スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を守るため集団的自衛権は必要

2014-06-09 Mon : 自衛隊
集団的自衛権
集団的自衛権の適用例
シミュレーションを作っておく必要がある。当たり前ですね。
共産党や社民党は、政府の進める集団的自衛権のことで「日本を戦争ができる国にしていいのか?」と詰問します。社民党や生活の党はくだらないので、消滅してもいいです。共産党は反面教師になるので、ワサビを効かせる意味でしばらく残っていてもいいです。
 私は逆に「日本を戦えない国にしていいの?」と問いたい。中国が核心的利益と言って、尖閣諸島を奪おうとしています。あんたら島を略奪されても放っておくの?と聞きたい。
社民党照屋寛徳は、集団的自衛権が適用されると、米軍基地が多い沖縄が真っ先に戦闘に巻き込まれる、と言いました。なるほどこれが殺し文句か。
沖縄県民の命を肴にして、日本の安全を危険にさらすような茶番は韓流と同じでブームは終わりました。
沖縄は日本なのです。日本が占領されれば沖縄も同じ運命なのです。むしろ、米軍基地がなく自衛隊も駐留しなければ、あなた方が決して非難することのない中国共産党に、いの一番に侵略されることになるでしょうよ。
カボチャやスイカ、沖縄ではゴーヤですか、こういった作物を作っても収穫前に泥棒にかっぱわられたのでは作っていないよりひどいです。泥棒を取り締まるべきと思いませんか?
照屋氏の言っていることは、泥棒を取り締まらなくていいと言っているのです。

戦闘をするために自衛隊があるのです。街で暴力団同士がドンパチをやっている。警察が手を出すと警察官が負傷したり死ぬ危険がある。だから放っておく。これでいいの?こんな無法地帯なら、ますます暴力沙汰はびこるでしょう。
運転をしないトラック運転手、授業を教えない教師、散髪しない床屋、弾を撃たない自衛隊員、これは定義の破壊なのです。
 国民は自衛隊に当然のことながら国を守ってくれることを期待します。そんな国家の存立に関わる重要なお仕事をしていただいている自衛隊員の方々を、わたしたち国民は尊敬しなければなりませんね。わたしたちは、こんにちの安全があって始めて明日あさっての日常を考えることができるのです。憲法の制限内で国を守るためには、集団的自衛権は不可欠なのです。
集団的自衛権は当然必要、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

田母神幕僚長「わが国が侵略国家だなどとは濡れ衣だ」で悪い?

2008-11-03 Mon : 自衛隊
田母神(たもがみ)俊雄航空幕僚長が民間企業の懸賞論文に「わが国が侵略国家だったなどというのは濡れ衣だ」などと書いたことが理由で職を更迭された。

「いいこと言うじゃん、国を守るにはそれ位の気概がなくては」と思う私なのですが、政府はどうもそうではないらしい。
いまは更迭したけれどもなお在籍しているので内外に荒波を立てないようにどうやめさせるか頭を悩ましているもよう。
中山元国交相の「日教組」発言のときのようですね。

 中国外務省は「現役の自衛隊高官が公然と歴史を歪曲(わいきょく)し、侵略を美化したことに驚きと憤りを感じる」とのコメントを発表した。
 韓国外交通商省は「歴史の真実をごまかすものであってはならない、過去の過ちを謙虚に反省することが根幹」批判した。

外国にいろいろ言われてますよ。
金メダル取って「なんも言えねえ」なら立派だけど、毒ギョウザ食わされても海水浴やってるところに潜水艦出没されても「おら、なーんも言えねえ」じゃなんだか情けなくなってきたなあ、もし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。