スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍さんから福田さんへ、ドタバタを見た

2007-09-30 Sun : 時事

「職を賭して闘う」といってすぐ総理やめちゃった安倍さん。腹が痛いんじゃしょうがない、気持ちは分かる。
いくら強そうな事を言ってたってそれは健康で安全の中で空想の中で言っているだけの事であって、公衆の面前でビリビリやって史上初の国会でモラシタ総理などという名誉を貰うってことになると、最も大事な職責なんてものもほっぽり出してしまいます。
人間てそんなに弱いもんだということです。
みんなただの人間なんだよね。

がそんな事は言ってられない、国民の側からみると総理に国会をほっぽり出されたらたまりません。
やっぱなんですね、総理になるような人は胃腸が強くないとダメですね。それと弱い心臓(晋三)も使えんなあ、てか。

 一年前安倍さんが総理になってから今度福田さんが総理になって、国民はいろんなことを学んだ(勝手に言っております)。
なってみると初期の頃の安倍さんのイメージとは違っていた、びっくり。
河野、村山談話を継承した、コネ感覚で復党させた、最初の訪問がアメリカではなく中国、韓国だった、靖国神社に行くと思っていたら行かなかった、闘わない政治家だった、タカ派だと思っていたらハト派だった、等々。

 こんな具合でやることなすことまるっきり正反対のことをやらかしたもんだから、これはもう保守派からも見放され人気がどんどん落ちていったんじゃないのかねえ。

 で言いたい事は安倍さんを知っていたつもりでも蓋をあけてみりゃこれじゃ約束が違うよ」みたいなことです。

で今度福田総理が誕生して麻生さんとの討論やら福田さんに関する記事ニュースでいくらか人物像を知ることはできたんだが、この人官房長官やった以外何にもやってない。
官房長官てのは政府付きのコメンテーターみたいなもんで、政権がへまな事をやっちゃった場合にうまく口先でごまかすみたいな仕事だ。
だから福田さんはごまかすのがうまい、それでその事には自信をもっているでしょう。

 現代、総理大臣という職は名実ともにかなりでかい権力があることが分かってきた。
総理あるいは首相は国民に安心を与えなければならないし、狡猾な外国の策謀を打ち負かし脅威を取り除かなければならない。
そのためには自ら働きかけ内閣、国会、国民を動かさなければならないので理想に沿って情熱、策謀、圧力、威嚇など
官房長官とは違った能力必要だよね。福田さんにあるかな。

 われわれ福田さんのことはほとんど何も知らないし何の約束の取り交わしたわけではなく、この1、2習慣の間に国家と国民をドタバタのうちにこの人物に預けてしまった。
われわれは重要な将来影響するであろう事項がわけの分からんドタバタのうちに決定されていく現場を見た気がする。

 タカ派で保守派だと思われていた安倍さんで結果どうなるかわからなかったのに、まして福田という人物が日本に不利益になるような何を言い出すかしでかすか全く分からない状態で船を出してしまった。

 船は東に向かうのか西に向かうのか、東シナ海あたりで沈没しないといいけどね。
スポンサーサイト

安倍総理 謝意表明

2007-09-23 Sun : 安倍政権
国民「中国や韓国やアメリカまで謝っておいて国民には言わないんですか?」
国民「辞める時くらい言ってくださいよ」
安倍総理「言うんですか?」
国民「そうです」
安倍総理「何だか、言いづらいな」
国民「言ってください」
安倍総理「アイ アム ソーリ」
@@@@@@@@@@@@@@@@@@ホハ

国民「グス」
国民「言わせないほうが良かったかな」
国民「タイミング、微妙っすね」
国民「安倍君は、いつもまずい時言うかんね」
国民「なんだ、かんだ」

Abendoブログ ホハ

2007-09-16 Sun : ブログ
主役の安倍さんがいなくなったんで困ったでしょう。

反日なしでは立っていられない韓国のように、Abendなどと安倍を非難することでだけ生きながらえてきたブログがある。
それでもって安倍がいなくなってしまうと、自endなどと言ってゴロ遊びを始めた。

くだらないね。
早く消滅しろ。

朝青龍が何をしたって

2007-09-07 Fri : 未分類
まさか自分が朝青龍を弁護する記事を書くなんて思いもよらなかった。
誰もこの人を弁護するものがいないなら、だから自分は弁護する。
取り組みを始める前腰を低くして相手をねめつける態度はいかにも「自分は強いんだぞやれるもんならやってみろ」というような生意気そうな態度はちょっと気に食わないし、日本の国技なのに横綱や強い関取は外人ばかり日本人はもっと強くなれないのか、苦々しくしく思っていた。

先だってまで拍手喝采を浴びていた朝青龍を今は毎日のようにマスコミがおもしろおかしくバッシングしている。
あるコメンテーターは「悪いと思っていたら、目がキョロキョロオドオドしているはずですよ。あれはただふてくされているだけですよ」とモンゴル帰国が決まって空港に向かう朝青龍の顔を評してそう言った。

朝青龍が何をした?
腰だかひざが痛くて休んだ。
と思っていたらモンゴルでサッカーして楽しそうに遊んでいた。
で、それが悪い?
楽しいことが悪いことかねえ?
いいじゃないの、横綱だって気を抜きたいことだってあるさ、好きにやらせてあげれば。

相撲ファンでもないし別に朝青龍に肩を持つわけでもないが、大方のマスコミの朝青龍に対しての冷たい報道や、ファンがいるはずなのになんだか擁護する声が聞かれないのは異様な気がする。
今までの朝青龍の人気ぶりからいったら応援する側が8割で厳しく対処しなければならないとする側が2割位だったら批判精神は健全かなと思える。
が今のようにマスコミのカラー1色だとすると共産圏みたいに全員洗脳されてしまったんじゃないか。
「朝青龍の相撲がみたい」とか「朝青龍、がんばってー」とかの声がたくさん聞こえる中で厳しい非難があって日本は安泰だと思える。

けじめをつけなきゃいけないのは相撲協会なのであってマスコミがえらそうにでしゃばってこなくたっていいのだ。
そんななかで厳しい意見を持つ相撲ファンがいてもいいよ。
でもマスコミと一緒になって国民が朝ちゃんをくたしたらいけないな。
と思う。

朝ちゃんは素朴な人柄だ、ふんどし一丁ですべてをさらけだしている。
やる気満々だし強いのは事実だし何も隠してはいない。

モンゴルから来て力士になってもう長年日本愛着して生活し相撲に身を置いて勝負して日本人と交流している。
こういう人を敵か何かのように非難してはいけない。
朝青龍が日本人に何か悪い事をしたか。
日本人の悪口を言ったか。
朝青龍は日本人の敵なのか。

モンゴルは友好国だ。日本の相撲と似ている格闘技がある。
日本を敵視していない。日本と友好を深めたいと思っている。
そういう国は大切にしなくちゃね。

「日本を火の海にしてやる」という国や靖国神社や南京事件で難くせをつけてペコペコ謝らせようとしている国や慰安婦問題で日本人を残虐な民族みたいにしようという変な国や国内のマスコミや左よりの変な政党、要するに日本人をダメにしようとするものが敵なのだ。
それ以外は大目に見ようじゃない。

なぜマスコミが小国出身の朝青龍を執拗に攻撃するのかは分からない。
普通マスコミは弱者を擁護する不利をして結局対立軸として体制側の政府などを批判するが、朝青龍が国技としての相撲の横綱だからと推測される。
国家の権威の象徴のひとつである横綱、これを無価値なものにしたい。
日の丸や君が代や天皇やその他もろもろ日本の伝統にアクタイついてズタズタにして無意味なものにしようとした。
そしてあとには日本人が心のよりどころとするものは何も残らない。
マスコミってそういうもんでしょ。

朝青龍の着物を着て歩く姿は立派だと思う。
目はキョロキョロオドオドしてなかった。
毎日の稽古で鍛えられた身体はキョロキョロオドオドするようにはできていない。がっちりとした肩に頑丈な首がすわっている。
いいっぱなし無責任なコメンテーターのように「ああごめんなさい、ああすいません」と簡単に反省の言葉は出てこないのだ。
相手を倒してなんぼの世界なのだ。自分に落ち度がわからないから耳障りのいい謝罪の言葉はすぐ出てこない。
言う時は自分の言葉で言う。待ってあげようじゃないか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。