スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設 なぜ政府とマスコミは国民の民意を問わない

2010-11-29 Mon : 普天間問題
「米国政府は沖縄県知事選挙の結果を気にかけている」などとマスコミは冷静に米国の意識を分析しているが、日本の安全がかかっていることを考えればもっと気にしなければいけないのは日本のほうでしょう。
アメリカが心配するのは日本の政府が頼りないからだ。
「普天間飛行場移設は必ず成し遂げる。沖縄のみなさまには日本のため日本国民のため負担をお願いしたい。応分の見返りは必ず行います」となぜ言えない。
政府の意志が見えない。
政府は辺野古移設が一番妥当だ、とするアメリカ側との折衝でV字滑走路かI字滑走路かを決めるのは政局になるのであえて曖昧にしてきた。そして動きを沖縄県知事選挙まで待つとしてきた。仲井真県知事続投という最良の結果が出たのだが何も動きが見られない。何を考えているんだろう。
たぶん菅さんの頭の中は空き缶と同じで空っぽだと思うよ。頭を叩くと菅カラカンと音がする。このへんは冗談ですよ。

 日本の安全の問題を、沖縄の民意が県内に反対だという理由で基地保全が不可能になるというのはおかしい。日本の安全の問題は一部の人の意見だけで決めるべきではない。日本の問題は国民全体で決めるべきだ
国会議員は国民の意見で選ばれた。国の方針を決めるのになぜ政府は国民の意見を問わないのか。アンケート好きのマスコミはなぜ普天間飛行場移設について一度もアンケートを取らないのか私は前々から不思議に思っていました。

国民は理解しているはずです。ここのところの漁船衝突から始まった尖閣諸島、ロシアの北方領土そして北朝鮮のはでな砲撃、これらは鳩山前首相が日米同盟をガタガタにして米軍の存在がこの地で弱くなったためですよね。
マスコミがアンケートを敢えてとらないのは移設賛成が反対より多くなって都合が悪いからではないですか。

菅首相は県民が憤っているのですぐには沖縄に行かないようですが「県外に」と言って当選した仲井真さんにお願いしても「はい、そうですか、分かりました」とはいかないと思うよ。仲井真さんは常識のある政治家だと思う。県民の75%が「県内反対」といっているのを汲んで当選したんだから「どうぞ杭を打ってください」と言えるわけがない。
仲井真さんの面子も保って辺野古に移設するには政府が強引にやるしかありません。それをやるには国会で特別な法律を作ってやるしかないでしょう。
辺野古移設に失敗すると日本の安全に重大な問題が生じるが移設を敢行した場合ほとんど問題はないというよりなんの問題も起きないと思いますよ。
沖縄で暴動が起こる?まずそんな心配はありません。不満轟々の中へ鳩山前首相が行ったとき靴は飛ばなかった。日本人はおとなしいからね。沖縄県民も日本人でしょ。

クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。