スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮に「戦時中の償い」と言ってはダメなんだよ。

2014-06-06 Fri : 北朝鮮
日の丸.jpg

再調査もないものだ。北朝鮮当局は、自分たちが拉致したのだから当然被害者がどこにいるか知っているはずです。再調査によって新たな犠牲者が出ないように日本側が監視するべきです。
1人も発見できなかったら経済的に封鎖に追い込むくらい言っておくべきです。発見した人数に応じて報奨金(?)を出すのも仕方ないでしょう。外交も妥協の世界ですから。
 ただし、国民の血税の名目が「戦時中日本が侵略して北朝鮮の方々に痛ましい思いをさせた償い」であってはなりません。安倍君の今までを見ていると言いそうだね。この状況を考えただけでムカついてきますが。朝鮮は日本だったのだから、謝ることは何一つしていません。政府は侵略したような表現を一切言ってはならない。

理屈からすると、北朝鮮が犯罪を犯したのだから日本は謝罪と賠償金を要求できこそすれ、一切金を出す必要はないのです。
 日本は北朝鮮から見返りをもらわなければなりません。
もし被害者が数名帰って来て決着がついたら、北朝鮮当局に謝罪をさせ犯人を引き渡してもらわなければなりません。どうせ金正恩は犯人をでっちあげるだろうけど。
北朝鮮は中国にも見捨てられ食うものもなく本当に困っているのだろう。日本は北朝鮮と通商条約を結ぶのが、今の国際情勢から見たら得策と言えるかもしれません。
① 日本は今後10年間北朝鮮に米を無償提供する。
② 北朝鮮が日本及びアメリカにミサイルを向けてはならない。破られれば直ちに条約は解除され報復を受ける。
 この②番目が日本がもらう唯一の見返りです。
③ 金正恩と軍の最高指揮官の居場所を常に日本に知らせる。
これは現時点では無理なんでしょうね。
しかし日本は北朝鮮からの攻撃に無防備のままというのは許されるものではありません。核も含めて脅威をけん制する防衛力をつくる必要があると思います。

日本が北朝鮮に金を出す名目に「日本が侵略したことの償い」と言ってはならない、に同意する方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

シリアに見る「対話と圧力」

2013-09-18 Wed : 北朝鮮
           ケリー&ラブロフ
                  ケリー&ラブロフ
 今の状況は米英仏アサド政権に化学兵器廃棄を従わせるよう安保理の決議案作りをやっています。
変な展開になってきましたが。アサド政府軍の残虐行為に軍事力を使い制裁をしようという話が、なんで文章を作ってるの、ということです。
 そもそもの話のきっかけは、ケリー国務長官が記者団に何気なく言った言葉をロシアのラブロフロシア外相がすかさず捕まえてこんなことにしちゃったのです。
今月9日ケリー国務長官は話の中でこんなことを言いました。「アサド政権が1週間以内に化学兵器を引き渡せば軍事攻撃を回避できる」
ケリーの本意「武力行使するから覚悟しとけ。攻撃を回避したいならまず化学兵器を即刻やめることだな。われわれは本気だ」こんな感じですか。条約を締結したいのじゃなく最後通牒のようなものだと思います。なぜなら後日ケリー氏は「アサド側が同意することはないだろう」と言っています。

 アメリカ、イギリス、フランスの議会と世論の武力行使へ反対のある都合のいい状況下で、ラブロフ外相はすっ飛んでシリアまで行きアサド大統領の合意を取り付けた。足早え~!

 「対話と圧力」という話ですが、シリア情勢のこの一連の流れはコンパクトにまとまっていて分かり易い。
戦争反対平和が一番としてお互いの話し合いがないと解決しない、とよく言うが今回世界を敵に回しても言うことを聞かないアサドがよく同意したな、やはり大事なのは対話だな、と考えるとしたらあまりに脳天気ではないか。
 米英仏の介入が無かったらアサドは何の躊躇もなく市民にサリンで殺戮していたことでしょうよ。特にアメリカが武力行使をちらつかせたことでアサド政権がしぶしぶあるいはわらにもすがる思いで条約に同意した。
アメリカはフセイン大統領を死刑にし、ビンラディンを殺害した。そういう実績を知っているからこそ署名に動いた。圧力が大事だということが分かりますね。
以上でタイトルの話は終わります。

 ところで話は関連します。血を流さず戦争を回避できたことは良い点ですが、政府軍が数々の虐殺を繰り返して今なお戦争状態は変わりませんね。シリアが「化学兵器禁止条約」に加盟したといってもこれから調査するわけですから、国内の不安定な状況に変わりはない。条約に加盟したことで逆に今までの罪や罰を逃れる免罪符を与えてしまっている。これでシリアはサリンで殺害した市民や半身不随になった人の責任を取らなくてもよくなった。

 中国と北朝鮮が示し合わせているようです。
北朝鮮の金桂寛(キムゲグァン)第1外務次官が中国を訪問して6か国協議の10周年目のシンポジウムを開いた。
金氏はアメリカなどを想定し「前提のない対話をするのが我々の立場だ」と強調した。
 金第1次官は「6か国協議の枠組みであれば、どのような規模や形の対話にも応じる用意がある」と、協議復帰への意欲を強調する一方、「対話再開を懇願することは決してない」と牽制(けんせい)もした。
中国の王毅(ワンイー)外相は基調講演で、「朝鮮半島の非核化は我々の共通の責任であり、緊張緩和の流れを維持するためにも6か国協議が中断している状況を許すわけにはいかない」と述べた。

 中国の経済が失速しこばんざめのようにくっついている北朝鮮も都合悪くなってきたのでしょう。
生意気なことを言いますね。おまえらが核軍縮を邪魔してるんだろう。
今のところ日米韓は、北朝鮮が非核化に向けた行動を見せないことを理由に出席しませんでしたが。
前にはアメリカも6か国協議をしたがった。北朝鮮が物騒なものを持ち出してるので取り合えず6か国協議をやって鞘を納めてくれればいいと、アメリカも面倒くさかったのでしょう。
ところが日本はほいほいと偽物の対話に乗ってはいけません。北朝鮮がさんざんミサイルだ人工衛星だと脅かして世界から村八分になったような状況のとき「6か国協議に参加しなさい」と言うことは「今までの悪さは水に流す。以前のようにふるまってくれ」と言っているようなものです。
いつ核を向けられるかも分からない日本のするべきことは、金正恩政権を貧乏にして核を作らせないことです。

「圧力あっての対話だ」と思う方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




米 北朝鮮の「テロ」解除 日本の進むべき 

2008-06-29 Sun : 北朝鮮
26日、北朝鮮が「核計画」の申告書を中国提出してそれを受けブッシュ大統領は議会に「テロ支援国家指定解除」を通告した。

今まで拉致に関しての報道が何度も流され被害者に対する同情と思い出を多くの日本人が共有した。北朝鮮はこのままでは許せない、というのが国民のアイデンティティーだったはず。
それだから日本政府は政権は変わっても「テロ支援国家指定」は拉致問題が解決しない限り継続するよう要求してきたはず。

それをブッシュ大統領はそれを知りながらあからさまに北朝鮮と契約したのでした。


記者に日本は解除されたことで拉致問題解決のテコを失うのではないか?
福田首相の反応:「私はまったくそういうようには考えておりません。今は日米が足並みを乱すのは得策ではないと考えます」
外務省幹部:「指定解除は無い方がよかった。だが、日米同盟に亀裂が走ったとの印象が広がれば北朝鮮の思う壷だ」
町村官房長官:ハドリー米大統領補佐官に「決められたコースに沿ったものといえ、日本国民はショックを受けている。核、拉致も問題で日本の懸念に答えるよう要請した」
高村外相:京都迎賓館でライス国務長官に「解除で日本国内には拉致問題が置き去りにされるのではないかとの心配がある。引き続き北朝鮮への最大限の働きかけをお願いしたい」

政府要人はテロ国家の指定をアメリカに強く働きかけていたように見えたが、簡単にアメリカに袖にされたら今度はアメリカとの間に亀裂ができるとまずいだの日米が足並みがそろっているところを北朝鮮に見せないといけないだの急におとなしくなってしまう。
そしてアメリカに拉致問題で日本を見捨てないでくださいとひたすらお願いしている。

なんとも情けない福田政権ではないですか。
日本人の感情も日本政府の要求も真っ向から踏みにじったアメリカ政府。

テロ支援国家指定を続けるか解除するかはアメリカが決めることでほかの誰もが左右することはできません。
だったら私が福田の政府に言いたいのは解除したんだから
ブッシュ大統領とその政府を非難しろよ!」
ということです。

どうしてアメリカに日本政府は何も言えずうだうだ成り行きにまかせているのか。
アメリカに拉致問題に協力してもらうと言った時点でもう隷属しているんです。
日本は大国なんだろう。先生が悪い事をした生徒をが席に呼んでしかるようにアメリカの高官を呼びつけて「けしからん、これでは話にならん。外交を考えろ」と高圧的に言えないものだろうか。

ブッシュ大統領と横田早紀江さんとの感動的な対面に見られるようにアメリカは最後には日本を助けてくれるんじゃないかという思いがあったのだか、アメリカが日本人のアイデンティティーである拉致被害者の要求を完全に無視したということは日本が外国に核の脅威にさらされたとき今回のように無視をして助けてくれないのじゃないかという疑念が沸いてきます。

日本は独自の外交をすべきです。アメリカも中国も抜きで、ということはできないでしょうけど最後は自分の国の食料と安全は自分の国で守るんだという気概でいればアメリカや中国に隷属する必要はなくなる。

解除が報道され被害者家族は落胆したころ飯塚さんがこのニュースはよく聞き取れなかったけど静かに「私たちは強い立場にある」というようなニュアンスのことを言っていました。

そうなんですね。拉致被害者はものすごく強いんですね。
かれらは何も悪い事をしたわけではなくただ拉致された家族を帰せ、と言っているのです。
こんな当然で明白な要求を不当だなどというものはいません。
いたら余程偏向した人間です。

悪い事をしたのは北朝鮮で日本は当然の要求をしているだけなのです。
日本は同じ要求を力強く繰り返せばいいのです。

いわば日本は金正日の首にロープを縛りつけてあります。彼がどこに行こうがロープはつながれています。握っている手を緩めれば楽になり強く引けば苦しくなります。
こういうように相手を好きなように支配できるのです。

アメリカが指定を解除しようが日本は独自に動けばいい。外国が北朝鮮に経済支援をしてくれといってきたら「うんにゃ拉致問題が解決しない限りビタ一文出すつもりはない」と言えば言いだけの話。
日本はぜんぜん困りませんよ。

たとえは悪いがあんなちっぽけな貧乏国の北朝鮮でさえ核を利用して世界を相手に立ち回り超大国のアメリカをはじめ日本中国と大国を相手に瀬戸際外交を繰り広げ脅迫によってそれなりの成果を上げている。

まして日本は技術力そのほか世界に信用されている大国なのだ。その日本がぐずったら世界が翻弄されないということがあるだろうか。
日本は独自の主張をすればいい。
そうすれば外国はビックリして恐れ日本の主張に耳を傾ける。

北朝鮮は本当に核を捨てる気があるのか

2007-07-20 Fri : 北朝鮮
 どうも分からん。??? 北朝鮮が核停止をしようという動向がわからないのです。
目的にかなってない。ふだん雑で粗野な人間だと思っていたら芸術を愛する感性の高い人だったとか、飯を食いに行ったと思っていたら本を買ってきたとか。
 
 日米などがなんで北朝鮮を相手にするのか、それは北朝鮮が核を作っているからです。

 日本列島に核を落とされたらやばいと思っているので交渉している。
核持ってない将軍様なんて意味ないな。
核持ってないならちっぽけなあんな国存在しないかのように無視しても構わないではないか。

 北朝鮮が核を捨てたらおしまいなんですね。
 だから北朝鮮の今の動きが分からん。

 あれでしょうね。交渉に応じてる振りをしていて当面金をせびり取る、その実核を捨てる気はハナから無い。
そんな平凡な所なんでしょう。

 でも長い交渉の結果いつかは本性を現さにゃあいけなくなる、その時北朝鮮はどうする?

これは北朝鮮の幹部も分かっていないんじゃないでしょうかねえ。

北朝鮮 核をもって悪い?

2006-10-22 Sun : 北朝鮮
 インドとパキスタンが核実験をやって核をもってるのに、なぜ北朝鮮が核実験をやって核をもっちゃいけないのか?
なるほど筋の通った理屈です。

 ここは重要なポイントになると思えるんでやっつけておかないといけないと思った。

 田原総一郎の番組に麻生外相が出たおりこの手の質問が出て、麻生外相がおもしろい答え方をしていました。
「インドとパキスタンの時は、国連決議が決まってなかったからね」「北朝鮮は世界から嫌われていますからねえ」
要点はこんな感じだったと思います。
 この片言の返事は急所をついていると思う。

 インドとパキスタンは認めてなんで北朝鮮は認めないんだ?
何もインドとパキスタンの核を世界がいいよいいよと言って認めているわけではない。
その時は首根っこを捕まえられなかっただけですね。

 Aがどろぼうをした。Aがやったことは状況から分かっていながらも警察は確たる証拠もないので逮捕ができないでいる。
Bがどろぼうをした。Bはどろぼうをやっているところを現行犯で逮捕された。

 Aがどろぼうをして非難されないのになぜBだけが逮捕されなければならないのか?

 ナイフは生活の道具になるし凶器にもなる。
路上でナイフを振り回している人間をなぜ逮捕しちゃいけないのか?
 北朝鮮のことだけど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。