スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判なんていい加減だなあ。高橋克也裁判にも見る。

2015-01-19 Mon : 裁判
サリンによる後遺症に今も苦しむ浅川さん
サリンの猛毒で20年経った今も後遺症で苦しむ浅川さん
地下鉄サリン事件で殺人などの罪に問われたオウム真理教元信者高橋克也被告(56)の初公判が16日東京地裁で行われた。高橋被告は
「まかれたものがサリンだとは知らなかった。殺害の共謀もしていない」
「指示に従っただけで、何が起こるかは誰からも聞かされていなかった」
と無罪を主張した。
事件で妹が後遺症を負った浅川一雄さんは、被告が一切謝罪の様子が無かったことについて
「携わった事件がどれだけの人に迷惑をかけたのか、影響を与えたのか、本当に把握しているのか」
と語った。


重大殺人事件の裁判で、いつも重要視されるのが殺害の意志があったかどうかです。重大犯罪になるとなぜか突如として犯人の心が重大視されるのです。殺された側の心はガン無視です。
交通の死亡事故でひいた側の心が問題視されることはありません。もし殺す意志があったかどうかが問題であるなら、全員無罪になります。
バスの棚からバッグを取ろうとしたときバスが揺れてバッグを下のお客の頭に落としてしまった。こんな時「すいません」と言いません?現実に当ててしまった結果について謝るのです。これが世間一般の常識というものだと思います。
ところが重大殺人事件の裁判になると、起こされた結果ではなく犯人の心に殺意があったかどうかが問題になるのです。
ですから被害者側も一般常識の社会の側にもギャップが生まれるのです。

こんな裁判おかしくはないですか?裁判のやり方が間違っていると思いますが。裁判所は結果について初期の判決を出すべきです。そして知っていたとか知らなかったとかについて情状酌量を考察して最終的な判決を出すべきです。こう思いますがどうでしょうか?

高橋被告がすべて指示に従っていた言っていた首謀者の麻原彰晃は、なぜか刑が執行されず牢屋で無駄飯を食っています。人権派弁護士が言うことに事欠いて当時の麻原には頭がパーになっていて責任能力が無かったと言った。計画的に何人もポアしたのにね、ウソでしょ。裁判を長引かせようと、故意に趣意書という書類を裁判所に提出しなかった。それがために裁判は失効し有罪のままになった。お粗末!!
麻原の刑が執行されないのは、刑が確定しなかったまま裁判をほったらかしにしてあるからじゃないの?裁判所はいい加減だな。

去年5月原子力規制委員会がやっとのことで大飯原発の下には活断層は無いとして再稼働を認める結論を出した。ところが福井地方裁判所は「1,260ガル超の地震が来ない確たる証拠はない」として3,4号機の再稼働を認めない判決を出した。原発反対派は新判決が出たと大喜びしました。
これが通るとなるといくら綿密に調査し再稼働をするべく努力しても、一地方の裁判官が偏狭な判決を出しただけで国のエネルギーや安全がくつがえってしまうことになります。
こうなりゃあ裁判所なんて権威でも何でもないぜよ。裁判なんていい加減だなあ!

クリックお願いします。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

在日の生活保護は法律違反

2014-07-21 Mon : 裁判
最高裁生活保護法初の判決 
正しい判決をした千葉裁判長
他ブログさんの付け焼刃になりますが、在日の生活保護について最高裁の判決が出ました。今後の日本にとってとても重要な判決なので取り上げたいと思います。
日本の裁判所にまだ良心はあったのかと思えました。

経緯
永住資格を持つ大分市の中国国籍の女性が起こした裁判で、外国人が法的にも保護の対象になるかどうかが争いになり、2審の福岡高等裁判所が「法的な保護の対象だ」と判断したため、国が上告していました。

実際は生活保護費の支給は、人道上の観点から自治体の裁量で行われています。

18日の判決で最高裁判所の千葉勝美裁判長は「生活保護法が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」とする初めての判断を示しました。

そのうえで「法的保護の対象を拡大するような法改正もされておらず、外国人は自治体の裁量による事実上の保護の対象にとどまる」と指摘して、2審の判決を取り消しました。

こう見てみると千葉裁判長は法律通りの判決を出したに過ぎないことが分かります。これは初めての判断だった。今まで法律であるかのように日本が在日にいかに食われてきたか。

日本国民は、垂れ流しを止められない厚労省や自治体に法律通り生活保護の廃止を求めるべきと思います。
また、在日が生活保護費のことでイチャモンをつけたら、18日の最高裁の判決を教えてやればいいのです。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

光母子殺害 広島高裁 元少年に死刑

2008-04-23 Wed : 裁判
光母子殺害事件で広島高裁が元少年に死刑を言い渡した。

無抵抗な母親と赤ん坊を悪魔の仕業としか思えない残忍な方法で白昼堂々と自ら進んで行ったことを思えば判決そのものは正しかった。
それでも本村さんは元少年に消えてなくなれとか人間として価値がないなどと愚弄しているわけではない。
「罪を償って欲しい」とだけ言っている。
犯罪者だって日本人であり社会人なのだ。法律を守り社会の中の義務、死刑を受けるべきです。

今回の広島高裁の判断で新しい点。

弁護側が情状酌量とさせようとした理由に成育暦や「精神的に未成熟で対応能力が欠如した少年が偶発的に起こした」として元少年の「精神の未熟」を上げた。
それに対する判決は「幼少期からの父親の暴力や母親の自殺などの成育環境が人格形成や健全な精神の発達に影響を与えた面もあるが、死刑の選択を回避するに足る事情とまでは言えない」として退けた。

今までは弁護側が「子供だから」「不幸な生い立ちだから」「精神が未熟だから」と言ってどんな凶悪犯罪でも情状酌量でごまかしてきたがこれからはそうはいかないでしょう。

カリフォルニアでメキシコ人 一事不再理で不起訴。三浦和義裁判に影響か。

2008-04-12 Sat : 裁判
◇記事引用◇
「アメリカで殺人の罪に問われた男がメキシコで有罪判決を受けたことを理由に、同じ罪で2度裁くことはできないと申し立てていたことについて、カリフォルニア州の裁判所は申し立てを認め、起訴を取り消す決定をしました。」

三浦和義氏と似たケースですが同じように適用されれば無罪となります。
がどんなもんでしょうか。

判決が確定した事件で再び罪に問うことを禁じるというのが一事不再理ということらしい。

自分流に考えれば一回罰を受けた者がまたまた罰を受けても構わない、ということなら法律なんてめちゃめちゃですね。

犯罪を犯したものが罰を受けたなら許してやり社会に復帰する事ができる、というのがまともで穏やかな社会というものだ。
それを罪に着せる方の意図で人1人の人生を台無しにしてしまっていいものではない。

こういうケースを許すということは中韓が南京事件や慰安婦で過ぎ去ったわれわれが知らない事件のことを執拗に持ち出して現在のわれわれ日本人になんとか罪悪感を与えようとしているのにも通じる。

三浦和義氏は何十年も裁判沙汰に拘束され実刑も受け今は無罪となっている。
だから普通の日本人なのですね。

それを外国人が連れ去って罪を着せようとする。
これは治外法権じゃないですかね。
日本の国は無実の日本人が拉致されても守ろうとせず放っておくのでしょうか。

こういったところにも今の日本の弱さがあるように思えます。
三浦さんなんて親戚でも知り合いでもないですがアメリカに何の主張もできず日本人がいいようにされているのはふがいない。

C型肝炎訴訟にもマジックなワードが使われている

2008-01-13 Sun : 裁判
 裁判沙汰で威力を発揮する言葉マジックなワードがある。

 慰安婦問題では「強制」がマジックなワードだ。
日本軍が慰安婦を無理やり連れてきてかわいそうな慰安婦を「強制」したそうだ。
韓国は執拗に非難し謝罪を求めている。
アメリカの議会にまで取り上げられ「女性を性の奴隷にした」と日本軍が凶悪だと印象付けている。
結局「強制」は無かったわけだが、一連のストーリーから「強制」というマジックなワードを取り除いてみると、
あら、不思議!当時の就職難の時期に日本軍に籍を置いて安全にまたサラリーマン以上に高給をいただいていた。
感謝こそすれ謝罪だとか何を?
マジックなワードなんだよね。

 沖縄集団自決問題でも「強制」がマジックなワードとして使われている。
日本軍が島民に自決を「強制」として当時の日本軍の凶悪さを示し結果日本悪い国と印象付けている。
自分の国を悪党呼ばわりしてどうすんでしょう。

 無抵抗の島民がいる渡嘉敷島をアメリカ軍が包囲して迫撃砲を浴びせた。
敵に殺されるかどうか、殺されるなら自殺しようと考えてもおかしくない差し迫った状況だった。
島民を追い詰めたアメリカ軍を非難するんじゃなくて日本軍が自決を「強制」した方へ振るわけ。
そうかえ、そうかえ。
結局、「強制」は無かったわけだが、この一連のストーリーから「強制」というマジックなワードを取り除いてみると、
あら、不思議!自殺した島民の悲惨さとアメリカ軍の凶悪さが浮かび上がってくる。
ほんに、マジックなワードなんだよね。

 C型肝炎訴訟問題、この問題でマジックなワードは何なのか。
原告が手始めに攻撃をしかけるのは「」なんです。
」という言葉はよくわからん言葉だ。「」は人がいてはじめて成立するのだから「」とは国民なのだろうか。
でも原告が国民を訴えるというのは筋が違っている。では役人なのか、一握りの役人を訴えて謝らせようというのか。
それならば何にも役人の名前が出てこないといけないはずだが、一向に出てこない。

 とにかく原告は「」を訴え続ける。するっていうと
あらら、不思議!福田が出てきてぺコリと謝った。そして一律救済。ターゲットは国民の税金。やったね、トーシバちゃん。
」って政府のことだったのね。
それならそうと早く言ってくれればいいのに、意地悪いな。
打ち出の小槌で打てば、あ、こりゃこりゃ!、福田が踊って福呼んだ、はあ、よいよい!
やっぱり、マジックなワードなんだよね、「」って。

 原告がのっけから福田総理の責任を追及したら「私、総理やっておりますが就任して間もないしC型肝炎、関係ないんですね、ムハハハハ」てなことになる。
誰の目にも今の政府がこの問題を引き起こしたのではない事はバレバレなので、まず「」というあいまいな概念を叩いておいてそっから徐々に現行政府に責任を移していく。うまいなあ、このやり方、はい拍手!


 狙いを定めるのは「」か大企業に決まっている。大企業には保証をするだけの資金があり、「」はそれこそ国民が税金払ってるんだもの、「」がつぶれるまで無尽蔵の賠償金があるってもんさ。
そしていつもいつも国民の貴重な税金が食い物にされる。


 けっして中小企業がターゲットのされる事はない。なぜなら原告が中小企業を相手に訴訟を起こせば小さな会社は潰れてしまう。それでは訴訟を起こした方は元も子もない。
何より経営者や従業員が失業してしまい路頭に迷う。そっちの方が弱者になり逆にそんな状況に追いやった原告はひどい人だということになる。
だからマスコミもそのことをじゅうぶん知っていて間の民間の訴訟問題を大きく取り上げることはない。


 で、こんな話って弱者を批判してるみたい自分。やっぱりしてるか。
が、けっして弱者を貶めようとしているわけではない、かなりいいわけだけど。
目指すのは公平さだ。
 普通一般常識では弁償するのは、失敗をやらかしたものとか人に迷惑をかけたものだが。
無関係な国民が弁償とは、どうも納得がいかないねえ。
 一方を優遇すれば必ず逆に恩恵からはずされる人々がいる。100万円あれば首を吊らなくてもすむ人がいる。
お金がなくて困っている人々がいる。
税金は有効に使いましょう。
 一律救済などというけどどんだけお金がかかるか分からない。
「権利ができたからには全部取るだ」などとよくばりなことを言わずにほどほどに取ってください。
 治療を受けたくても金はなし、働いてて時間もなしの人がたくさんいるんです。
救済に該当する人で賠償金を貰わなくても生活に支障がない人がいたら受け取りをやめてくださいまし、お願いします。

こんな話をかくものはいないだろうね。弱者の影に隠れて不公平がのさばって動こうとしないのに誰も文句を言おうとしない。
こんなことってけっして明朗ではない。
こんなことを喋っていると団体がつっこみを入れてくるかな。
だけどここはホノボノとしたブログ、違ったホソボソとしたブログだからね、取り越し苦労か、ホハ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。