スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発被爆の世迷言から脱却すべき

2014-08-04 Mon : 原発
朝日新聞は2日除染 目安は消えた」と題して、環境省が発表したこれまでの空間線量による測定ではなく個人線量を重視する方針を否定的に書いています。

市町村が行う除染の進め方について、環境種省は一日、住民一人ひとりが実際に浴びる個人線量を基準としてきた空中の放射線量を重視する新たな方針を発表した。福島県内4市から「これまで基準としてきた空中の放射線量にもとづく推計は、住民の被爆実態とかけ離れている」などと求められていた。ただ、どこまで除染するかの判断は自治体に丸投げしたままだ。

さらにこう書いています。
東電福島第一原発事故による個人の被爆線量を「年1ミリシーベルト」に下げるのが国の長期的な目標。これを、1日8時間屋外、16時間を木造家屋の中にいると仮定して1時間当たりの空間線量を換算すると毎時0.23マイクロシーベルトになる。国はこれより線量の高い地域の除染費用を負担している。個人線量の「年1ミリ」は、国際放射線防護委員会(ICRP)が原発事故後の復旧時期の線量参考値とする「年1~20ミリ」の一番低い数値。健康影響が出るかどうかの基準ではない。

人体が浴びた線量ではなく、いままでの空間を線量を測定していたやり方がおかしかったのです。
朝日新聞は「すぐ測れず 現場困惑」などと言っていますが、人を測れないわけがないでしょう?政府が自治体に丸投げしたのはほんとでしょうね。政府は安全基準を明確にして安全なところはもう測定の対象から外すべきです。

ところで安全目標の線量年1ミリシーベルトってどこからきたか知ってる?
ICRP国際放射線防護委員会の安全基準です。これの元は1954年ノーベル化学賞受賞者の米物理学者ボーイング博士が、ガンの原因が分からない以上できるだけ放射線量は少ない方が良いと言った。このことからとりあえず低い数値1ミリシーベルトという数字が出た。科学的な根拠や過去の経験によるデータから出した数値というわけではないです。
放射線影響 
ICRPのデータ 放射線の人体への影響
これを見ると200ミリシーベルトでは何の症状も確認されていません。ですから福島原発の被災地と言われる地域は放射線については何の心配もありません。
もう一つのデータ
自然放射から受ける影響.jpg 
自然から受けている放射線量
これを見ると人間はすでに平均で年2.4ミリシーベルトの放射線を自然界から受けています。福島周辺だけを1ミリシーベルトの安全目標に設定しても何の意味もありません。
政府は福島が安全であることを示して避難しているすべての住民が帰れるというべきです。
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

川内原発再稼働 朝日と産経の違い

2014-07-18 Fri : 原発
川内原発 
川内原発
九州電力川内原発が、原子力規制委員会の審査を通って全国では初めて再稼働することになりました。17日産経新聞と朝日新聞はともに一面で報じました。

産経新聞川内原発秋にも再稼働
「国内の全原発48基の停止が続く状況下で、再稼働の扉が開かれようとしていることには歓迎したい。」
とそのこと自体には素直に喜んでいます。

一方朝日新聞教訓置き去り 再稼働へ
再稼働を悪として扱っています。
「社説」では
このままで原発を再び動かそうというのは暴挙である。安倍政権は「規制委の専門的な判断にゆだね、安全と認められた原発は再稼働する」と繰り返している。あたかも規制委の審査が原発の安全確認のすべてであるかのように。

規制委の審査結果が通らなかったときは規制委の権威を振りかざし、通った時は審査が無効だというのだからこいつらはバカヤローです。

別の朝日新聞のタイトルでこういうのがあります。(安倍)政権、反省より成長戦略
再稼働は早くても10月で夏場の電力需要のピークには間に合わない。だが政権が急ぐ理由が他にある。
「原発が稼働してないことによって、4兆円近い国富が毎年海外に流れている。国内で安心して活動を行うには、安定したエネルギーが必要だ」菅官房長官は、16日の記者会見でそう説明した。
 原発停止による化石燃料の輸入増大が貿易赤字を拡大させ、電力料金の高止まりが製造現場の海外流失を加速するー。「廉価で安定した電力」がアベノミクスの成長戦略実現の前提として不可欠だというわけだ。


国富と言っても結局は国民が働いて得た金です。その流失を防ぐことがなぜいけない?こんな文章を書ける人物はひねくれ者か偏見者でしょう。

同じことを産経新聞は「主張」でこう書いています。
川内再稼働 早期実現でリスク減図れ
川内原発が再稼働することは歓迎したいとしたうえで
しかし大規模停電が心配されるこの夏に、再稼働が間に合わないのは重大な問題だ。川内原発は敷地内に活断層もなく審査に難しさが少ない発電所だった。にもかかわらず、合格内定までに1年以上を費やした。・・・・
自民党の国会議員の間でも、規制委に対し、審査の迅速化を求める声が上がっている。原発停止で余分にかかる火力発電の燃料代は年間3.6兆円に達している現状を考えれば、当然の要請だ。・・・
規制委の対応は、国力の低下や大規模停電の発生といった社会的リスクの増大は,一顧だに値しないとするかのような印象を与えている。国の行政機関がそれでは責任を果たせまい。


朝日新聞は国民のことは眼中になく、安倍政権をこき下ろすためだけに書いているようにしか見えない。産経新聞は再稼働が夏に間に合わなかったことで大規模停電が起きた時の社会の混乱を心配している。また毎年3.6兆円もの国民のお金が燃料代として海外に消えていくのを残念に思っています。
国民がどちらの新聞に同意するかで日本の将来も決まっていくでしょうね。

脱原発を叫んでいるお単純バカは、老醜をさらさず引っ込んでいた方が世のためです。

2014-01-30 Thu : 原発
お単純バカの細川・小泉
原発ゼロを訴えるお単純バカの元総理達
田母神氏の事務所開きの日、石原慎太郎氏は細川氏と小泉氏を指して「この期に及んで五輪返上とか、脱原発などと物事を複合的に考えられない人間は愚か。類は友を呼ぶ。電力は経済の血液だ。お二人は頭を冷やした方がいい」
と言った。この言葉だけで石原氏は細川・小泉両氏より上等だと判ります。

新聞によると
22日の記者会見で脱原発を争点にしようと「原発即時ゼロ」の言葉を何度も繰り返した。それでも具体的にどう取り込むのか質問されると「さあ」と首をひねるだけでだけだった。
何も考えていないんです。
次も新聞によると
27日荒川区の選挙演説で、細川氏の応援にかけつけた小泉氏は、原発廃止後の代案が無いという批判に「私一人で代案を出せと言う方が無責任だ。代案は出さない!」と言い切った。
「出さない」というより「出せない」んでしょ。w

小泉氏は無責任という言葉を前にも言っています。
テレビ朝日の末延氏が、総理行きつけの焼肉屋でインタビューしたとき。小泉氏が「原発ゼロ」を訴えて各地で公演していることを聞かれて安倍総理は
「今の段階で原発ゼロをいうのはそれは無責任だと思いますよ」
と焼肉を頬張りながら答えた。
小泉氏は痛いところを突かれてよほど腹の虫が治まらなかったのでしょう。
小泉氏は別の講演でこう言っています。
「処分場が見つからないのに再稼働をいう方がよっぽど無責任だ」
しかしそれを言ったら言葉のブーメランになります。
「処分場が見つからないのに原発即ゼロをいうのはなおさらよっぽど無責任だ」
生きた原発を処理する広大な場所を確保するのは不可能。できないことを言っちゃいけないよね。

石原氏の言う「物事を複合的に考えられないのは愚か」なのです。物事は複雑なことが普通で、単純なことはそんなに無い。複雑である事項を単純にいうのはその人が「単純に割り切って考えた」と言うに過ぎません。
バカにもいろいろいるがそこに単純を付けて特徴を表しています。だから単純バカ。丁寧に言えばお単純バカ。
純一郎の純の字が入っているのでぴったりと思いますが。

東京でノーベル賞の大江健三郎氏と一緒にプラカード持って「原発反対」「原発即時ゼロ」とやっていれば、ピクニック気分で気分も爽快、連帯感も持てたのかもしれないがそのグループに善良ではあるが単純バカがいたんじゃないかな。
こういう人に「原発が電気をおこせない分、外国から高い石油やガスを買ことになり、電気だけじゃなく他の物価も上がってしまうんだよー」とか「石油の輸入ばかりに頼りすぎるともし戦争が起きたら、輸入ができなくなり日本はたいへんなことになるかもしれないんだよー」とか丁寧に説明しても
「だって原発って危険なんでしょ?」でチョン。ーー何も聞いてなかった。

「原発っていい面と危険な面があるんだ。車や家庭で使う包丁。あれ人をひいてしまったり人殺しの道具にもなるよね。原発もそれと同じ」と説明するも
「だって車も包丁も生活に必要じゃん。原発と一緒にしないでしょ」でエンド。
いくら説明しても無駄なのです。言葉の矢が瞳孔と通ってハートまで届かない。心は硬い外郭で覆われてしまっているので言葉ははね返されるのです。

「原発は必要ない」の根拠に「原発を停止しても電気は足りていた。だから危険な原発を廃止しても問題ない」というもの。小泉氏がはっきりそう言っていたし、小沢一郎氏もそう言っていました。
こんな発言にわが意を得たとばかりと賛同するお単純バカは困ったものです。こういう人たちは原発を停止したために起こるマイナスの影響を考えたことも調べたこともないのでしょう。調べたというなら単純に原発廃止などと言えないと思います。
たとえで言えばいままで3食食べていたサラリーマンが、朝食を止めても生活に支障が無かったので昼食も止めますか?夕食も止めますか?脱朝食、脱昼食は生活に影響があるはずだ。
問題がないと言うのは何も調べていないからでしょう。
善良なお単純バカの人にはいままで頑張ってきた都民にたくさんの便益を与えてきた原発のいいところを調べてもらいたいですね。

応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ







「原発即ゼロ」無責任発言のブーメラン 廃炉作業を始めて分かったドジ

2013-11-24 Sun : 原発
     4号機廃炉
           4号機廃炉に向かう一歩が始まった

河野談話、村山談話に見るように過去の総理経験者らの発言が、いまだに日本に悪影響を及ぼしています。
小泉元首相の言動も日本の将来に禍根を残すと思います。
「処分場が見つからないのに再稼働を言うのは無責任だ」
この言葉を粉々に叩きのめしたいと思います。

正式に廃炉が決まっていた東海原発では、処分場が決まらないため、廃炉が先送りになりましたね。
処分場が見つからないと知っていて、稼働中の原子炉を止めて廃炉にする方がよっぽど無責任です。

福島第一原発4号機の使用済み核燃料の取り出し作業を、民放が一斉に取り上げたのでビデオで見てみました。
予備タンク内にある1533体の燃料棒のうち22体を、キャスクに入れからクレーンで持ち上げて32メートル下のトラックに積む作業を、ああでもないこうでもないと言っていました。テレビ朝日、フジテレビ、TBSテレビを見たのですがどの局も不安だ、危険だといいつつもやらないといけないので作業員の方は頑張ってもらいたい、と言っています。
以下箇条書き
・どんだけ時間がかかるんだということも気になります。一体を取り出すのにどれだけ慎重な作業が必要か、何人の方が何人の人が必要なのか疑問が湧いてきます・
・作業員6人ということなんですが、どこにいるんですか、どこに人手が必要なんですか。
・燃料棒を入れたキャスクを32メートルからから落下させることについて東電は答えられなかったですよね。
・4号機に対しメルトダウンした1、2,3号機の作業はこの比じゃない。
・それでもやらなきゃいけないという賭けの部分があると思うんですけど、時間もないくらい差し迫っているとしたら、作業員の方ほんとに大変だと思いますけど頑張ってもらいたいと思いますねー。
・工程を見ますとほんとに長い道のりなんですよ。今ようやく第2期に入ったところです。
・自分が怖いなと思ったのは、感覚が麻痺してるなと思ったんですよ。この綱渡りの作業は2050年まで続いていく。何かあった場合に作業員の方が逃げ出すという解決策しかない、そういう形でどんどん感覚が麻痺していく。
・さらに忘れてはならない難題がもう一つあります。これは先ほども申し上げました通り最終処分場が無いということなんですね。最終的に使用済みの燃料をどうするかまったく決まっていないですね。


みなさんたくさんのコメンテーターがさえずっていますが、一体この作業に反対しているのか賛成しているのかですよ。最後の項目で「さらに忘れてはならない難題は、最終処分場が無いということなんですね」とあります。
これらの朝鮮放送局は何でもかんでも原発には反対したいのでしょう。その調子で東電の作業も難癖をつけたいのでしょう。しかしこの作業は廃炉に向けた作業だということを朝鮮放送局の職員も薄らぼんやりした頭で気付いたのでしょうね。なので真っ向からは反対できないのです。言っていることが全部自家撞着しているんですよ。

私は日本のために原発は必要だと思いますが、今回は除外しておきます。
結論を言えば、原発を推進するにしても原発を止めるにしても最終処分場は必要だと、ということです。
少なくとも原発推進派は、最終処分場確保に努力はしている。
小泉元首相が「処分場が無いのに再稼働は無責任だ」と言いましたが処分場が無いのに「原発即ゼロ」を言う方がよっぽど無責任じゃないか。
小泉元首相が政治的な発言をしたいなら、「処分場が無い」などと言わずに処分場の確保に協力すべきではないか。
元首相に送る言葉はこれだ!
処分場が無いのに原発即ゼロ?バカも休み休み言え!!

小泉氏は自家撞着した言動で老醜をさらさず静かにしていた方がいい、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




原発を無くしたい勢力がいる

2013-11-19 Tue : 原発
              福島市長選
             敗北を認める現職の瀬戸孝則氏

朝日新聞は福島市長選で現職の瀬戸孝則氏が敗れたのは、除染が進んでいないと言っています。
しかし現職の市長が悪いのではなく、無理難題を押し付けている周りが悪いのです。
「原子力規制委員会によると、福島市の14日の空間放射線量は毎時0.29マイクロシーベルトと東京都新宿区の4.5倍で、通学路で除染が手つかずの場所もある。やく6千人が県内外に自主避難を続けている」
このように放射線の恐怖を煽っています。

毎時0.29マイクロシーベルトというのは、年間に換算すると2.54ミリシーベルトだ。世界の自然放射線被爆の平均は2.4ミリシーベルト。福島市の汚染は世界の自然放射線の値とほとんど変わりがない。福島市の環境は問題ないですよ。おかしいことに世界平均の値は人体が受ける数値なのに対して、福島市のものはただ空間で測った数値なのです。福島市の汚染の数値が詐術によるものだとお分かりでしょう。
ここに日本人の放射能に対する恐怖にかこつけた悪質な悪意があることが明白になったと思います。

福島を中心に各地に広がっている汚染は、原子炉容器から噴出した水蒸気と水に含まれた放射性物質が拡散したものと思われます。微細な放射性物質は人体に悪影響を与えることはほとんどないでしょう。
それでも原発を原爆と思わせたい者たちが放射能の恐ろしさを見せようとして、「放射能の影響は10万年続く」などと脅かそうとするでしょう。
それなら聞きましょう。
「それで福島原発の事故で死んだ人は何人ですか?放射線の影響で病気になった人は何人ですか?」と。
これでものごとがよく分かるでしょう。
日本を弱体化させたい勢力は何かと恐怖を煽って原発を無くそうとする。その逆が国益に叶っています。

原発ゼロを推進することは国力を無くすことだ、と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。