スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ演説に見る 隠れた真実

2009-01-25 Sun : アメリカ
収入が増えるわけでもないのにブログやる楽しみのひとつはなんですかねー、人をけなしてみることじゃないでしょうか。
それも絶対非難されないようなカリスマ性のあるような人物ならなおさらですよ。
で、やってみる。

でも最初にお断りしておかないといけないことがあります。
世界最強の国アメリカ合衆国は最も影響力のある国で日本はまた特に政治経済あらゆる面で影響を受けます。
そしてオバマ氏は日本にとって最も影響力のある外国人になった。
ですからオバマさんを畏れなければならないし動向は重要視しないといけませんよね。
そして日本はアメリカとの関係が最重要ですから今後とも友好な関係を作っていかないといけないです。
前置きはこのくらいにしてあとは趣味的なお話に入ります。

ミスタオバマは聞く人を魅了するほど演説がたいへんうまい。
ということは必ず嘘が入っている。
間違いない。
現実の事物は言葉のように滑らかに動くわけではない。
ギクシャク、ゴツゴツしている。
たとえば
「元レーサーの石松はでタバコ屋のある十字路を100キロのスピード急旋回した。」
言葉では何とでも言える。
実際には遠心力が働いてそんなもんじゃねえ。

誰かに昨日したことを唐突に詳細に尋ねる。
と、ふつう、思い出すには多少は時間がかかり滑らかに答えられないんじゃないだろうか。
「えーと、どーしたっけかな、そのあと、あ、そうだ、ちょっと待って」

すらすら答えられたとしたらなんらかの作文があるのである、のですよ。

オバマ新大統領は演説がたいへんうまい、アメリカ国民を魅了している。
その演説には嘘が必ず混じっている。
演説は現実に即した話をしているわけではない。
聴衆を熱狂させるのはヒットラーと次元が同じなのですよ。
熱情的で自信に満ちたどすの利いた声。人を惹きつける身振り手振り。
ユダヤ人という敵を作りそれを攻撃する巧妙さ。

オバマ大統領の話は抽象的です。
大統領候補のときはよく“チェンジ”と言っていたがそれはブッシュ大統領の共和党を民主党に変えるという意味ならば何とはなく実効性をもってはいましたが、もうなってしまったので“チェンジ”の言葉は無くなりました。
敵をなくしたのであいまいになり求心力を失った。

だから大統領就任演説では何のことを言っているのかさっぱり分からないような抽象的な言葉が並べられていますね。

オバマ大統領はもちろん黒人からの支持を得ていますがそれだけでは足りない、実行支配している白人からの支持も得ていなければなりません。
両方からの支持を取り付けるために具体的な実効性のある言葉をいっさい言わなかった。
演説の一部を見てみよう。
(青字の部分はオバマ大統領の就任演説の一部です。)
「私たちが危機のさなかにあるということは、いまはよくわかっている。わが国は暴力と憎悪の大規模なネットワークに対する戦争状態にある。経済はひどく疲弊している。それは一部のものの強欲と無責任の結果だが、私たちが全体として、困難な選択を行って新しい時代に備えることができなかった結果でもある。」
唯一一部の者の強欲と無責任の結果だがというところが敵をつくっているところだが失敗している。迫力ないしその外は敵らしいものを演出しえていない。
だから人間の情念に訴えてこない。
「私たちは今日から、自らを奮い立たせ、誇りを払い落として、アメリカを再生する仕事を、もう一度はじめなければならない。」
なんだかねえ、教科書みたいな文章だね。
いま私たちに求められるのは、新たな責任の時代だ。それは一人ひとりの米国人が、私たち自身やわが国、世界に対する責務があると認識することだ。その責務は嫌々ではなく、むしろ困難な任務にすべてなげうつことほど心を満たし、私たち米国人を特徴づけるものはないという確信のもとに、喜んで引き受けるべきものだ。」
一人ひとりの米国人が…その責務は嫌々ではなく、むしろ困難な任務にすべてなげうつ
このくだりを読むとケネディが演説で「アメリカが国民に何を与えるかではなく国民がアメリカに何をするかだ」と言って拍手喝采を浴びたことを思い出す。
ライターはまねしたんでしょう。独創性がないね。
私たちの子供たちに、私たちは試練の時に、この旅が終わってしまうことを許さなかった、と語られるようにしよう。私たちは後戻りも、たじろぎもしなかったと語られるようにしよう。そして、地平線と神の恵みをしっかり見据えて、自由という偉大な贈り物を受け継ぎ、未来の世代にそれを確実に引き継いだ、と語られるようにしよう。」
ねえ、センチな詩のようなつまらない作文でしょう。
こんなものに何万という聴衆が熱狂するなんてね。
このあたりの群集心理というのは最初から熱狂しようというエネルギーが働いていたからと考えると理解できる。
オバマ氏が黒人だということではじめての黒人大統領誕生という熱狂があった。

こんな実話があります。
若い男女がお見合いをした。両方の父母と仲人が集まって会話がはずんでいい雰囲気で盛り上がった。
そして二人は結婚した。しかし一年しないうちに性格の不一致で別れた。

お嬢さんはお話がとっても上手で聞き手をとても喜ばせたんですね。
それでみんなこのお嬢さんはとても良い人だ、お嫁さんに向いていると思った。
でも話がうまかっただけで妻として主婦としてよくはなかった、ということです。

オバマ氏についても言える。
かれはアメリカにまだ何もいいことをしていない。政治の実力を見せて何かを実行してはいない。
お話がうまいだけなのです。

アメリカは言葉の国です。もともとイギリスからキリスト教がらみの清教徒か何かの人々が船でアメリカ大陸に移民した、というのがはじまりでしょ。
神がかりなんですよ。
聖書にイエスキリストが三日で神殿を建てたとかこぼちた(壊した)とか処刑されたら地面がパックンパックン割れて悪者が落っこちたとか三日三晩亡霊がうろつきまわった、とか。
ヨブだかアダムだか何百年生きた、とか。

現実には考えられないようなことがいっぱい書いてある。
それをアメリカ人は神聖だとして信じているんですね。

だからアメリカ人は感動的であるというだけで言葉を信じる素地は建国以来出来上がっていた。

もうひとつ言葉の国だという観点を補強する別の見方があります。
アメリカは広大な国土で地下資源が豊富で気候がほとんど温帯に入っているので経済活動や農産物の生産に非常に適している。
だからよほど体たらくな民族が移ったのでなければ自然と最強の国になるのです。
アメリカ人が偉いわけでもなんでもないと言っておきましょう。
日本人やドイツ人あるいはユダヤ人が移民していたらもっと強力な国ができていたでしょうよ。

で、豊かな国で育ったアメリカ人はティーチャーだのドクターだのアーティストだのほとんどが知識を売る仕事をしている。
アメリカで工業といえばGMやフォードなどの自動車とオートバイのハーレーダビットソンしかない。
農業といえば広大な畑を大型トラクターでガーとやるだけです。
テレビもパソコンもあらゆる生活道具は知識を売って買ってくるだけです。

工業製品を作るなど現実にぶちあたれば物事の事実面が分かってくる。
でもアメリカ人は現実の生活の中で事物に即した教育を受けていない。
すべてが空想の中で処理できる、アメリカ人は。
アメリカ人は言葉に動かされる傾向が非常に強い。
ですから言葉の国アメリカでは言葉の人オバマが非常に受けた。

だぼら言っても聞かされても何らかの形で収入があり食っていける、それが今までのアメリカだったがこれからはそうはいかない。金融危機。
小さな島さえ買えるような世界のGMが国から金を借りる?
アメリカも他の国のような困難を抱えてきた。
オバマさんのうまいお話では満足のできない人々がたくさん出でくる。
オバマさんの支持率当初80%、今回68%。次回はもっと下がるでしょうよ。

オバマさんは自分自身を客観的に見ることができる。
日本にも自分を客観的に見ることがいってやめちゃった人がいるけど名前思い出すのに時間かかるよね。
たしか情けない福田という樹上生活者だったけど森にずーといればいいのにひょっこりでてきたもんだから日本国民は大迷惑さ。
あのひとも実は言葉の人なんですね。アドリブのね。国益を考えないところが違いなんですけれども。

話はそれてしまいましたけど元に戻しますが、オバマさんはどうやったら人に受けるかをよく知っている。
見た目黒人だからもち黒人の人気を得ようとしているのだがもち白人の票も欠かせない。でどっちつかずの言葉をいう。今のうちは成功しているがすぐボロが出る。

オバマさんはジェスチャーがとてもうまい。よくズボンのポケットに手をつっこんで要人と話をする。
オバマ氏がまだ立候補者だったときイギリスを訪問しブラウン首相との会談のときブラウン首相の後ろに手をまわしポンとたたくようなしぐさをした。
ズボンのポケットに手を突っ込みながら話をする、相手の肩や腰をたたくなどは目下のものに対してやってもいいよ位のもので普通なら失礼な行為だ。
最近のニュースで見られた方が多いんじゃないかと思いますが、大統領が宣誓をやり直したのを副大統領が「私は長官ほど記憶力がよくないが」とジョークを飛ばしたときオバマさんが謹厳な顔つきをして手を副大統領の背中に回したのを。
よくそんなジェスチャーするんですよ。
私なら年の若い世間知らずの若いもんが偉そうな態度をしたならこいつは失礼な野郎だと思うことでしょうよ。
私は偉そうなという印象を受けるがアメリカ人には“偉大な”に見えるんでしょう。

オバマさんは畏れなければいけない人物ではあるけどあんちゃんです、尊敬する必要はない。

こんな生意気なオバマ新大統領に引けを取らない日本の政治家は?
は~~~~。いないだろうな。
公平な選挙やってもましな政治家が出てこない。となると選挙の意味ないじゃない。
いっそのことハローワークで「高級出します、総理大臣募集」なんてやってみたらどうでしょう。
国益を考える人、当たり前ですが誰か総理やってみない?

スポンサーサイト

朝青龍がいなくなれば相撲は衰える

2009-01-12 Mon : 未分類
朝青龍が初場所に臨むにあたり「進退をかける」とか「序盤で負けが込めば引退」とかマスコミが報道する。
実際結果が思わしくなければ引退ということになれば朝青龍について書くことが無くなりメシの種が一つ減るわけだ。
散々バッシングしてとうとう花形を消してしまって収入減るということ。
馬鹿なマスコミです。

相撲協会も人気者の朝青龍がいなくなれば入場者が減り興行収入が少なくなる。
横綱などの相撲取りがあってこその相撲協会なのであってその逆ではない。
偉そうなことを言ってるストーカーおばはんもお相撲さんのおかげで飯くわしてもらってるんですね。

なぜマスコミが中国人や朝鮮人のスポーツ選手を一切批判できないのに外国人には違いないモンゴル人の朝青龍をかくもバッシングするのか、わからんです。
相撲が国技でそういう意味で国とつながっているからかもしれない。
そして左翼的なマスコミは国家の伝統とか権威とか言うものをずたずたにしてしまう。
あとには日本に価値のあるものは一切なくなる。そういうことなのかもしれない。
だからマスコミは寄生虫なのだ。寄生する対象は大きくて強いほうが吸いでがあるからいい。
でもマスコミは馬鹿だから寄生する対象が倒れて自分たちも死んでしまうということまで考えない。

だから日本国民は存続したいのならマスコミのことを信じてはだめだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。