たなアフガニスタン支援として、今年から5年間で最大約50億ドル(約4500億円)を拠出する」と発表した。
それも具体的にどんなことを支援するかはまったく決まっていないで金額だけがきまっている、という代物。
 これでは「給油活動をしない代わりに大金を出すから許してください」と言っているのと同じこと。
 言っていることと実際やることが違っていることがここでもがはっきり出てきましたね。
 
 自民党政権に対して給油活動を反対して見せたがやっぱりアメリカの圧力をまっこうから拒否できなかった。なんとも腰の定まらない政権です。
 
 本当の支援活動というのなら世界中には困っている国がたくさんあるのだから何もアフガンに限らなくていいじゃないか。特定の国に巨額の支援金を出すのはおかしい。
 国が40兆円以上の借金をしてそんな使途もはっきり決められないような支援に4500億円もなぜ国民の血税をほいほい出してしまうのか。
日本国内にお金に困っている人がたくさんいる、その人たちはわずかのお金の工面ができれば立ち直れてすぐさま社会に逆に貢献できるのです。
なぜ日本国民を支援しない。

 インド洋の給油活動は支援ではありません。
支援だと思うから給油活動を止めた代わりに金で援助する、ということになってくる。
 当たり前のことですが資源のない日本は当然輸出入の産業に頼っている。石油を輸入し製品を輸出している。インド洋をタンカーや商船が安全に通れなければ日本の存在はない。
アメリカに言われたからではなく本来は日本が率先してインド洋の安全を守らなければならない。
 が憲法上の制限から軍で守ることができないから代わりに給油活動を行って外国の艦船にインド洋を守ってもらうのですね。

 馬鹿はそれが分からないのか分かっているのに分からない振りをしているのか分からないがそれが馬鹿の馬鹿たるゆえんなのだろうか。
 いずれにしても日本にとってとても大事なインド洋の安全に貢献しなくなり外国の期待も裏切り国民には感謝されるのかどうかも疑わしい巨額の支援金を支払う羽目にしたのは誰だ。
 そうあの人です、軽はずみ宇宙人の鳩山のおとっつぁんですね。
一刻も早く政界から去ってもらいましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。