スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古基金一億円突破。日本を無防備にしたがる勢力がいる。

2015-05-10 Sun : 沖縄米軍基地
宮崎駿 
辺野古基金の共同代表になった宮崎駿さん
千と千尋の神隠し」や「風と谷のナウシカ」などすばらしいアニメ映画を作り、世界的にも有名な宮崎駿ん。
この方が沖縄での辺野古基金の共同代表になったそうです。辺野古基金と言うのは、普天間から辺野古へ飛行場を移設することに反対して活動資金を募り、海外メディアに意見広告を出すなどを目的としているのですと。
この人の作品と才能には感心するし尊敬もするけど、政治に口出すのは止めておいた方がいいと思うけどなあ。
とかく特殊才能がある人物は政治についてはトンチンカンなことが多いです。原発ゼロに気炎をあげている脳減る症作家の大江とかいう人もそうだし。金があって生活費の心配することないんで自己本位で勝手なイメージを作ってしまうんだなあ。

ベトナム戦争を振り返るとよく分かります。アメリカは自由の国だからラブだピースだ、ヒッピーだフリーセックスだと有名な歌手や芸能人までアメリカの戦争に反対した。結果ソ連や中国が応援していた北ベトナムが勝利しベトナム社会主義共和国に統一されました。よかったねw。50年経った現在ベトナム領海内に中国が勝手に石油掘削を始めるし、ベトナムにとっていつ進攻されるか分からない軍事的な脅威を感じている。今ベトナムは西側に接近し、日本はベトナムに経済支援を行って友好関係にある。
戦争反対ラブだピースだと言っていた有名人にこの大逆転はどうなんだ?とつじつまの合う答えを聞きたいよね。
宮崎駿さんみたいな有名人が基地反対などというと、影響力が大きいだけにまずいです。
菅原文子 
菅原文太さんの妻文子さんは辺野古基金の共同代表
5日の朝日新聞は、去年亡くなった俳優の菅原文太さんを辺野古基金に結び付けて大きく掲載しました。
文太さんの妻文子さんが辺野古基金の共同代表だそうです。
以下文子さんの話からの抜粋
初めて菅原(文太)と辺野古に行ったのは5年前です。白い砂浜に突き刺さる鉄条網に強い違和感を持ちました。昨年11月、菅原は沖縄県知事選で翁長知事の応援演説をし、こう訴えました。
<政治の役割は二つあります。一つは国民を飢えさせないこと安全な食べ物を食べさせること。もう一つはこれが最も大事です。絶対に戦争をしないこと>
知事選応援は菅原が自ら願い出たことでした
壇上では菅原が口述し私が大きなメモを持っていました。
<沖縄の風土も、本土の風土も、海も山も、すべて国家のものではありません。そこに住んでいる人たちのものです。勝手に他国に売り飛ばさないでくれ>

誰に対して言っているのかよく分かりませんが、日本が沖縄を外国に売り飛ばしましたか?岸信介がアメリカと交渉し佐藤栄作の時沖縄を取り戻したんじゃなかったっけ?
<沖縄の風土も、本土の風土も、海も山も、すべて国家のものではありません。そこに住んでいる人たちのものです。>
このセリフを聞くとあの方を思いだしました。ルーピー鳩山がニコニコ動画でいった言葉です。
日本列島は日本人のものではありません。
日本中総毛だちました。日本列島が日本人のものでないんならわれわれは、どどこに住めばいいんだ?
ルーピーがそんなこと言ったものだら、外国がそんなにいらないのならいただこうと食指をのばした。イミョンバクが竹島に上陸し陛下の侮辱発言をするわ、メドベージェフが北方領土に乗り込んで我が国の領土だと示威発言をするわ、中国が核心的利益と称し尖閣諸島を何度も奪いにくるわ。そのうち沖縄も取りに来るでしょうよ。民主党は責任を取れ!
国が守らなければ、一地方で存立するものではありませんね。

同日の朝日新聞の別ページに「子どもの数1617万人34年連続減」として、15歳未満が過去最低を記録したことを載せてあります。子供人口の割合は12.7%で65歳以上の割合26.7%の半分になった。そして朝日は都道府県別の子供の割合を載せています。
     県別子ども数割合
     1 沖縄  17.5%
     2 滋賀  14.6
     3 佐賀  14.2
     ・・・・・・・・・・・・・・・
     43北海道11.5
     46東京  11.3
     47秋田  10.8


産業が日本一少ない沖縄が逆に子どもの割合がトップになっていますね。野良ネコなら本能に任せてセックスした分産んじゃうんでしょうけど、人間は先を考える動物です。子どもを育てられるお金が無かったら避妊するのですね。
沖縄では安定した職についていなくてもお金を稼げるカラクリがある。過去に見た誰かさんのブログを思い出しました。ありました。桜の花びらさんの13年11月23日記事「日当2万円で基地反対に参加。目的は基地反対ではなくお金?

沖縄の矛盾 基地で厚遇を受けつつ「米軍反対!」
沖縄は不思議な県だ。県民所得は2008年度を除けば、連続全国最下位にもかかわらず、戦後人口は増加の一途をたどっている。
基地のある沖縄には相当額の国のお金が使われており、それが無くなると沖縄はなりたたないのです。
鹿児島には沖永良部島や奄美大島にも基地がありますが「国がお金を使うのは沖縄ばかり、こちらにももう少し使ってほしい」と言っています。
「基地反対」とやるのは騒ぐほどお金になるから、実際に賛成でも反対を言うのです。
国はもう少し賢くなって騒ぐほどお金を出さないようにすればいいのです。
などなど。


詳しくは桜の花びらさんをご覧ください。沖縄って裕福じゃないですか、子どもをたくさん産めるお金があるんだもの。
反日朝日新聞は有名人を紙面に載せて米軍基地反対キャンペーンをやっていますが、語りに落ちるとはこのことなのでしょうかね。
<政治の役割は二つあります。一つは国民を飢えさせないこと安全な食べ物を食べさせること。もう一つはこれが最も大事です。絶対に戦争をしないこと>
菅原文太さんは<国民を飢えさせないこと>と言っていますが、沖縄県人は飢え死にしましたか?日本一国民の税金をいただいていて政治の役目は飢えさせないことだ、はないでしょう。でたらめを言わないで菅原さんにはもう少し真面目に考えてもらいたかった。

辺野古基金は一億円を超えたそうですが、どーせ中国マネーが入っているのでしょう。辺野古の新基地ができて日米がしっかり沖縄を守ったら中国が困る。だから沖縄を拠点とする害虫どもが移設に反対しています。
沖縄は日本です。国が地方を守るのだから、まだ反対している県民は国の防衛を考えてもらいたいですね。
クリックお願いします。!(^^)!
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

政府はまだ基地移設を決められないのだろうか?何をしているのだろう

2013-12-18 Wed : 沖縄米軍基地
    仲井真知事
            政府を牛耳っている仲井真知事W
産経新聞とFNNが合同で14、15日に行った世論調査。
問 沖縄県の米軍普天間飛行場について、日米合意に基づいて県内の名護市辺野古に移設する安倍内閣の方針は
支持する  52.1
支持しない 36.1%

朝日新聞が沖縄タイムス、琉球朝日放送と共同で、県内有権者に行った世論調査。
問 米軍普天間飛行場の移設で国が名護市辺野古の埋めたて申請していることについて仲井真知事は申請を
承認するべきだ    22%
承認するべきではない 63

新聞によって印象は違うものですね。朝日新聞は米軍基地の事項が日本の安全保障に関わる重大な問題にもかかわらず日本国民に一度もアンケート調査を行っていません。それやったら半数以上が埋め立て賛成になって都合が悪いんだろ、図星か?

何が何でも日本軍が慰安婦を強制したことにしたい朝日新聞と何が何でも日本軍が沖縄の人を強制して集団自決させたことにしたい沖縄タイムス。
似たもの同士で仕事したら速攻で結果出せます。
07年の宜野湾市で開かれた「高校教科書検定の撤回を求める県民大会」で4万人の参加者数を11万人と水増しして公表するのですから、このアンケート結果もかなり眉唾ものでしょう。

狼魔人日記さんブログより引用。
稲嶺名護市長が僅か2500件の意見書(県外からの意見も含む)県に提出し、あたかも名護市民の99%が「辺野古移設に反対」といった印象操作をしている。
だが、日本維新の党の中山恭子参議員が7万人超の「辺野古移設賛成」のアンケートの結果を国会で発表。
「オール沖縄」で県外という大嘘が国会でも証言されたことになる。

これは日本維新の会の中山恭子参議院議員が「普天間飛行場を名護市辺野古へ移設しようとする沖縄県民大会に11月24日行ってきたが、沖縄では沖縄県民の方が動き出していると感じた」と語り、そのうえで「辺野古移設への署名活動が5万人の署名を目標に行われ、『活動から2ヶ月半(10月半ば)で5万人を達成、11月半ばで7万3000人、まだ、署名が続いていて、8万人を超えるのではとの動きだった』」と説明。

NHKが仲井真知事に飛行場移設のことでインタビューしていました。国が沖縄振興予算として3,400億円計上すのだそうだ。
仲井真知事「いろいろな要望が目に見える形で進んでいない。実力内閣の時に具体的に前に進めて欲しい」だと。

結局金か?どこまで欲が深いんだ、国民の血税をむさぼるつもりなのか。
こうも言っています。
「年内で片付かないかなあ、結論が出ないかなあという感じは持っている。ぎりぎり間に合うかもしらん」

あんたがイエスと言えば即決だと知っているくせに。
県外移設じゃなかったの?
中央ののおえらいさんがヒョッコタンヒョッコタンとたぬき目おやじのところに参勤交代しているが、とても見苦しい。も少しスマートに決められませんかね。

応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



期待される辺野古飛行場建設 中国の恫喝に屈するな!

2013-11-26 Tue : 沖縄米軍基地
    辺野古
        米軍飛行場建設が予定されている宜野湾市辺野古

7月に「安倍首相に求めたい重要5項目」というというのを書きました。
そして現在11月の結果はこうです。
1. TPP参加を止める。→ペケ。ドリルの歯となって邁進中。
2. 消費増税を止める。→ペケ。
3. 河野談話を否定する。→ペケ。
4. 辺野古飛行場を移設を実現する。→現在進行中。
5. 靖国神社を参拝する。→ペケ。


当時はまだ安倍首相に期待したのですが、今は期待が大分少なくなっています。
これで4番が消えれば騙されたようなものです。
県外移設をうたっていた沖縄県連自民党員5人を、圧力で意見を変えさせたのはGJでした、評価します。
一方、まだるっこいことをやっているのか、仲井真知事が承認しなければ実現しない話ってのはどうなのよ!と思いますよ。
国の安全を首長の権限で決定していいものかどうか。ここら辺の制度か法律がおかしいんじゃないですか。
道州制なんぞにしたらますます首長の権限が増大し、国としての安全も発展もあったものではありません。
 今政府がやっているのは、結婚式場、日程、予算から参列者まで決めたが婿さん嫁さんの意見を聞かなかったようなものだ。仲井真知事に直接面談して圧力をかければいいじゃないか。
中国共産党は沖縄県尖閣諸島まで、勝手に防空識別圏を設けて戦争行為に通ずる行為を仕掛けてきました。マスコミも安倍政権も仲井真知事に「中国が恫喝しているが基地の重要性についてどう思うか?」とは決して聞かない。

桜の花びらさんが「日当2万円で基地反対参加」と書いてますね。
「県民所得は最下位だが人口は増加の一途をたどっている」
桜の花びらさんはいつもいいところをつきますね。裏があって反対すればするほど儲かる仕組みになっている。
市町村に落ちる交付金など1580億円。軍用地料は年1億3000万円。
一国のリーダーが一地方の首長にへこへこお願いに行き、手みやげにまた国民に血税を負担させるのか。

日本の安全のため速やかに移設を実現すべき、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



左翼普天間県外移設のわけが見えてきた

2013-03-30 Sat : 沖縄米軍基地
政府が名護市辺野古へ埋め立て申請をしたことについて、名護市の稲嶺市長は、「県民の目を欺くかのような不意打ちの形で申請が提出されたことに憤りしか感じない」

仲井真知事は、「辺野古への移設は、事実上無理ですよ、不可能ですよとずっと申し上げてきた」と言って、不快感を示した。

日米合意ができていて、総理がその気になっていて国民が中国の脅威を防ぎたいと思っているのでまるっきり可能なんですが。

知事「県内すべての41市町村が反対と言っている」

地元辺野古区の住民と漁業関係者は賛成です。いい年して嘘を言っちゃいけませんね。
近頃仲井真知事の目付きが悪くなった。インタビューを受けるときのおどおどキョロキョロしたような動き、水中メガネ越しに人を小馬鹿にしたような態度。
馬面に狸の目を付けたような恰好は見たくない。

普天間飛行場を辺野古へ移設するのに伴い、ほかの5基地、牧補給地区・那覇軍港・キャンプ桑江・キャンプ瑞慶覧・第1タンクファーム9年以内に返還されるようです。

普天間飛行場が辺野古へ移設されて変わること。
① 普天間基地の危険が除去され、県民の希望通り土地が返還される。
② 新しい辺野古飛行場が完成されると、米軍基地の活用が充分にされ沖縄での防衛力が強化される。

地元辺野古地区や地元漁業共同組合の住民ははっきり賛成している。

地元がOKしているのに、狸目知事や名護市長が実現がよっぽど難しい外県外移設をわざわざ要求するのはなぜか、話がおかしくない?

答えが見えてきましたね。この人達は普天間を移設してもらいたくないのでしょう。
ずーっと危険と負担を背負っている沖縄県民という状態が望みなのでしょう。

普天間飛行場が返還、移設されては困る害虫
① 負担を口実に奪っていた甘い汁が吸えなくなるので都合が悪い。
② 新しい基地ができ防衛力を強化されると、日本弱体化を狙う中国や朝鮮の出張害虫には都合が悪い。

こんな理由で実現が難しい県外移設を要求していたのでしょう。
狸目や左翼害虫にだまされてはダメだ。
沖縄にオスプレイを配備、防衛力強化し中国の危険な野望を打ち砕いておくのが一番安全なのです。


ネットで見ると2月21日、「普天間飛行場辺野古移設名護市市民大会」が移設に賛成の立場から行われたようです。
マスコミは、狸目知事や名護左翼市長の「県内移設は不可能だ、まかりならん」だの、大規模な県内移設反対デモ(11万人実際は1万2000人位)を頻繁に報道するが、賛成のデモや意見など全く報道しない。

       我那覇まさ子(画像)

              演説する我那覇まさ子さん     

 この市民大会は、沖縄にある真実の声を見せています。
我那覇(がなは)まさ子さんの力強いメッセージに、会場から強く同意する声が聞こえてきます。「アメリカ兵の犯罪は沖縄県民の10分の1なのに、マスコミは大きく取り上げる」「一方中国の侵略活動はできるだけ小さくしている」
ユーチューブはえらいですね。反日がいくら嘘をついても動かぬ証拠が残るんですから。

 よくわからないのですが、政府は3月22日、沖縄県に埋め立て申請をしました。その後この書類が通る、通らないは知事の胸先三寸に掛かっている、ということなのでしょうか。
この辺がとても問題なんですよ。国家の国防上の問題が、地方の一首長の思惑一つで決まることが。
橋本徹大阪市長が、地方分権を重視しているが、地方が中央より力を持つということは、こういうことなんですよ。
国の安全を左右するような重大なことに、首長、くびちょうと読むのだそうですが、最終的にその首長の考えによって決まるということなのです。
 国の安全に係ることもそうですが、国の経済を左右するエネルギーのことでもそうです。現実に原発による電気で日常をやってきているのに、先の衆議院選挙で、原発を廃止だと意気込んでいた滋賀県知事未来の党の嘉田知事の言うとおりにしてすれば、日本は経済が止まってしまいます。

 地方分権はダメだ。中央政府が強い力を持って国内の経済を活性化させ、侵略国には断固とした鉄槌を打ち下ろすべきです。
 政府と国民は、反日勢力の言動に惑わされずに沖縄を守っていただきたいですね。

沖縄にオスプレイを配備すべし

2012-09-23 Sun : 沖縄米軍基地
         オスプレイ
           高速輸送機オスプレイ

 島に次々と漁船を送りつけて上陸しようとする。「釣魚島は中国の領土だ。日本人は島から出ていけ」と中国政府自ら敵意を剥き出しにして島を奪おうとしている。
 これに反対しているのが日本を弱体化したい勢力、票が欲しいだけのポピュリスト、市民ではあるが単純思考のおばかさん。
ちょっとしか報道されなかったが、オスプレイを日本に配備するする話を知った中国の軍部は警戒感を露わにした。
従来の中型へりに比べ兵員、武器などの搭載量が3倍、航続距離は5.5倍のオスプレイが高速で島々をパトロールしたら武力を使わずに中国側に脅威を与えられる。危険な野心を摘み取ることができるのです。
 海上保安庁がいくら口で警告しても中国漁船が次々とやってきて暴力行為を繰り返すという予想と比べればどれほど平和かが分かるでしょう。

 北朝鮮でなくても中国、韓国でもロシアでも、もしアメリカが「オスプレイを提供する」と言ったら鼻水を垂らして大喜びで受けるでしょうよ。
国家に有利だから。反対などするのは日本くらいのものでしょう。
 日本ほど領土を守ろうとしない国はない。国家という意味でいうなら日本は北朝鮮より国家の体をなしていない。国が無防備の状態で放置している国はない。
今こそ反日勢力に惑わされずに沖縄にオスプレイを配備すべきです。
気に入ったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


 ここでどうしてもオスプレイ配備に反対したくなってしまう傾向のうち2つについて反駁したいと思います。

テーマ① オスプレイは安全が確認されていない。そんな危険なものを沖縄上空に飛行させられない。     
「危険がゼロでなければ認められない」というのであれば、そんなことはありえないのだから「配備は認めない」と言っていると同じことであり反対のための反対と言わざるをえません。
身近な例で小学生の登校について書きます。小学生が学校に行き学んで遊んで帰ってきますが、登下校時車が列に突っ込むとかあそんでいるうち天窓から落下したとか事故が起きています。では危険があるから小学生は学校に行くな、という議論になりますか。危険があったとしてもやるべきことはあるということなのです。どんな事柄でも危険はつきものなのです。


 ところがオスプレイについては危険があるから全部止めてしまえというわけですね。オスプレイにだけ完璧を求めるのはおかしい。
オスプレイは日本を安全にする重要な意味がある。

テーマ② オスプレイの墜落で人が死んでもいいのか。人の命より機械の方が大事なのか。
こんな風に考える人がいるかもしれない。
単純に人の命と機会を比較してどっちが大事?と言われてもねえ。
物事は単純に割り切れないです。現実は複雑な状態の方が普通で、単純なことは殆ど無いと言っていいです。
そんな人は複雑である事項を単純に考えているんです。
テーマ②を人ひとりが死ぬのであればオスプレイ配備そのものを中止するのが妥当か?に置き換えたいと思います。
まずもしオスプレイ墜落などにより犠牲者が出たら国は犠牲者に最大のお詫びをし、遺族には十分な保障をしなければならないと言っておきます

人一人が死んだ、しかしだからといって国の方針を転換するという事にはならない。
ナイフを持った暴漢が女性を人質にしてバスを乗っ取ろうとしている。
私たちは警察が何とか事件を解決し女性も無事に開放させるだろうと期待して安心を得ている。
尖閣諸島では国が、海上保安庁が、自衛隊が島を国土を守ってくれるのだろうと期待して安心を得ている。
ところが国が見放し、泥棒国家中国の恫喝のなすがままに領土を明け渡す無法地帯になったならどれだけ国民は不安に思うことか。
国の安全を守ることが人ひとりの安全を守ることになるのですね。
人ひとりの命より大切なものがある。個人より国家が上位である。
個人の命の危険があるからといって国の安全を破綻させてはならないです。
気に入ったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。