スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だめよ~ダメダメ。消費税上げちゃだめよ~だめだめ。

2014-10-26 Sun : 消費税
だめよーだめだめ

おやじ あけみちゃん、鴨川シ―ワールドでお魚見ながらデートするぞ、どうだ?
あけみ だめよ~だめだめ。
おやじ イルカのショウもあるんだよ。楽しいよ。
あけみ だめよ~だめだめ。

おやじ

おやじ いいじゃないの。今度の消費税10パーセントにアップに賛成しようよ。
あけみ だめよ~だめだめ。
おやじ 消費税上げて税収増やさないと国が。
あけみ だめよ~だめだめ。
おやじ でも消費税上げて。
あけみ だめよーだめだめ。
おやじ じゃ食べ物なんか高くならない軽減税率ならいいだろ?
あけみ だめよーだめだめ。公明党の山口が国民をだましてるの。だめよーだめだめ。
おやじ 消費税が
あけみ だめよ~だめだめ。だめよ~だめだめ。
おやじ う~ん。安倍ちゃんに消費税上げるなって言っとくよ。軽減税率も無し。

あけみちゃん 
あけみ は~い、わかった~。あけみ、ハートがまる。ピンク色。プリン。
おやじ 東京の夜景見ながら熱くなろう、あけみちゃん。
あけみ だめよ~だめだめ。鴨川シ―ワールドでなきゃ。だめよ~だめだめ。

イルカ

私もあけみちゃんの意見に賛成です。消費税上げちゃだめよ~だめだめ。
クリックお願いします。(^^)v
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

うさんくさい消費税の本質が見えてきた。

2014-03-28 Fri : 消費税
日の丸.jpg 
あと数日で消費税が上がるが、手術の麻酔が打たれようとしている父に「癌は間違いだった。服を着替えてすぐに家に帰ろう」と手術道具を払いのけたい。
「消費増税分すべてを社会保障費に当てる」いつか聞いたこの言葉に違和感を覚え、つあらつあらと消費税のことを考えていたら、本質的な問題に気が付きました。
① 所得税ですでに税金を払っているのだから、消費税を払ったら2重払いになるのではないか。
ネットで拾って見ると早稲田の坂東という講師が消費税を擁護していました。なぜ社会保障の財源に消費税が選ばれたかについて「高齢者からも取れるから」「社会保障の主因である高齢者からの負担も見込めるので相性がいい」のだそうです。
しかし社会保障費は若者が税金として出したもので老人が生み出したものではありません。ですから老人から消費税を取ることは若者の税金にさらに消費税をかけることになり、3重の税金だということになります。

② 消費税は使った分に掛る税金で、収入源について問わない。
所得税は収入に応じて税額を決めるのでコンセプトとしては公正な税、と言えます。ところが消費税は収入を前提としていないのです。これは困ったシステムじゃありませんか?
4月からの消費税増税の騒ぎを見れば分かります。増税前の駆け込み需要でトラックの手配が間に合わないそうですが、政府は「景気の腰折れを防ぐため5兆円規模の景気対策を行う」と言っています。政府だって消費増税すれば国民がものを買わなくなることを分かってるじゃないですか。欠陥が出てきましたね。収入を前提としていないから買い控えが起きるのです。消費税は困ったシステムです。
以上消費税の二つの問題点を説明し終わりました。

最初の違和感を覚えた「消費増税分すべてを社会保障費に当てる」に移ります。
話を分かり易くするため、働いている現役世代を若者、働いてなく年金など社会保障を受けている世代を老人と呼びます。
60歳以上の平均貯蓄が2200万円、それに対して若者は無貯蓄層が大分増加しているそうです。非正規社員の割合が40%近くなり年収200万円以下の割合が25%にもなるとしています。こういう現状で「消費税増税分はすべて社会保障費に当てる」と、錦を飾りたいのか得意満面で言うのです。社会的弱者を助けるのだからつべこべ文句を言うな、とでも言うのでしょうか。弱者を使ってきれいごとを言うのが腹立たしいのです。

40歳になる優しい一人息子が、高齢の両親に中華料理を食わせに連れ出した。息子は40歳になるが結婚していない。もてないのではなく非正規の肉体労働をしていて収入が少なく結婚するお金がないのだ。
両親は食が細いのでチャーハンを一皿ずつ、息子はチャーハンとラーメンとギョウザを注文した。もっと食べたいが節約しなければならないのだ。
息子は両親の面倒をみているうえ、所得税から社会保障費をすでに払っているのだ。消費税を払うことでさらに両親に税金を渡さなければならないのです。理不尽というものではないだろうか、若者の立場を考えるべきではないか?
こう言うと突込みがきそうですね。「息子さんはチャーハン、ラーメンとギョウザを味わったね。益を多く得たのだから応分の負担をするのは当然ではないか?」などと。
 息子は弁論大会で訓練をしているわけではない。「うるせえな!腹が減っているんだ、チャーハンとラーメンとギョーザ位食ったっていいだろ。おれは金払ってるんだよ。ラーメンとギョーザとチャーシューメン位食ったっていいだろ!」

金を使ったものは便益を受けたから払うのは当然だと言うのだろう?でもそうとばかりは言えない。
母親が子供におやつのお菓子を買ってやる場合、払うのは母親だが便益を受けるのは子供だ。携帯で親切なAが花見好きのBにイベント日の変更を教えた。払うのはAで便益を受けたのはBである。

何も若者がたくさん消費したから得したではなく、必要だからたくさん消費しなければならないのです。消費税はせっかくの若者の需要を抑える性質があります。政治家は無限と言える若者の需要を伸ばす必要があると思います。
命題「消費増税はすべて社会保障費に当てる」は、税金の流れが一方通行の大間違いのコンセプトです。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



失敗したアベノミクスー消費増税止めたら

2013-12-22 Sun : 消費税
     安倍首相
           大きな影響力を持ってしまった安倍首相

久しぶりに大型書店に行ったんだけど、夏ごろにはアベノミクス賛美本が山と積まれていたのに、池上彰の知識本以外無くなっていました。三橋貴明さんの本さえ無かった。
この現象一つ見てもアベノミクスが成功したとは言えないでしょうね。

日銀が景気の予測として発表した業況判断指数(DI)
大企業   製造業   +16
      非製造業   +20
中小企業  製造業   +1
      非製造業   +4


この結果を見て菅官房長官は「アベノミクスが確実に浸透し始めている」
として自信を示した。

このDIというのは「景気がいいと思う」から「よくないと思う」を引いた数字で、社長の気分のこと。
これから確実によくなる根拠があるわけではないです。
中小企業に至ってはたったこれだけ、これで景気がいいと言えるの?と疑いますよ。
産経新聞のアンケートでは80.5%が景気回復してないと感じている。潤ったのは輸出関連の大企業と住宅駆け込みの企業だけ。輸出も第4四半期のGDP増加率は-0.6%に落ちている。

アベノミクスが失敗だったことがよく分かるのは、設備投資のGDP増減率が0.01%と下方修正されたことだ。

安倍政権は、復興特別法人税カット、法人税率引き下げ、自ら外国にセールスに生き「今日本は買いだ」と呼びかけた。投資はアベノミクスの目玉でこれを増やさんが為すがためにやってきたことでしたが。しかし思惑とは逆に投資はしぼんできました。

減速の理由は何だろう?ひとつ大きな理由は消費増税の決定だと思います。中小企業の売り上げが上がらないうちに増税を決定したことが原因です。
何も経済学をやってなくてもちょっと考えてみれば分かることですが、設備投資って何のためにやるの?商品を買ってもらうためでしょ?その商品を誰が買うの?街にいるおじさんおばさん、工場や会社で働いているおにいさんおねえさんでしょ?その人たちの給料を消費税上げで減らしてしまったら売れなくなるってこと位は経営者は察知するでしょ?そしたら設備投資をしないでしょ?、てことですよ。
 不思議なことにこの簡単そうなことが安倍ちゃんには分からないらしい。

安倍ちゃんは中小企業の経営者に賃上げをしたら補助金を出す、と言っていたがこれもおかしな理屈です。
儲かったら賃上げをできるのであって、儲かっていないのに賃上げしろというのは酷ってもんです。賃上げした結果経営が成り立たなくなって倒産したら責任を持てるのか。

安倍首相は消費税を上げずに公共投資を適切に行い、結果徐々に皆さんの給料を増やすべきでした。
適切に!適切に!新しい内需を掘り起こしお金が働いた人に返ってくるような仕組みを創り上げる必要がある。
たとえば新しい需要を作り出す成長戦略、多くの産業を巻き込む住宅産業。建てる人に補助金を与える、2件目のマイホーム作りをする人は特別に優遇するなど。
安倍政権は根にあるものは市場に任せれば回るのだと思っている。その結果が今まで陥っていたデフレでした。日本をこうしたいという成長戦略が見られないのです。
政府が国債を発行して公共事業を行えば景気が良くなることは分かっているが、金を何に使うのかが一番重要なことです。瀬戸弘幸さんも言っていたが、東北のがれきを沖縄まで輸送するのは税金の無駄使いだと。それがために必要で有用などれほど大きな労働力が失われたのか。国債も紙幣も紙だからいくらでも刷れるが、労働力はそうはいかない。金は一種の作業指示書のようなもので、いい加減でたらめに出していたなら限られた若者らの労働力は無駄に使われて産業は活発にならない。
一発一発が確実にヒットしなければならないのです。そこは頭のいい専門知識を持つプロジェクトチームを作ってプランニングしてもらいたい。

応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ




需要は国内に無限にある。消費増税を止めよう

2013-10-26 Sat : 消費税
       パテック・フィリップ.
           高額商品が売れる 画像はイメージです

アベノミクス効果で高級ブランドや高額商品が売れています。
貴金属や美術品、数百万円もするスイスの高級腕時計パテック・フィリップなど。一万円の弁当や10万円の胡蝶蘭、最近ではゴージャス感のあるゴールドの女性用ハイヒールや金箔入りの納豆など高額商品が売れているようです。
どのような客層が高額商品を買うのかまとまったデータはありませんが、株高で儲けた人や円安効果でたくさんボーナスをいただいた大企業の社員ではないでしょうか。
消費税増税に賛成している人は、高額商品が売れているのを指して景気が回復したのだ、と言うかもしれません。
しかしまさにそのことが景気回復はまだなのだということを物語っています。高額商品が売れているということは、言い換えれば高額商品しか売れていないということであり生活必需品は売れてはいないということ。末端まで景気が回復していないということです。

誰かさんのブログで「輸出量が増えたわけではない」というのがありましたが、それもありかなと思いました。
円安で日本の企業が儲かっている、であれば損をしている国があるはずで、ウォン安、元安で輸出好調だった韓国、中国ですか。ベンツを輸出しているドイツも多少そうか。円安で外国の供給を多少食ってその分輸出量は増えたということはあるかもしれません。しかし輸出は相手の事情があることなので、こっちの都合がよくなったからと言って輸入をじゃんじゃん増やすよ、ということにはならない。
 
 外国の供給を食った分輸出は増えるが無限に増えるわけではない。いまの世界の状況はどうですか?
韓国、中国の経済いつ破綻するか分からないじゃないですか。アメリカ、ちょい前財政破たん寸前だったではないですか。
あんまり輸出に期待しない方がいいですね。期待するにしても全面的に頼ってはいけないということです。
「じゃあどうすればいいって言うんだ?」と怒りの声が聞こえそうですが、もうちょっと待ってください。
 私が使っている電気製品はどこの国の製造なのかちょっとチェックしてみました。
DENONのCDレシーバー→made in china
OLYMPUSのボイスレコーダー→made in china
CASIOのデジカメ→made in china
東芝のブルーレイレコーダー→中国製
今使っているパソコン→made in china
ブランドは日本でも全部中国製でした。しまむらとかローコストの衣料品は中国製が多いから、自分もいかに中国製品にどっぷり浸かっているかの認識を新たにしました。

ここからが本題ですが、日本に大量の中国からの輸入品がある。このことが我が国は非常に大きな需要が存在する、ということを表しているのですね。
PANASONICは電気製品を中国で製造して日本に売っている。円安がもう少し進めば中国で製造するメリットは無くなる。国内にすでに用地を確保してある、と言っています。製造は外国でも売り先は日本なんです。
「ナイチンゲールの青い鳥で幸せは生まれた我が家にあった」ではないけれど、大規模な需要が足元、この日本にありました 日本は外国への輸出に頼らなくてもやっていける生産力と需要を持っている。
特に若者の生み出す需要は計り知れないものがあると思います。デートするためにかっこいい車を買う、おしゃれな洋服を買う、観光地を旅行する、結婚式に友人知人を呼ぶ、子供の衣料品おもちゃを買う、マイホームを建てる数えあげたらきりがないほど需要を生み出す。

 日本は少しずつ経済成長をしないといけないでしょう。そういうと年老いた識者が「日本は経済成長など必要ない。いま充分すぎるほどものがあふれている」という。そう言えるのは自分がすでに充分すぎるほどの収入を得ているからだということに気が付かないようです。設備投資や工場新設など従業員を雇い入れるから失業者が少なくなるのであって、成長するなというのは、ずっと失業していろと言っているのと同じなのだ。

私は、自然環境を守り大切にすることも重要だが、コンクリートと、鉄、木材で造っては壊し、壊しては造ることが必要なんだと思うようになりました。このことで澱んだ川の水が流れるように生産と消費の循環が回るんだと思います。
無限の需要を生むアイデアを考えました。住宅です。自動車が世界で大きな産業となっているように住宅でもそのようになったらとてもおおきな需要を生むと思います。多くの部材の製造が関わり電気水道から運搬、新しい家具購入などたくさんの業種を巻き込みます。マイホームを一生のうちに2回建ててもらうのです。2回目のマイホームには国から建物価格の半分が与えられる。いい考えでしょう?国から補助があることが分かっていれば、最初の家は小さな家で2番目が高い家ということを考える人もいるかもしれません。それでもかまいません。
金は経済を回すための方便であり、2回建てて経済が回り国の税収が増えればいいじゃないですか、でしょ?

ここまでは消費税増税が決まっていなかったらが前提で話をしてきましたが、安倍晋三という男がまことに残念ながら増税を決定してしまいました。しかもTPPまでやるって?消費税増税もTPPもデフレ脱却の正反対ではないか。安倍政権は馬鹿の集団なのか。幸福の科学の本の宣伝「安倍総理自身が実はアベノミクスの意味を理解していない」が真実らしく見えてきます。

狂産党の小池晃氏が国会の質疑でこう言っていた。「8兆円の消費税増税で景気が悪くなるんだと心配して、6兆円の緊急対策をやるっていうんだったら、来年4月の消費税増税を中止するのが一番の景気対策になるんじゃないか」とまともなことをいっておりました。消費税のことでは正常に考えられるじゃないか。ブラック企業の労働条件の改善についてもいいことを言っていた。それがどうして同じ味噌で考えて原発や外交のこととなると駄目なのかねえ。この小池氏は各党に呼び掛けて増税中止の法案を準備しているそうで、私がブログで書いたと同じことを言っていたので笑えました。
 増税は日本経済の衰勢に関わることなので、難しいとは思いますが消費増税中止運動は大賛成です。

消費税増税を国会で止めさせた方がいいと思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


安倍総理がテレビ出演 法人税減税の件

2013-10-13 Sun : 消費税
     BSプライムニュース
          安倍総理 BSプライムニュースに出演

経済産業省が10日、企業への賃上げ要請を始めた。茂木敏充経済産業相が経団連の米倉弘昌会長に会って協力を要請した。
それに対して各企業は
家電大手のコジマ「業績改善が見えたら真っ先に雇用者へ還元したいが、現時点では難しい」
スーパー大手のユニーグループ・ホールディングス「業績と賞与が連動しているので、この厳しいときにいくら言われても(賃上げは)難しい」

 法人税を払えない7割の中小企業に従業員の給料を上げろと言うのは土台無理ってもんです。
しかし大手と言われても売り上げが上がらずまだ利益が出てない企業に給料を上げろというのは、これも理不尽というものです。
給料を上げられるのは、すごく儲かっていて設備投資や内部留保をしてもまだ利益に余裕のある企業です。
こういう会社は金融緩和による円安で大もうけした輸出企業の大会社です。
この大企業は儲かっているのだから政府から要請を受けなくても楽々給料を上げられるのです。輸出大企業だけがひとりアベノミクスの恩恵に預かりながら、給料を上げた見返りに法人税をも下げてもらえるのでは2重の優遇措置を享受することになるのです。

 世界の総需要で見れば極端な変動はないと考えられます。しかしアベノミクスによる円安でなぜ輸出が好調なのか?
答え→中国と韓国が持っていた需要を日本の輸出企業が食っただけ。
中国も韓国も経済が思わしくなくなってきたので日本にヘーコラしてきたでしょ?
 
 安倍さんは消費税上げの時期を間違えたね。どうしても消費税を上げたいのならば、輸出企業の好況が末端まで下り充分潤った時期だね。
たとえば年収300万円の勤め人なら給料が3%アップつまり年9万円増えたならチャラだから大きな問題は起きないでしょう。しかし経済が成長していくにはもっと年収が増えないといけないですね。

 安倍政権は強引に消費税を上げたが、今後デフレから脱却しなかったとか給料が増えなかったというのであればこの政権と阻止できなかった自民党の責任を追及しなければいけません。

 応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



 記事をほぼ書き終えた頃でしたが、テレビを見ていたら時の人安倍総理が出演していました。意外に身近な手の届きそうにいるんだなあ、という印象。話題は、復興税のうち法人税だけを減額したことそれに対して批判があると質問すると。
安倍総理の答え「個人と法人という別の人格があるわけではない。お二人ともフジテレビという法人で働いているわけですよね。法人がつぶれてしまったあるいは海外に出て行ってしまったら職が無くなるんです。収入が無くなって生活の基盤が崩れてしまうんです。ですからグローバルな経済の中で勝ち残っていく必要があります。企業が収益をあげてそこで働いている人々に還元していくことが大切です。法人税を1年前倒しする以上(復興税を免除する)、企業のみなさまには給料を上げてくださいとお願いしています」

 いろんなことを言うと話がごちゃごちゃするので一つだけ言います。
法人税を下げれば、会社がつぶれにくくなるし海外移転もしにくくなるし、場合によっては下げた分給料がいくらかあがるかもしれない。しかしそれは条件のある不確実なことである。
他方消費税が上がれば、たとえば年収300万円の会社員の手取り収入は確実に9万円減るのである。
消費税上げで給料を減らしておいて、「法人税を下げれば給料が上がりますよ」と言われても説得力を欠くのです。

 安倍総理が近くにいると憎めない親しみを感じさせます。すぐ手元に置いておきたい毛並みの良い大型の室内犬、ゴールデン・レトリーバーかボルゾイを思わせます。こんな魅力が多くの国民が支持する一つの要因になっているのではないか。しかし今まで安倍さんについてヒストリーを見てきたけど土佐犬やジャーマン・シェパードには向いてないみたい。
今日本が必要としているのは、日本を安全確実に道案内をしてくれるラブラドール・レトリーバーと外国の侵入から日本を守る強くて大きな番犬です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。