スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人の日本人が捕まってしまった、不幸!でも安倍政権はどうしたらいいか分かるよね?

2015-01-21 Wed : 拉致問題
身代金
人の命を利用して金を要求するとは許されない。
ターゲットを穏健な日本にするなど相当資金に困っているのだろう。
大変なことが現実に起きてしまいました。二人の日本人がイスラム国の戦士に拘束され、72時間以内に身代金2億ドルを支払わなければ殺害すると脅してきたのです。お二人が気の毒でその苦しみは我が身を切り裂かれる思いです。お二人の命を救ってあげたいそれは国民誰しも願っていることだと思います。しかしお二人の命は敵の手の内にあります。二人を救うために日本ができうる限りのことをしないといけないです。

結論から先に言うと2億ドルを支払ってはいけないということです。理由は①その資金が更なるテロの資金源となる②まんまと金をせしめることが分かれば何度でも同じ拉致を繰り返す③一国が身代金を渡すようなことがあれば国際社会の結束がくずれ恫喝国の思いのままになる、など。
しかしなによりいけないのはテロに屈したなら、日本の尊厳がなくなりくだらない三流国家になるということです。脅せばどうにでもなる国、国民が尊厳を持てない国に落ちるということです。

安倍首相は「人命を盾にとって脅迫することは許し難いテロ行為で強い憤りを覚える。二人の日本人に危害を加えないよう、ただちに解放するよう強く要求する」と言ったことは評価できます。しかし①人命の尊重第一②テロには屈しない
これは矛盾しています。人命が第一であるなら身代金を払わなければならないし、テロに屈しないのであれば日本人が殺されることも覚悟しないといけません。政府はこんなきれいごとを言わない方がいいです。

歴代日本の首相がそうだけど安倍首相も外国にODAや支援金をポンポン気前よくくれてやるが、イスラム国周辺を支援すると約束した2億ドルがあだになりました。過去を見ると国民の血税を見境なくばらまいているように見えるが見返りとか結果とか考えているのだろうか。イスラム国に日本人拉致の口実を与えるだろうことは十分に予想できたことなんだけどねー。安倍さんにその覚悟はあったのでしょうか。

歴代政権は国家の危機に対して真剣に対応しようとするパワーが足りませんよ。麻生政権の時だったかな、北朝鮮が日本海にミサイルをポットンした時その時は大騒ぎしたが終わってしまえば、北朝鮮の脅威に対する対策は何にもしなかった。竹島を奪われても文句を言わず、尖閣諸島を中国船が何度も何度も侵犯しても政府は何もせず、島に公務員を常駐させる話はどうなっちゃったの?ほかにも腰が引けた話あり過ぎ。

アメリカでは民間航空機が管制塔の支持に従わず飛行した場合、ファイターが民間機を爆撃する。民間人が多数乗っていることは承知の上なのです。そういうシミュレーションができているのです。スイスでは高速道路が滑走路になるよう設計されていて外国から攻撃があった場合、直ちにファイターが応戦できるようにシミュレーションができています。すぐ戦争ができる国にしているのですね。

日本では・・・?外国から攻撃があった場合、シミュレーションができていないのでオタオタするばかりで外国の暴力の好きなようにされる。情っけねー!!安倍政権は日本人が拉致されたときのシミュレーションくらい作っとけよ、タコ!
クリックお願いします。( ^)o(^ )
人気ブログランキングへ 




スポンサーサイト

交渉は北朝鮮に舐められないようにしてもらいたいものだ。

2014-11-01 Sat : 拉致問題
ソデハ調査委員長3-1
日本側は「日本にとって拉致問題は最重要課題だ」と伝えたようだが、北朝鮮はそれでは高く売ってやろうと足元をみてくる。そんなことも分からないのかねえ。
拉致被害者家族会の飯塚繁雄さんは
「反応がまったくわからない。それが心配だ」と言っていました。待ちに待ち望んでいた北朝鮮との交渉。家族らの心情がよく現れています。交渉の結果、具体的な安否情報はなかった。

政府は、拉致被害者をどう取り戻すかのスケジュールは無いんじゃないの。
拉致という犯罪を行われたのだから、当然関係者を処罰しなければならないでしょう。神のように崇めさせられている金正恩将軍様をしょっ引くわけにはいかないでしょうから、誰かスケープゴートを死刑にしないといけない。その辺政府はどう考えているのでしょうかね。

北朝鮮は金を要求してくるのでしょうが、被害者の日本が誘拐された人を取り戻すのに金をくれるなんて話トンチンカンですよ。しかし難しい状況の中で被害者を取り返さないといけない。拉致の協議が前進するとするならば、残念ながらそこが現実の世界の妥協で国民の血税を使わなければならないということもあるでしょう。

私が心配しているのは、金をくれてやる理由に安倍政権が過去に日本が半島を侵略したことにしてその賠償金としてはらうことです。野党も朝日などのマスコミも何とか日本を悪者にしようとしています。この安倍さんの河野談話の扱いなどみてもやりかねないですね。
日本に冤罪をかぶせることで税金を引き出すのではなく「拉致被害者を取り戻すのに最大の努力をした。国民の皆様の理解と同意を求めたい」と素直に言ってもらいたいものです。

クリックお願いします。(^^)v
人気ブログランキングへ





北朝鮮テロ指定解除ー歴史の教訓を忘れたアメリカ

2008-06-25 Wed : 拉致問題
アメリカは横田滋、早紀江さん夫妻や埒被害者家族の一縷の望みを踏みにじろうとしている。

北朝鮮が「核計画の申告書」なるものを提出すればアメリカは「テロ指定国家」の解除をする、という。

古い話だがアメリカとソ連の冷戦時代にお互いに核軍縮会議を戦略的にやっていた。
スタッフの手渡す資料は全部目を通すというカーター大統領はソ連の提出した核軍縮案にまんまと載りアメリカは核軍縮を行った。
その間ソ連はせっせと核を増強させアメリカより優位になった。

次の大統領になった俳優出身のレーガンはスタッフに政局の要点をレポート用紙に箇条がきにさせた。そして強いアメリカにするにはどうするのか的確に判断した。
レーガン大統領はアメリカとソ連が核軍縮の話し合いをしている間も核の増強に余念がな、かった。
やがてゴルバチョフと核軍縮について実際の縮小をするに至った。

アメリカはそれを知っているはずですが。
イラクのフセインとの交渉でも喋っている言葉ではなく実際の行動だと。

ひるがえってこのヒルという男のやっていることといったら。

北朝鮮が核を実際に放棄したならばテロ解除もぼちぼち考えてもいい、これが本来のアメリカじゃないのだろうか。

それともアメリカはわが国のことじゃないので日本のことはどうなったっていいと考え始めているのかもしれない。

アメリカの限界が見えてきたようです。

日本も今後外交では考えなくてはダメですね。
それでもアメリカは日本にとって大事な国だと思うのでこれからも付き合っていかなければならないと思う。
しかしいつまでも頼る気持ちでいてはダメだ。最後に守ってくれるのは自分の国以外にありえない。
たとえアメリカが敵に回ろうと日本は独自の主張を貫く必要がある。
強い国になろう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。